清流の梅花藻

先輩カメラマンさま方が、何年も前からHPやSNSに挙げておられた、梅花藻(バイカモ)の自生する清流に初めて行きました。

清流の梅花藻 #1
[2016/6/19 清流の梅花藻 #1]  <↑ Clickで拡大>

もっと早く行っていれば、梅花藻の花も水中にあったのですが、既にほとんどが水面から伸びてました。 とは言え、水中撮影の可能なカメラは持っていないんだな( ̄▽ ̄i)ゝ

清流の梅花藻 #2
[2016/6/19 清流の梅花藻 #2]  <↑ Clickで拡大>

実際に行ってみたら、川幅と言う程の川では無く、膨らませていたイメージとのギャップに驚きました( ̄▽ ̄i)ゝ

清流の梅花藻 #3
[2016/6/19 清流の梅花藻 #3]  <↑ Clickで拡大>

どこかの支流というのではなく、湧き水に端を発する小川でした。 道理で水が綺麗です。 川岸沿いには、きっと野菜を洗ったり、時には冷やしたりしてるんだろうなぁ~と思われる、ちょっとした足場などもみられます。

清流の梅花藻 #4
[2016/6/19 清流の梅花藻 #4]  <↑ Clickで拡大>

梅花藻の清流は、そう大きくない集落のど真ん中を貫くように流れています。 普段は集落に住まう人々以外は、まず立ち入らないような場所です。

清流の梅花藻 #5
[2016/6/19 清流の梅花藻 #5]  <↑ Clickで拡大>

土地所有の線引きは、ちょっと曖昧に思えるほど、永らくこの集落の生活と共にあり続けて来た清流です。 場所によってはお住まいの裏庭やお台所の隣みたいな場所もあり、撮らせて頂く方もかなり神経を遣うような場所です。

清流の梅花藻 #6
[2016/6/19 清流の梅花藻 #6]  <↑ Clickで拡大>

自分も含めてですが、訪問鑑賞には「ここが自分の自宅の真ん前だったら・・・」と思案して配慮する気遣いも必要だと思いました。 これから先、この清流が生活と共にある方々と、目を楽しませてもらいに来る人々が、共に良い関係であり続ける為に。

清流の梅花藻 #7
[2016/6/19 清流の梅花藻 #7]  <↑ Clickで拡大>

ところでこの「梅花藻(ばいかも)」ですが、別称「金魚草」って呼ばれているのだそうです。 まさにそのまんま。 淡水魚の水槽に入れて鑑賞する、あの草が「梅花藻」なのだそうです。 知りませんでした(⌒▽⌒;)
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/4075-80baa619