ともゑ食堂 ~福島県西白河郡矢吹町~

大分前から訪問したいと思っていたレジェンド級のお店、矢吹町の「ともゑ食堂」さんを初詣しました。 こちらは白河市の「とら食堂」創始者・竹井寅次さんの教えを請うた、現存する“とら系”の中でも数少ないお店と聞いています。

ともゑ食堂

「ともゑ食堂」さんは、既にこのエリアでは筆頭クラスの人気店さんで、2年ほど前に新装リニューアルが行われました。 今にして思えば、趣深かった旧店舗時代に初詣しておきたかったものですが、こればかりはもう叶わないハナシです。

店内は勿論、空調が整えられていて、お手洗いも都市部と変わらぬキレイな仕立てです。 多分、以前と変わらないのは、お品書きと価格、味わいと半セルフ方式ってところのようです。 その価格据え置きってのがまた強烈に凄いΣ(゜▽゜;) とら系最安値でしょう!

「ラーメン (500円)」

ともゑ食堂 ラーメン

これ、とてもワンコインのラーメンに見えませんよ?(;゚д゚) そこそこのラーメン専業店さんや食堂さんを訪問しているつもりですが、500円で引き算されているものは見あたりません。

しかも“とら系”の定石通り、自然派自家製麺を守り続けているのですから恐れ入ります(`・ω´・ ;) 初代・寅次さんから学んだ味筋を頂けるかも知れないってだけでも、ラーメンファンとしては非常に楽しみです。

ともゑ食堂 ラーメン

意外に思えたのは、メンマがイマ風の幅広柔らか仕立てだった事。 あと、スープの表面に張られた油膜が、これまた想像よりはずっと豊かだった事です。

香り立ちはやはり鶏出汁らしさが先行してきますが、その濃度は油膜から推し量るよりもそんなに凝縮している訳ではありません。 それにカエシも酸味と塩味の立ったタイプかと想像してたら、全然ソフトで半味淡目に感じたほどです。 お陰で繊細なベーススープの味香をマスキングすることなく、豚骨の下支えの旨味と共に柔らかく膨らむ味わいが感じられました。

ともゑ食堂 ラーメン

チャーシューは伝統のスモークモモ肉叉焼ですが、これも現在活躍中の“とら一門”のお弟子さん方のそれと引けを取ることはありません。 程良いスモーキーさとしっとりとしたお肉の食感、そして噛むほどに美味しさがジワジワと舌の上に伝わって来る味わい、若干控え目ながら、ちょっと酸の立った生醤油テイストも伝わって来ましたΨ( ̄∇ ̄)Ψ

ともゑ食堂 ラーメン

麺は想像していたよりも太くなく、“とら一門”の皆さんよりも若干太目かなぁ~?σ(゚・゚*)って程度です。 啜れば舌の上を踊るようにくすぐられる縮れ。 やや柔らか目の食感で、スープの持ち上げがベラボウに良くて、麺と共に口中がスープで満たされるような印象でした。

「半カレー (450円)」

ともゑ食堂 半カレー

これも楽しみにしていたサイドメニューです(〃∇〃) 好評だったので、果たしてどんなお味なのかなぁ~って。 具材はシンプルに豚肉と玉ネギのみ! 古典的な小麦粉と共にカレー粉を炒めて、スープで伸ばしてるようなマイルドさの際立つカレールーです。

妙にごはんが美味しいのは、きっと気のせいでは無いのだと思います。 地場産のお米だろうと勝手に想像しているのですが、お米の名産地のお店では、得てして地元産のお米を誉れ高く使われているのが常であり、それは食べ手側のお楽しみでもあります。

ともゑ食堂 半カレー

カレールーのスパイシーさはほどほどありますが、ホットさはさほどではありません。 塩分がややハッキリと立ちますが、玉ネギの甘味がそれを巧く包み込んでいて、しょっぱい印象は全くありません。

なるほど、これは説得力がありますね(*^▽^*) “食堂”の看板がそうさせるのか、このカレーライスにはちゃんと一人前のサイズもお品書きにあります。 ぼちぼち夕刻近くの訪問でしたが、通し営業って事もあってか、降着のお客さんも途切れることは無かったですね。 ボクらと入れ替わりに入店したお客様の車は、郡山ナンバーでしたから、やはり熱心なファンも数多く訪問されているのだ思いました。




ともゑ食堂
福島県西白河郡矢吹町三城目24
電話; 0248-45-2711
営業時間;11:00~19:00 ※売り切れ次第終了
定休日;火曜日
駐車場;店舗敷地内に8台分ほど

 

コメント

ようやく行けたんですね。
コチラは旧店舗から価格変わらず
超〜良心的なお店でCPは金メダル級!
現在のとら系の初代の流れをくむと
言っても知らずに食べれば別物てます。
でも同じスタイルを守られてファン
が多いのも頷けます。これも美味しい。
無くしてはならないお店です!
2016/ 10/ 12( 水) 10: 43: 41| URL| maxmax# t8WnCWg.[ 編集 ]
 
はい!ようやく叶いました(*^▽^*)

素晴らしいお店でした! この暖簾、是非とも繋がって欲しいです。
2016/ 10/ 12( 水) 14: 21: 12| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/4177-87ff97ab