昼ふろや ~福島県郡山市安積町荒井~

「食菜酒楽 Fu-Ro-Ya」さんのお昼ブランド「昼ふろや」さんで、夏メニューがスタートしていると言う事で、巧いこと仕事を作って潜入して参りました♪(〃∇〃)

夏メニューには「冷しつけめん」「冷しマヨ支那」が限定リリースされていて、どっちから攻めようかと考えていたら、店主・木村さんから更なる追い打ちが・・・Σ(゜▽゜;)

「黒支那にも今日から新作が加わっちゃったんですよねぇ~( ̄▽ ̄i)ゝ」

(ぬぁんですとぉ~!ヽ(@ω@;)ノ)

これは弱った(@・艸・;) マジで牛の胃袋が欲しいぞ?! と、益々混迷を深めたところで、店主・木村さんからありがたぁ~い解決策が示されました。

その話、乗らせて下さぁ~い♪O(≧▽≦)O

「(仮名)にぼ黒支那 (700円)」

昼ふろや にぼ黒支那

節粉がギリッと効かされているのがデフォの「黒支那」ですが、こちらは節粉では無く、“ヒミツの砕け節”ギュギュギュ~っと旨味を引き出した新しいバリエーションです。

その“ヒミツの砕け節”にはカツオ、サバ、うるめいわしのニボシが配合されているらしいのですが、その凝縮度の高さとバランスの妙がスバラシイのです( *´艸`) 某出汁職人の面目略如ですなぁ~♪

昼ふろや にぼ黒支那

漆黒スープのカエシには、高価なタマリ醤油もブレンドされていて、とっても農醇な醤油のフレーヴァーに満ちています。 そこにニボシと魚介の豊かな香り立ちが加わり、インパクトに満ちた外向的な香りが立ちまくりです。

載せモノはデフォの黒支那に準じたもの。 小口ネギと刻み白ネギ、カマボコに揚げ玉、柔らかく歯切れる豚バラチャーシューは、脂身までウマウマですし、大振りなメンマも柔らかな炊き具合です。

昼ふろや にぼ黒支那

ニボシ油の張られた油膜には、細かな銀鱗がキラキラと見られます。 しかしニボシの青魚特有の生臭さは皆無。 動物系素材には、鶏と豚が使われていたと思いますが、その重心の低い旨味の上に、華やかな魚介の旨味が後押ししています。

カエシからなのか魚介素材からなのか、力強い酸味も感じられ、骨太で逞しい旨味に、濃い目の塩味がズドンと効かされてます。 少なからずビターな味わいがあるのですが、カエシの旨味成分からの甘味が、それを押し流してしまってる? 味重ねの中でも、かなり勇敢なチャレンジだと思うのですが、全く嫌な感じは無く、ひたすらに押し味が口中にもみ合っています(^◇^;)

昼ふろや にぼ黒支那

麺は軽くウェーブが掛かった多加水タイプの熟成細麺。 結構反力のある噛み応えがあり、しなしなじゃ無いお陰でスープの濃い目の漆黒スープが絡み過ぎないのも面白いところ。 それでも時間の経過と共に漆黒スープの色合いを移し始めますが、スープが染み入り過ぎずにコシのある食感を最後まで残していました。

ニボシが得意では無い人でも、これは受け入れられるのでは無いでしょうか? この濃ゆい醤油テイストも意図的な強さですが、溢れんばかりの醤油テイストにインパクトあるニボと魚介の旨味は、ちゃんと融和していました。




昼ふろや
福島県郡山市安積町荒井字林の越1-7
電話;024-946-2122
営業時間;11:30~13:30 ※夜の部の「食菜酒楽 Fu-Ro-Ya」営業準備の為、お休みを頂いたり早仕舞いもあります
定休日;やや不定ながら土・日曜日 ※Twitter(昼ふろや)にて情報発信中
駐車場;店舗前と裏に合計10台

 

コメント

これですよ、これ これ
やはりラーメンは和のコンセプトから外したくないものですねー
ま、あくまで個人的な意見ですので・・・
ところで、食菜酒楽 Fu-Ro-Yaさんは僕は未訪でした。(笑)
2016/ 06/ 16( 木) 08: 15: 30| URL| 近所のオヤジ# DL7C8m6w[ 編集 ]
 
充実した濃厚醤油味と共に、ガッチリと引き出された魚介の旨味で、意識が飛んでしまいそうなくらいの押し味です(>▽<)b

駐車場も完備してますので、どうぞご訪問なさってみて下さい。
2016/ 06/ 16( 木) 11: 20: 08| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/4044-bbfb5f0c