麺処 若武者 ~福島県二本松市本町~

大変久しぶりの訪問になりましたが、二本松市の「麺処 若武者」さんに詣でて参りました(o^-^o) 言うまでもなく超絶人気店さんですので、週末だけではなく平日のランチタイムも、お店の外まで入店待ちの行列が出来ちゃいますΣ(゜▽゜;) そんな訳で、お店の前まで来て外待ちのお客様を見て断念しちゃったりしてたのですが、今回はどうしても頂いておきたいものがありましたので、ちょいと涼しくなっていた日曜日の夕刻に潜入して参りましたヨΨ( ̄∇ ̄)Ψ

「特濃旨辛鶏台湾ラーメン (900円)」

若武者 特濃旨辛鶏台湾ラーメン

若武者ファンの皆様にはピンと来たのでは無いかと思いますが、本日まで行われている「Yahoo!×東洋水産 第八回最強の次世代ラーメン決定戦」に厳しい予選審査を勝ち抜いて、昨年(昨年は準優勝)に続きエントリーしている作品の、店頭販売が行われています。 勿論今回のエントリー作は、昨年と全く異なる新作です!

前回の準優勝作も東洋水産さんから製品化されましたが、残念な事に店頭でのお店仕様の販売プロモーションは食べる機会を逸しておりました。 そんな訳で、今回は何とか頂きたいとやって参りましたヽ( ̄▽ ̄)ノ

若武者 特濃旨辛鶏台湾ラーメン

結果を先に言ってしまえば、これは見事な秀作でした!(o^-^o) 若武者さんのスペシャルって、割と万人向きを敢えて考えないで、グワッ!とインパクトのある味わいを出してくるか、極希には至極繊細で柔らかな味わいってものか、二極の選択だった気がするのですが、本作は“このままカップ麺化出来るんじゃない?”って落とし所に、スープ、麺、具材、味付けのバランスがことごとくハマっている気がします。 メーカーさんが苦悩しなくても、お店の味わいにかなり近い味わいを再現出来るのでは無いかと。

若武者 特濃旨辛鶏台湾ラーメン

贅沢なことに伝家の宝刀・鶏白湯を惜しげもなく使われており、しっかりと乳化したベーススープに「台湾ラーメンの定義」がちゃんとハマっています。 辛味は増すのは簡単なことでしょうけど、余程辛味耐性の無い方じゃ無い限り、普通に美味しい辛さとして受け入れられるように抑えられています。

ニラと茹でモヤシで辛味のアタリは和らげられていますが、それ以上に鶏白湯スープからの芳醇な旨味がマイルドにさせています。 辛子も温かいスープに出会うと、どこかしら甘味を発するのでしょうか? 挽肉の甘じょっぱさもさることながら、唇が粘着されそう程のコラーゲン分とクリーミーな舌触りが見事です。

若武者 特濃旨辛鶏台湾ラーメン

麺は低加水タイプのストレート細麺が合わせられており、スルスルトト食べ易く、スープの絡みも上々です。 麺量はちょっと少な目かにな?と思ったのですが、アサガオ型深めの器でしたので、丁度良い加減にお腹は満たされました。

さてこの出品作ですが、先述の通りネット投票形式のコンペティションで商品化の可否が決まります。 先週の段階では、8月1日よりスタートした今回のコンペティションで、初日からトップを独走しておりました。 最終局面を迎えて最後の一週間は、得票数が伏せられたままとなっており、最終日の投票数までを加算の上、後に結果が発表されます。

今回は第8回の開催と言う事ですが、前回の準優勝・製品化も快挙ではありましたが、東北ブロックからはまだ優勝作はありません。 店主・山本くん、作品の考案を行った店長・高宮くんの思いを、どうか一緒に後押しして頂き、カップ麺化された「特濃旨辛鶏台湾ラーメン」を楽しみましょう!

本日応援投票の最終日です。 コチラ(投票終了致しました)をクリックorタップして頂ければ、投票サイトにダイレクトにジャンプ致します。




【2016年9月1日追記】
おめでとうございます! 「麺処 若武者」さん、優勝しました!

Yahoo!×東洋水産 第八回最強の次世代ラーメン決定戦


本日[2016/09/01]投票の集計が行われ、結果が発表されました。 投票開始から終始首位を守り続け「Yahoo!×東洋水産 第八回最強の次世代ラーメン決定戦・新世代部門」優勝を決めましたヽ( ̄▽ ̄)ノ

Yahoo!×東洋水産 第八回最強の次世代ラーメン決定戦

素晴らしいですね! 遠からずこの作品は東洋水産さんから本気盛カップ麺化されて、全国一斉発売となりますΨ( ̄∇ ̄)Ψ これで全国何処でも好きな時間に“若武者三昧”が楽しめますよ♪

Yahoo!×東洋水産 第八回最強の次世代ラーメン決定戦

最後まで接戦となっていた栃木県の名店「中華蕎麦サンジ」さんが準優勝!ヽ( ̄▽ ̄)ノ こちらも本気盛カップ麺化されますので、大変楽しみです。

Yahoo!×東洋水産 第八回最強の次世代ラーメン決定戦

また「ガツ盛部門」には、石川県金沢市の「麺や神やぐら」さんの「爆濃トンテキカレー麺」が、こちらも終始首位を独走しての優勝! でかまるカップ麺化が決定です。

「麺や神やぐら」さんは「麺屋神仙」さんの姉妹店。 「福島ラーメンショー」において「濃厚味噌 炎・焔 肉盛そば」で三年連続第1位で殿堂入りとなった「金沢兼六麺達会」のメンバーさんであり、毎年郡山のブースで頑張っておられました(o^-^o)  そんなご縁もあるお店ですので、こちらも楽しみです。



あと一杯、「続きを見る」でご覧頂けます(o^-^o) 
「続きを見る」をポチッて頂き、ありがとうございました。

この日は家内も同行しておりましたので、もう一杯頂いて来たのですが、これが夏前からゲリラ的に店頭提供されていたお品に当たりまして、非常に美味しゅうございましたので、横取りレポを致します(ノ´∀`*)

「たっぷり蛤とバターの塩ラーメン (900円)」

若武者 たっぷり蛤とバターの塩ラーメン

このインパクトって凄すぎですw( ̄▽ ̄;)w 一杯の丼に何と20個もの蛤が投じられているんですって! あり得ないビジュアルに、もう笑うしかないところでしたが、一口頂いてみたらもっと笑いが止まらなくなりましたO(≧▽≦)O

若武者 たっぷり蛤とバターの塩ラーメン

豊かな蛤のテイストに発酵バター香り高さが、とっても分かり易く押し出されています。 しかもベーススープには、こちらもまた伝家の宝刀・青森シャモロックのスープが合わせられていると言います。 口中に広がる蛤の旨味は、ちょっと常軌を逸したレベルでした。 この旨味成分の主たるコハク酸って、どんな旨味なのかをとても良く伝えてくれます(#^.^#)

若武者 たっぷり蛤とバターの塩ラーメン

麺は全粒粉ブレンドの低加水ストレート細麺。 ハツッとした張りのある食感と、小麦の香りを伝えて来て、ウマウマなスープをたっぷりと口中に満たしてくれるほどスープの絡みも上々です。 これからも時折スポット提供があるかも知れませんので、未食の方は要注目ですよ( *´艸`)




麺処 若武者 (Blog)
福島県二本松市本町2-86-1
電話;0243-22-7107
営業時間;【昼の部】月~土=11:30~14:00
     【夜の部】月~木=17:00~21:00(L.O.)
           金・土=17:00~23:30(L.O.)
      【日曜日】=11:30~20:00 ※通し営業
     ※スープが無くなり次第閉店
定休日;水曜日が基本ですが、店主のBlogでご確認下さい
駐車場;店舗横に8台分ほど


コメント

遂に優勝しました!

去年のド豚骨は濃厚さをカップメン化するに
難しさがあったでしょうが、
コレならそのままカップメン化はアリですよね(笑

ハマグリメニューがあったんですネ。
昔のムール貝の究極の塩が復活してほしいです♪
2016/ 09/ 03( 土) 20: 58: 36| URL| sachs# -[ 編集 ]
 
ようやく、若武者さんへ寄れました。
ちょいと裏道を駆使して、ウチのマシンでもなんとか到着です。

味が気になる坦々麺・麺が気になるつけ麺・お店オススメのシャモロックとも悩んだ挙句、ハラペコな自分はガツ盛り系まぜそばにしちゃいました。
でも、改めてメニューを読み直してみると、煮干中華そばも気になりますね。

シフトが変わった今なら、仕事の後に寄れるかも。 いつもインターは使っているのですけどね。
2016/ 09/ 17( 土) 14: 55: 54| URL| GGだっしゅ。# -[ 編集 ]
 
亀レスになっちゃってゴメンなさい(>▽<;;

とにかく地元ファンにとっても嬉しい優勝でしたね!

「たっぷり蛤とバターの塩ラーメン」は、たまにご披露されているようですから、きっと巡り会えると思います。
2016/ 09/ 17( 土) 21: 46: 23| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
シフト変更になったんですか? それじゃあ通い詰めだヽ( ̄▽ ̄)ノ

いや、どれを食べても美味しいですよ♪
2016/ 09/ 17( 土) 21: 48: 24| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/4129-762b4805