中華蕎麦 こばや ~福島県福島市松川町~

昨年10月に開店した「中華蕎麦 こばや」さんは、開店と同時に福島市のライジング・スターの一角を占めました。 福島ブランドの再興と生産者の繁栄を願う店主・廣田さんが、“食の安全とおいしい福島”を発信する為に、福島の地元食材を自然派仕立ての中華そばで挑戦しています。

中華蕎麦こばや

なかなか訪問機会が作れず、これでようやく2回目の訪問です。 午後の部の一番釜を頂けたばかりか、自己盛り一杯のセルフサービスで供される、これまた地元食材で仕立てられる「日替御飯」にもありつけました♪(〃∇〃)

「中華蕎麦 中盛 (750円+0円)」

こばや 中華蕎麦 中盛

前回は「煮干中華蕎麦」を頂いていたので、今回はニボ無しの「中華蕎麦」を所望しましたΨ( ̄∇ ̄)Ψ 漆黒系と称しても良さそうな濃ゆい色合いのスープからは、鶏出汁の香りと心惹かれる醤油ダレの香りが立ちます。

こばや 中華蕎麦 中盛

エゴマ豚で作られた2種類のチャーシューは、モモ肉はほんのりロゼ色で厚めのカット。 ねっとりとするような弾力と共に、肉の旨味を伝えてくる肉汁も感じられます。 色合いからは想像出来ないけれど、火入れ前にマリネされているのか、ちゃんと程良い塩味が感じられる一芸があります。

またバラ肉チャーシューはちゃんとチャーダレで煮込まれていて、濃い目の味付けに負けない肉と脂身の美味しさがあります。 肉の部位によって調理技法を変えて、共に美味しさの華を引き出しています。

こばや 中華蕎麦 中盛

細割きメンマはちょっとクラシック。 ノスタルジックなコリコリとした食感を演出して、一杯の丼の中に食感的なアクセントを添えています。

伊達鶏、川俣シャモ、エゴマ豚といった素材から引き出された旨味に、丸大豆を原料とした熟成濃口醤油の旨味と風味が効かされています。 熟成により旨味への変化転換がかなり進んで、塩味は減塩化して円やかになっています。

地元産の小麦粉を店内で石臼製粉して製麺される麺は、やはり白眉と言える素晴らしい仕立て上がり! ストレート中細麺は加水率低めでフスマが混じるもの。 小麦粉の風味は濃厚な醤油味スープに少々マスキングされてはいますが、一口啜って

「おぉ~! 美味いっ!(>▽<)b」

と、心の琴線に届く食べ心地です(o^-^o) 必要以上に硬質な歯触りを演出しないで、全粒粉ブレンドなれどゴリゴリ感の無い滑らかな舌触りの良さと、心地佳く喉に落ちていく感涙モノの食感です。

こばや 中華蕎麦 中盛

スープは自然派なのに信じられないほどナチュラルな旨味が広がり、ほんのりと甘さの絡んで来る味わいです。 塩味は行き渡っているけれど、決してエッジを立てない。 そんなスープがまるどトロリとするようにこの中細麺に絡んで口に運ばれてくるのですw( ̄▽ ̄;)w 参りました。 陥落ですヽ(。>▽<。)ノ

その甘いニュアンスのスープをディテールアップしてくれる胡椒も、白胡椒と言うところが嬉しいね♪ さすがです。

「日替御飯 (120円)」 (小鉢付き)

こばや 日替御飯「東和野菜とゴマ油のあじめし」

この日の「日替御飯」は、「東和野菜とゴマ油のあじめし」でした。 生姜風味が効かされていて、鶏肉も胸肉がゴロッと配されていて、程良くスパイシーで醤油味のコクとゴマ油の香ばしさの充実した味わい。

こばや 日替御飯「東和野菜のサラダ仕立て ワインヴィネガー風味」

また「小鉢」には「東和野菜のサラダ仕立て ワインヴィネガー風味」が用意されていました。 この野菜のレベルが飛び抜けていて、とにかく美味しくてビックリです!(;゚д゚) ワインヴィネガーの効かされ方もイタリアン・シェフの店長さんお手並みで素晴らしく、テイクアウトしたくなるほど。 素晴らしかったの一言ですね(>▽<)b




中華蕎麦 こばや
福島県 福島市松川町字関谷坂下71
電話;024-573-1106
営業時間;【昼の部】11:00~15:00 【夜の部】17:00~20:00 ※スープ無くなり次第終了
定休日;水曜日
駐車場;店舗敷地内に8台分ほど


 

コメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/ 03/ 04( 金) 01: 10: 25| | # [ 編集 ]
 
承知致しました。 また楽しみが広がります(o^-^o)

どうぞ良い旅を!
2016/ 03/ 05( 土) 11: 11: 08| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/3903-a74882ae