【2016年 錦秋巡り】 大沢沼の彩り

曽原湖よりも奥まったところに、大沢沼があります。 裏磐梯ペンション・ヴィレッジのレイクウッド・エリアへの通り道にあるこの沼は、ジュンサイの栽培池にもなっています。

その景観の美しさで、カメラマンにも大変人気の高い撮影地ですが、三週間ほど前に飛来した白鳥の一部が、ここで羽を休めています。

大沢沼の白鳥
[2016/10/16 大沢沼の白鳥]  <↑ Clickで拡大>

毎年のように大沢沼への飛来の情報は得ていますが、今回は巧い具合にその姿を捉える事が出来ました。 翌週23日も夕刻に大沢沼に三羽の白鳥を見ましたので、一週間前の三羽と同じ個体では無いかと思われます。

色付き始めた大沢沼
[2016/10/16 色付き始めた大沢沼]  <↑ Clickで拡大>

大沢沼の奥の入り江にちょっとだけタッチして来ました。 この日はまだ、さほど紅葉が進んでいなかったのですが、色付きの気配は確かに感じられました。

水鏡の森
[2016/10/16 水鏡の森]  <↑ Clickで拡大>

撮影日の翌週10月23日にも立ち回ったのですが、もう別世界って位の色付き(^◇^;) 残念ながら夕闇のタイムアップで撮影はしませんでしたが、きっとまだ良いコンディションのハズです。

水面の秋
[2016/10/16 水面の秋]  <↑ Clickで拡大>

大沢沼の湖面をキャンパスに。

瑠璃色の天使
[2016/10/16 瑠璃色の天使]  <↑ Clickで拡大>

奥の入り江で撮影中に、覗いていたファインダー中に、8の字に飛行して灌木の枝に取り付いた一羽の野鳥に気付きました。

「瑠璃色っ?!('д'|l!)」

初めて目にしたカワセミでした! 何て美しい羽色なのでしょうO(≧▽≦)O

きっととても神経質な鳥のハズですから、思わず声を上げたくなるくらいに沸き立つ喜びを抑えながら、ひたすら静粛に撮影を試みました。

手持ちでレンズの手ブレ補正機能だけ。 しかもかなり小さな躰のカワセミを撮影するには、あまりにも頼りない300mmがテレ端のレンズ。 手ブレもピントの甘さも出さぬように、シャッターボタンに指をかけ、絞り込むようにボタンを押し込みました。

咄嗟の事でしたので、立ち位置を変えて逃げられては元も子もないので、構図はカンベンして下さい。 ここでカワセミに出会えた、 そして撮影する事が出来たってだけで、今のボクには満足です(=´▽`)ゞ
 

コメント

白鳥、もうですか?
カワセミっているんですね!!
私も野生のは見た事がなくて。
2016/ 10/ 29( 土) 02: 01: 53| URL| ree# -[ 編集 ]
 
今年は白鳥の飛来が早かったらしいです。 もう先週辺りには、川桁の耕地に沢山居ましたよ。

裏磐梯でのカワセミは驚きでした( ̄▽ ̄i)ゝ 今後は自分の見方も変わるかも知れません。
2016/ 10/ 29( 土) 17: 46: 14| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/4199-d16bdee4