FC2ブログ

伝統の温泉地・飯坂温泉をプラプラと…

お盆も明けた、16・17日と、無芸一家はお盆休みを頂いて、近場をあちこち訪ね歩きしております。(^^)

それにしても今年の暑さは一塩です。 昨日は岐阜県多治見市で、日本一更新となる40.9℃をマークしたとか… いや、もうこれは考えられない猛暑であります。(^^;)

我が町でも、普通に34℃なんて日が続いておりましたが、県都・福島市は更に暑く、連日の猛暑日です。 昨日も36℃近くまで上昇していたようです。

“一服の涼風を求めて”と言いたいところですが、よりによってその福島市に来ちゃっていたんですねぇ~(^^;) 目的地は、もちっと奥地なのですが、通り道の飯坂温泉で、ちょっと車を降りて散策致しました。

飯坂温泉


飯坂温泉は、宮城県の「鳴子温泉」、「秋保温泉」と並び称される「奥州三名湯」に数えられた温泉郷です。 その起源は、「日本武尊」の東征の際に発見されたと言われ、平安時代の和歌にもその名が出てくると言います。 松尾芭蕉が立ち寄ったり、ヘレン・ケラーも二度訪れており、当事の隆盛の程が伺い知れます。

飯坂温泉


戦後の高度経済成長期に著しい発展を遂げた「飯坂温泉」は、その後徐々に衰退の一途を辿り、120軒以上の温泉旅館が軒を連ねていた街は、次々と閉鎖の憂き目に遭っており今ではその数は半分になってしまいました。

摺上川を挟んだ両岸に、温泉旅館がひしめいておりますが、見るからに建物は古く、外壁のメンテナンスも放置されている状態。 既に廃業した旅館も数多く、とても寂れた印象が払拭出来ません。

そんな飯坂温泉に、再度活力を与えようと、数年前に当地の看板と言うべき公衆浴場「鯖湖湯(さばこゆ)」が大きくリニューアルされました。 クラシックなヒバ材を用いて作られた、話題のスポットとなり、多くの温泉ファンの注目を集めております。

飯坂温泉 公衆浴場 波来湯


たまたま無芸の通り道にあったのが、「鯖湖湯」に次ぐ古い歴史を持つ「波来湯(はこゆ)」です。 こちらは昔の風情を残したまま、ひっそりと佇んでおります。

飯坂温泉 公衆浴場 波来湯


最も摺上川に近い場所。 川の波が掛かるほどの場所にあった事から、付けられた名前とも言われますが、外見とは裏腹に、浴場は綺麗にタイルが貼られており、とても清掃の行き届いたものだそうです。

もともと飯坂温泉の湯温は高く、相当熱い湯に馴れていないと、足の指を入れただけで飛び上がりそうなくらいと言われております。 こちらは、ほとんど地元の方々ばかりが利用されているようで、200円で入湯出来ます。

飯坂温泉


温泉街の飲食店は、随分と淘汰それてしまったようで、見るからに淋しい限りです。 それでもこのファサードの造型などを見ると、昔日の繁栄が偲ばれます。

泉質は抜群なだけに、この温泉郷の立て直しが巧く進むことを願いたいものです。  

コメント

ああ、飯坂温泉だわ、、鯖湖湯さんの熱さは尋常じゃないですねーーー、あれは風呂ではない、熱湯ですわ^^^あははは。でも上がったあとのさっぱり感は
ふつうの温泉じゃ味わえないものです。
温泉街は、おっしゃるように寂れてしまいましたね、
なかなか、街自体を変えていくのは並大抵のことじゃないと思いますが、温泉街としてもできることから
はじめたらどうでしょうかね、あの街路灯の古さ加減はもう時代おくれでしょうーーー。頑張ってほしいですけどね。
2007/ 08/ 17( 金) 20: 17: 14| URL| ララオ0181# -[ 編集 ]
 
ララオ0181様
ララオさんにとっては、この温泉は身近なものでしょうね。 とにかく滅法熱い温泉で有名です。

温泉街の半分が廃業してしまっている現状、複雑に絡んでしまった抵当権などで、なかなか景観の回復もままならないようです。

何か妙案は無いものでしょうか? とても残念です。
2007/ 08/ 18( 土) 18: 23: 54| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/413-cb62d6a4