道の駅 きらら289 館内レストラン ~福島県南会津郡南会津町~

前記事の通り、写真撮影で久しぶりに旧南郷村まで行って来ました。 昼食の摂りどころも考えていたのですが、たまたま「道の駅 きらら289」に差し掛かり、

「そう言えば、ここは食事の良さに定評があったな?σ( ̄、 ̄=)」

と気が付き、珍しくも「道の駅」で食事を摂ることに決めましたo(*^^*)o

温泉施設を持つ複合型の道の駅で、奥地では珍しく20時まで営業しています。 温泉施設の併設が地元住民の利用促進にも大きく寄与しているんですね。 巧いコンセプトです。

施設内のレストランは、昼時のビークタイムを越えると入場は出来なくなります。 しかし温泉利用者が寛ぐ大座敷があって、厨房はレストランと大座敷の両面の間に挟まっています。 って事で、効率化の為でしょうけど、16時以降くらいには大座敷で入浴客の皆様と共に同衾しての食事となります(^◇^;) まっ、いいかww

「わらじソースカツ丼 (1,030円)」

道の駅 きらら289 館内レストラン わらじソースカツ丼

このレストランの名物料理の一つがこの「わらじソースカツ丼」です(o^-^o) 見ての通りトンカツがダブルでドンブリ飯にマウントされてきます。 なかなかインパクトありますね♪

道の駅 きらら289 館内レストラン わらじソースカツ丼

白ゴマの振られたトンカツは、厚みはさほどではありませんが、サクサクの揚げ上がりに上面だけに甘口タイプの濃ゆいソースが絡められています。 その大きさから、食べ易いようにと一時待避用のお皿が添えられ、引き取り窓口では手前捌き用のナイフが用意されている事も告げられます。

道の駅 きらら289 館内レストラン わらじソースカツ丼

そんな訳でお皿に一時待避してカットしたトンカツです。 豚ロース肉で伸されていますので、1枚あたりは80g程度かと思います。 甘じょっぱくスパイシーさの抑えられたソースは、理屈抜きに白飯喰いの好感度を直撃します。 片面はしっとり、裏側はサクサクと、一枚で二度美味しい工夫は見事に的を射ています。

白飯の間には千切りキャベツが布いてあり、程良く蒸されてしんなりとして来たとさころに、甘口ソースがまたメチャクチャ合う訳で(>▽<)b

道の駅 きらら289 館内レストラン わらじソースカツ丼

やや濃い目にされているソースの合間に、やや薄味な千切り大根の煮物だったり、これまた味噌味を抑え目にして出汁の旨味をちゃんと伝えてくるお味噌汁など、とても計算され尽くしているなぁ~と感心しちゃいます。

道の駅 きらら289 館内レストラン わらじソースカツ丼

久々に「道の駅」での食事を摂りましたが、コスパと言い確かな美味しさ、そして人を瞠目させるほどのボリュームと言い、「道の駅きらら289」は頭一つ抜け出している存在だと思います。




道の駅 きらら289 (URL)
福島県 南会津郡南会津町 山口字橋尻1
電話;0241-71-1289
営業時間; 【平日】10:00~20:00 ※火曜のみ 10:00〜14:00 【土・日・祝】10:30〜21:00
定休日;火曜日(付帯施設日帰り温泉のみ)
駐車場;60台


 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/4038-8db618c8