皐月亭 ~福島県郡山市喜久田町~

そろそろ巡回訪問しようかなぁ~と思っていた矢先に、お店のFBに限定提供メニューの告知があり、まんまと釣られて暖簾を潜りました( ̄∇ ̄*)ゞ 旧会津街道沿いの「皐月亭」さんです。

皐月亭

「こんにちは~(o^-^o)」

と訪ねたら

「あれ、   ですか?ヾ(^▽^*」

と読まれてました(〃'∇'〃)ゝエヘヘ

「醤油チャーシュー麺 極み (950円)」 ※FB告知の限定メニュー

皐月亭 醤油チャーシュー麺 極み

わわわ♪ヽ( ̄▽ ̄)ノ FBに挙げられていた写真の通り、丼を埋め尽くすように敷き詰められた豚バラチャーシューが大迫力です(>▽<)b 最近はこのタイプの肉盛り系には、そう簡単にノセられなかったのですが、今日はとってもその魔力に坑がえませんでした。

豚バラチャーシューは、やや薄目のカットでスープの熱でアッと言う間にトロトロ食感です♪ でもこの厚みならスープが冷めてしまう事もなく、巧く的を射た仕立てです。

皐月亭 醤油チャーシュー麺 極み

バラチャーシューの脂身までチャーダレの醤油テイストが染み入っていて美味し! 塩味もちゃんと効いているから、スタンドアローンでそのまま美味しいですね。 そんな豚バラチャーシューが何枚有ったか数えなかったけど、丼を覆い尽くして尚余裕のボリュームです。

皐月亭 醤油チャーシュー麺 極み

スープにはしっかりとしたラード油膜が見られ、ほとんど湯気さえ立たないほどです。 その油膜にバラ肉チャーシューからのゼラチン質やコラーゲン分、豊かなチャーダレのフレーヴァーが加わり、なかなかリッチな味わいになっています。

ベーススープは若干のうるみのある動物系素材スープ。 多分、地鶏と豚骨の炊き合わせじゃ無かろうかと思います。 しっかりと炊き切られていて、スープからは完熟度を示すような豊かな香り立ちが伝わって来ます。

そこに醤油ダレの一塩のアクセントが活かされた力強い味わいが効かされます。 例の三年熟成の自然派醤油があしらわれているそうです。 余計な旨味が加えられていない醤油の、ピュアで一本芯の通った味わいが思いきり良く通されていますね(o^-^o)

皐月亭 醤油チャーシュー麺 極み

麺は京都の名門「麺屋 棣鄂 (ていがく)」謹製のストレート細麺。 低加水タイプで切り歯26番のそれは、ツルッと滑らかな舌触りで、小麦粉の香りが鼻腔に届くシロモノ。 この滑らかな舌触りの麺に、押し味に富む醤油味スープがたっぷりと絡んで口中を満たしてくれます。

なかなかインパクトのある味わいながら、全く諄さのカケラも無く、後に残るのは豊かなベーススープとの味わいと、膨らみのある醤油の風味の残り香の余韻でした。

このメニューは店内には提供中といった案内は何もなく、FB告知を見た旨申し出たお客様にだけ供されます。 お店の事情で提供される日は決まっていなくて、およそ月一くらいのタイミングで登場するようです(*^-^)




皐月亭
福島県郡山市喜久田町四十坦8-25
電話;024-925-6321
営業時間;11:30~22:00 (L.O.21:30)
定休日;元旦のみ
駐車場;テナント敷地内に供用10台分ほど


 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/4032-90bc7200