ふくしまラーメンショー2016 [らぁ~めん京・灯花・福島ラーメン組っ!]

前記事に引き続き「ふくしまラーメンショー2016」のレビューです。

京都祇園 らぁ~めん京 (みやこ) (京都府東山区)

ふくしまラーメンショー2016 京都祇園 らぁ~めん京

意外とこってり系の多い京都から、こってりだけど後味に諄さの無い鶏白湯を携えて出店して来た「らぁ~めん 京」さんです。 京都の本店の他に、兵庫県や奈良県にも店舗を持ち、7軒体制のグループ店です。

「ぎおん鶏白湯 鶏そば」

京都祇園 らぁ~めん京 ぎおん鶏白湯 鶏そば

徳島県のブランド鶏「阿波尾鶏」の鶏ガラをベースに、玉ネギやニンジンなどと共にじっくりと炊いた白湯スープです。 スープは非乳化タイプで、すっきりとした軽快感の中にも、鶏ガラや野菜の旨味成分か甘味と共に表現されています。 載せモノには鶏チャーがあしらわれておれり、こちらは柔らかくふっくらとした食感です。

ローカル色の現れる九条ネギや焼き筍があしらわれており、熟成細麺のコキッとした歯触りの良さと、スープの絡みの良さで口中にスープが満たされてきます。 ビジュアルの良さもかなりのもので、こちらも早々に行列が出来ていました。

鯛塩そば 灯花 (東京都新宿区)

ふくしまラーメンショー2016 鯛塩そば 灯花

「塩つけ麺 灯花」として2012年に旗揚げされたお店は、2015年4月、ちょうど一年前に「鯛塩そば 灯花」へと名実共に進化しました。 ボクらにとってちょっと身近な話題で掘り起こせば、昨年「東洋水産(マルちゃん) 第7回最強の次世代ラーメン決定戦」で、「福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊」の前代表「麺処 若武者(二本松市)」と最後までデッドヒートを繰り広げ、逃げ切りで優勝を納めたライバルとしても記憶に新しいところです。

「愛媛宇和島 鯛塩そば」

鯛塩そば 灯花 愛媛宇和島 鯛塩そば

愛媛県宇和島から毎日生のままで送られてくる真鯛と水だけで出汁を引いているそうです。 実際の処、かなり濃い出汁が引けています。 鯛の皮目に感じられるコラーゲンが伝わって来るような、大変に手の込んだスープです。

張りのあるストレート細麺が合わせられており、たっぷりとスープを含んで口に運び上げてきます。 鰹節や煮干しなどの乾物系素材とは異なる、生魚から引かれる出汁ですので、一風変わったテイストが楽しめます。

「福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊」

ふくしまラーメンショー2016 福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊

地元から出店となります。 今年は味噌味仕立ての「福島鶏白湯」の初お披露目となりました。 味噌自体もメンバー自ら福島県産大豆で製造してしまうという入れ込みようです。 今日の開催寸前に最終的な味決めを行ったそうですが、果たしてその味わいは?

「熟成味噌肉盛 福島鶏白湯」

福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊  熟成味噌肉盛 福島鶏白湯

これはっ!Σ(゜▽゜;) なんて美味しいんでしょ! 自分達で味噌作りまでやった甲斐がありましたね(>▽<)b 味噌が活かされています。 ベースの鶏白湯は微乳化でクリーミーな舌ざわり。 そこに味わい豊かな味噌がしっかりとマッチしています。

熟成太縮れ麺もスープのチカラに負けない逞しさ。 贅を尽くして載せられた三枚の豚バラチャーシューが、また良いお味を楽しませてくれました。 味噌の味わいで鶏白湯の風味がマスキングされていなかったのも素晴らしいですね(o^-^o) 素晴らしき寸止めの技でした。
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/3976-6fd1a9ea