ふくしまラーメンショー2016 「中華そば しながわ」

チャンスがあれば、フィナーレにもう一度行こうと思っていた「ふくしまラーメンショー2016」でしたが、スケジュールが立たないままに、この日の午前中の訪問が最後となってしまいました。

中華そば しながわ

その最後の一杯は「中華そば しながわ」さんで締める事となりました。 今回の出店社さんの中でも、個人的に最もイメージを膨らませていたお店です。 実際に開幕してみると、会期中ほとんど行列が途切れることなく、その人気の高さは来場者が裏付けた事になります。

「中華そば (中華そば しながわ)」

中華そば しながわ

やはりもう一度確かめておきたかったんです。 決して派手さのない、シックな中華そばであるこは間違いありません。 どちらかと言えば、軽快なタイプですが、啜るほどに美味しいんですね。

中華そば しながわ

何と会場のブース内で粛々と仕込みを続けていたというチャーシューは、共に肩ロースと言う事だけど、ちょっと脂身の多いバラ肉っぽい部位と、典型的な肩ロースの部位の二種盛りとされています。 出来たて新鮮の底力は、間違いなく伝わって来るもので、やや淡白な自然派スープに華やかな旨味を楽しませてくれます。

中華そば しながわ

スープは丸鶏に豚骨を主体としており、厚削りやニボシなのでしょうか? 魚介系のスマートな旨味と香りが感じられます。 醤油ダレにはブース内で調理されたチャーダレがブレンドされているそうで、これがまた旨口成分を下支えしているのかも知れません。

中華そば しながわ

麺は多加水中麺があしらわれており、前夜製麺の一晩寝かしなのだそうです。 ツルリと滑らかな舌触りで、結構麺の表面のグルテンが浮いてくる感じです。 そこに柔らかくしっとりとした旨味のスープが噛んで来て、麺自体に旨味が乗り移って感じられます。 醤油ダレはマイルドな効き方ですが、このマイルド感の中に流れる芯の通った旨味が心の琴線に触れてきました。
 

コメント

個人的に1番、興味津々だったコチラ。
期待通り?それ以上のお味でした。
今年も中途半端な参戦になり、フルコンプは
断念しましたが、何と私の妻が粛々と通い
フルコンプしました(笑) 自分もブログアップは
6店舗でしたが昨日夜な夜な妻に連行され
2店舗食しました。出店危ぶんだモヒカンさんの
一杯と地元福島麺組さんです。想像以上に
美味しかった豚骨とビジュアル的にグダグダに
なってしまった味噌鶏白湯、、、
美味しかっただけに残念でした。
無芸さんも盛り上げに尽力され、本当にお疲れ様でした。
今年は8店初出店という事でスゴく楽しませて頂きました。
本当に想像以上のお店ばかりで美味しかった。
来年も楽しみです!天気の神様に今から願かけします!晴れ晴れ晴れ!お願いします。長文失礼しました。
2016/ 05/ 05( 木) 23: 40: 20| URL| maxmax# nirwQam2[ 編集 ]
 
出店社さんにとって、7日間の野外イベントってのは、かなりしんどいものですが、催事ラーメンの域では無い、素晴らしい味わいを楽しませてくれましたね(o^-^o)

良い余韻に浸りながら、GW明けの仕事と共に、何時もの生活に馴染んでくるのが、ここ5年のパターンになって来ました(^◇^;)
2016/ 05/ 06( 金) 18: 49: 22| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/3992-ce1e7cdc