枡はん ~福島県郡山市本町~

久しぶりに「枡はん」さんの暖簾を潜りました(o^-^o) ランチタイムを過ぎてからの訪問でしたが、客足が途絶える事はありません。 大多数のお客様は、“枡はんマジック”に心を奪われているリピーターさん方のようです。

枡はん

いつも訪問の度に「マーボー定食」に傾きそうになるのですが、店内に漂うチャーダレの香りに負けてしまいます( ̄▽ ̄i)ゝ 今回もまた同じ事の繰り返しですが、枡はんさんの漆黒ラーメンは、浮気を許さない魔力に満ちている訳です。

「濃口ラーメン (550円)」

枡はん 濃口ラーメン

相変わらずの漆黒具合。 本当に黒いなぁ~(^◇^;) たっぷりと張られた漆黒スープには、さほど油膜の厚みはありませんので、さほど寒い訳でもなく店内でも、盛大に湯気が立ちまくりますよΨ( ̄∇ ̄)Ψ

鶏ガラ清湯スープに、チャーダレや濃口醤油、調味料、乾物などで作られた醤油ダレが合わせられています。 立ち香には鶏ガラを感じさせるニュアンスはあまりありません。 香味野菜や乾物、旨味調味料などから引き出された旨味と甘味のトーンが一本通っています。

醤油ダレはその色合いとは裏腹に、醤油のフレーヴァーは効いていても、塩味のエッジが立つ事無く、後味にほんの少しばかりのビターさを残してディテールを引き締めています。

枡はん 濃口ラーメン

載せモノは昭和スタイルをそのまま今に伝えます。 ホウレン草のお浸しにナルト、刻みネギにバラチャーシューです。 このバラチャーシューがとんでも無い代物で、しっかりと芯まで染み入ったチャーダレの味わいが、少し甘めのスープにカツを入れます。

小振りなカットで2枚ばかりですので、スープに味わいの変化をもたらすほどではありませんが、この豚バラチャーシューをどのタイミングで口にしながら食べ進むべきかと、ほぼ全ての食べ手が考えるハズですよ。 これはこれで愉快です(*^▽^*)

枡はん 濃口ラーメン

麺は「青木生麺所」さんの多加水ストレート中細麺。 やや艶のある麺は、ニュルンとした滑らかな舌触りで喉に落ちていきます。 コシがあるような無いような、柔らか目ではあるけれど、決して伸びてはいないという、このスペックの麺だから、この漆黒スープと共に「昭和テイスト」が醸し出されているのかも知れません(*'ー'*)




枡はん
福島県郡山市本町1-14-3
電話;024-922-6279
営業時間;11:00~15:00(月~土)、11:00~14:00(日、祝)
定休日;不定休
駐車場;なし


 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/3958-dda08dd9