自家製麺 工藤 ~福島県郡山市神明町~

つい先立って、開店一周年を迎えた「自家製麺 工藤」さんから、前夜に“一周年記念メニュー 第3弾”の知らせがありました。 この日はお彼岸で、実家に行ったり、墓参りに行ったりと、近場で動いていたので、ランチタイムに潜入して参りましたo(*^^*)o

「おめで鯛ぱいたん+追い飯 (850円+300円)」 ※開店一周年記念メニュー

自家製麺 工藤 おめで鯛ぱいたん

ナントですね、鯛の剥き身の付いた中骨、カブト、鯛の焼き干しを原材料として作り出された鯛だけの白湯ラーメンなんですって!w( ̄▽ ̄;)w 昨今、新鮮魚介から作られるラーメンが頂けるようになって来ましたが、まだ当地では珍しい部類です。

器から立つ香りは、まさしく鯛を炊いた香りです。 しかも白濁したスープは、瞬く間に表面にコラーゲン膜が生成されてきました。 お魚の素材だけでクリーミーに乳化しているスープなんて、ボクは初めて頂きましたヨヽ( ̄▽ ̄)ノ

自家製麺 工藤 おめで鯛ぱいたん

生臭みが出ないようにと、鯛の中骨とカブトは丁寧な下処理を施し、バーナーで炙りを掛けるなどしているそうです。 そして長時間炊き上げて一度冷まし、更に焼き干しを加えて再び炊くという、手間暇の掛かる段取りを掛けているそうです。

鯛の脂から立つ独特の香りに戸惑ったのは最初だけ。 その凝縮した旨味に魅入られて、麺を何回か手繰ってみたら、いつの間にか気にならなくなりました(*^▽^*) あとはもうその美味しさにグイグイと引き込まれましたよ。

自家製麺 工藤 おめで鯛ぱいたん

載せモノは万能ネギと青森産のバラ干し海苔だけ。 大変シンプルですが、それがこの活力漲る鯛白湯スープを引き立てていました。 特にバラ干し海苔は、炙り焼き加工が行われておらず、スープを吸い込むと海苔とは言え肉厚でコリッとするほどの歯触りを呈してました。 海苔の豊かな風味が、鯛白湯と見事に融合し、これでメインの具として全く異論無しの存在感でした。

自家製麺 工藤 おめで鯛ぱいたん

麺は当然ながら自家製。 ふすま入りのストレート細麺が合わせられており、スープの粘性に加えてたっぷりとスープを絡めて持ち上げるチカラで、麺を口に運ぶ毎に鯛白湯スープも満たされます。

ツルッと滑らかな舌触りと、適度な弾力と共にプツプツッと歯切れる食感もいつも通り。 塩味仕立てながら、ベーススープの凝縮度の高い旨味で、大変充実した味わいを堪能出来ました( *´艸`)

自家製麺 工藤 おめで鯛ぱいたん用追い飯

「追い飯」は事情が許すなら是非とも楽しんで欲しいです。 低温調理の鶏チャーシューが鎮座する白飯に、タップリの白ゴマと大葉の千切りが載せられます。 スープにドボンも良いですし、茶碗盛りの追い飯にスープを張って頂くもヨシです。

これで想起されるのはズバリ鯛雑炊! これがまた旨いのなんのってO(≧▽≦)O 大葉の薬味香が実に良い効き具合で、お好み次第ですが卓上配置のミル付き黒胡椒をガリガリと摺り入れれば、また一段とインパクトのある雑炊になりますよヽ( ̄▽ ̄)ノ

今回の作品は、恒常的に提供するのは大変難しいのですが、店主・工藤君によると、事情が許すようなら月一くらいで限定提供をしてみたいとの事でした。 まだこの先にもありつけるチャンスはありそうですよv( ̄∇ ̄)ニヤッ




自家製麺 工藤
福島県郡山市神明町17-13
電話;024-905-8294
営業時間;月曜日 11:30~売り切れにて終了
      水曜日~金曜日 【昼の部】11:30~14:30 【夜の部】17:30~売り切れにて終了
      土曜日・日曜日 【昼の部】11:00~14:30 【夜の部】17:00~売り切れにて終了
定休日;火曜日
駐車場;指定駐車場10台分あり


 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/4158-dea1fe86