中華食堂 秋 ~福島県郡山市新屋敷~

この日は写真クラブの月例ミーティングがあったので、会場入りする前に近所の「中華食堂 秋」さんで昼食を摂りました。 彼は調理が手早いので、さほど待たされる事もなく所望品は供されます(o^-^o)

「うま煮麺 (850円)」

中華食堂 秋 うま煮麺

季節メニューとして間もなく登場予定のお品を、フライング提供して頂きました。 分かり易く解釈すると、“スッパ辛くない酸辣湯麺”って感じですかね。 トロミの付けられた具入りのスープは、熱持ちが抜群で超絶熱いっ!

中華食堂 秋 うま煮麺

挽肉、モヤシ、細切りキクラゲ、細切りタケノコの水煮といった具材が炒め合わせられ、そこにベーススープを注ぎ入れて調味。 溶き卵を流して、片栗粉でトロミを付けるといった流れのようです。

調理の様子をカウンター越しに見ながら

(あぁ~、これはごはんも欲しくなるかもなぁ~σ(゚・゚*))

中華食堂 秋 うま煮麺

って思っていたら、最初から「麺セット (ごはん、香物、杏仁豆腐)」がセットされてきました♪((*゚゚∀゚゚*)) どうもランチタイムの麺類注文のお客さんには、サービスされているっぽいですよ。 いやいや、ありがたや( *´艸`)

中華食堂 秋 うま煮麺

さてお味の方なのですが、全く前知識無しでスープから頂いてみると、ちょっと甘めでマイルドな口当たりです。 醤油テイストが全面に押し出されるでもなく、中華調味ならではの具材の美味しさを損なわないちょっと控え目な味付けです。

先述の通りトロミの付けられたうま煮スープは超絶熱々ですので、気をつけて食べてもヤッパリ口の中は軽く火傷しちゃいました(;^ω^)

中華食堂 秋 うま煮麺

麺は多加水タイプの熟成麺。 うま煮餡の下から引き出そうとすると、手繰る箸に弾力を感じさせる手応え。 餡が絡んでいる事を別としても、滑らかな舌触りながら程良くコシのある食感アリです。 麺量も結構多く、ご飯無しでも普通に満腹になれると思います。

「酸辣湯麺の辛味がハードルになって、なかなか手の出せないお客様へ」

といった思いで創作されたそうです。 確かにこれならお子様でも全然ヘッチャラですね(o^-^o) 卓上配置の粗挽き黒コショウやラー油、酢もありますので、途中で積極的に味変を楽しんでみるのも一計ですよ。




中華食堂 秋
福島県郡山市新屋敷2丁目131
電話;024-954-5151
営業時間;【昼の部】11:00~15:00 【夜の部】17:00~21:00
定休日;火曜日
駐車場;養老乃瀧郡山富田店さんと供用


 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/4228-ce313b6d