ラーメン うめ八 ~福島県喜多方市北町上~

2014年10月末に開店した、「ラーメン うめ八」さんにようやく初詣して参りました。 開業して直ぐの頃に、“長床の公孫樹”を撮影した折に立ち回ろうとしたら既に暖簾落ちしていて、いつの間にか訪問機会を逸しておりました( ̄▽ ̄i)ゝ

こちらは大御所「坂内食堂」さんにおられた方と言うことで「香福」「坂新」に続く坂内ラインです。 それにしても初訪問の皆さんがかなりトラップに掛かっているという噂に違わず、それなりのロードサイドなのに、ボクも見落として一度スルーしちゃいましたΣ(゜▽゜;) 道路際に看板が設置されていればとも思いますが、まあ一度辿り着けたら、次回はすんなり行き着けるハズの分かり易い場所です。

らーめん うめ八

店舗前の駐車場が、やや使い勝手に難はあるものの、5台分くらいは確保されています。 お店の裏手側になりますが、どうも喜多方市の管理下にあるらしい駐車場を見つけました。 特にゲートもないので、隣接する公園や球場の利用者用って事と理解しました。 車のデポに難儀するようでしたら、そちらをちょいと利用させて頂くのも手かと思います。

「しょうゆチャーシューメン (900円)」

らーめん うめ八 しょうゆチャーシューメン

久しぶりに丼一面の豚バラチャーシューメンに対面しました(>▽<)b もうそのビジュアルからして、ご本尊さまのそれを彷彿とさせるものがありますが、より丁寧に盛りつけされているように感じました。

スープは醤油味とは言え、やはりこちらもその伝統を大切にしているのか、塩ダレと淡口醤油の合わせカエシのように思われる、やや淡い色合いです。

らーめん うめ八 しょうゆチャーシューメン

丼一面のバラチャーシューからは、心踊るような魅力溢れる醤油ダレの香り立ちと、脂身にも染み入るチャーダレの味わいが見事です。 しっかりと炊かれているので、脂身はイイ感じのゼラチン質になっていて、お肉も歯切れ良く口に運ぶ度に幸せなキブンにしてくれます(*≧∪≦)

この大量の豚バラチューシューからスープに混じった油膜効果もあってか、事前にイメージしていたよりもずっと押しの強さが感じられましたが、喜多方名物の辛味と臭みの刻みネギが、キッチリと威力を発揮していて、後味に脂っこさは感じさせません。

らーめん うめ八 しょうゆチャーシューメン

多分ベーススープは豚ガラをメインにしていると思われます。 そこにやや控え目に魚介の風味が感じられましたが、ニボシだけでは無さそうな気もします。 澄んだ清湯ですが、昆布や干しシイタケ、香味野菜などによるものなのか、程良い旨味だけでは無くちょっと甘さが前面に押し出されていて、卓上配置のコショウを多目に振り掛ける楽しみもあります。

らーめん うめ八 しょうゆチャーシューメン

平ザルで湯切りされる麺は、5杯がワン・ロットのようです。 曽我製麺さんの麺と聞いてますが、多加水中太熟成縮れ麺は、良い茹で具合でタップリのスープに泳がされていて、噛んだ時のコシの強さは最後までちゃんと伝わって来ました。 麺からグルテンが流れず、最後までスープが濁らないのも喜多方らしいです。 直径はそんなに大きくない丼ですが、底の膨らみがあるので、見た目よりも麺量も豊かで食べ応えアリです。




ラーメン うめ八 (うめや)
福島県喜多方市 北町上47
電話;0241-24-5045
定休日;月曜日
営業時間;07:00~15:00
駐車場;店舗敷地内に5台分


 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/4060-70d05c0c