【2016年桜巡り】 大和田稲荷神社の子授け桜

昨年は満開期を逃してしまい、2年ぶりの訪問になった「大和田稲荷神社の子授け桜」です(o^-^o) 今年はほぼ満開のタイミングに巡り会えました。

大和田稲荷神社の子授け桜 #1
[2016/4/10 大和田稲荷神社の子授け桜 #1]  <↑ Clickで拡大>

ちょっとした森のような丘に向かって、短い表参道に二つの鳥居があります。 赤い鳥居は稲荷神社に良く見られるもので、手前の鳥居は石造りとなっています。

大和田稲荷神社の子授け桜 #2
[2016/4/10 大和田稲荷神社の子授け桜 #2]  <↑ Clickで拡大>

このエドヒガンの巨木は、樹齢こそ判然としませんが、かなりのものです。 幹が二又になっているところに跨れば、子宝が授かるとされた事から「子授け桜」と呼ばれるようになったそうです。 前回訪問した時には、幹の二又にアルミ製のハシゴが掛けられていましたが、今回は気が付きませんでした。 (※ 表参道側から見えないように、桜の樹の後側に架けられていた模様)

大和田稲荷神社の子授け桜 #3
[2016/4/10 大和田稲荷神社の子授け桜 #3]  <↑ Clickで拡大>

この桜は複数本が成長と共に癒着して大きな幹へと成長したのかも知れません。 普通の一本桜にしては勢いがアリ過ぎです。

大和田稲荷神社の子授け桜 #4
[2016/4/10 大和田稲荷神社の子授け桜 #4]  <↑ Clickで拡大>

初めて訪問した時には、菜の花は植栽されていたか記憶が定かではありません。 背後の竹林もちゃんと手が入っているようですかし、下草も刈られていたりと、地元の皆さんの信心深さが感じられます。

大和田稲荷神社の子授け桜 #5
[2016/4/10 大和田稲荷神社の子授け桜 #5]  <↑ Clickで拡大>

ちなみに、この神社のある集落では、大和田姓が非常に多いです。 歴史がひもとけたなら興味のそそられる郷土史になりそうです(*^-^)
 

コメント

子授け桜なんてあるんですね~。
ここに行っておけば三人目が出来てたかもなぁ~(笑)。
2016/ 04/ 23( 土) 00: 02: 12| URL| ree# -[ 編集 ]
 
え゛ぇ゛~~?!(⌒▽⌒;)
2016/ 04/ 23( 土) 16: 13: 02| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/3965-f4464c0d