自家製麺 じゃじゃ。 ~福島県郡山市西ノ内~

ナント今年初の訪問になっちゃった「自家製麺 じゃじゃ。」さんです( ̄▽ ̄i)ゝ この日は祝日だったので、昼下がりに仕事場を一時閉店して、昼の部のギリギリに潜入成功です!ヽ( ̄▽ ̄)ノ

「つけ麺+マヨそぼろご飯 (750円+150円)」 ※味玉振る舞い頂きました(〃∇〃)

じゃじゃ。 つけ麺

あぅぅぅぅぅ(^◇^;) ちょっと多すぎたかな? でも久々の「じゃじゃ。」さんだから、満喫しちゃいましょう♪ヽ( ̄▽ ̄)ノ

じゃじゃ。 つけ麺

ツヤツヤの自家製極太麺は、全粒粉ブレンドでちょっぴり褐色寄りの色合いです。 冷水締めされた麺は、漬け汁を潜らせないで口にすると、グイッと押し返してくるような力強い弾力があり、プッツンと歯切れると小麦粉の香りがフワァ~っと鼻腔に届きます。

じゃじゃ。 つけ麺

漬け汁は分厚い油膜に荒切りのネギが散らされていて、ニンニクと濃厚な醤油ダレの香りが豊かに香り立ちます。 油膜効果もあって湯気は見えませんけど、漬け汁は熱々ですので猫舌注意です(#^.^#)

じゃじゃ。 つけ麺

漆黒の漬け汁の中には、豚バラチャーシューの炙りブロックがゴロゴロ♪ メンマはコリコリッとした歯触りで食感を楽しませます。 荒切りのネギは、熱々の漬け汁で糖化酵素が発動して、辛味は旨味へと変化し、サクサクとした食感が伝わります。

じゃじゃ。 つけ麺

“しょっぱさの極み”で楽しませてくれる漬け汁は、濃ゆい甘じょっぱさにニンニク、一味、コショウの辛味とスパイシーさが渾然一体となっていて、それはもう素晴らしいインパクトです。

そこに自家製極太麺を手繰って潜らせれば、強烈な歯応えはモッチリとした弾力へと一気に変貌します。 しっかりと噛むほどに美味しさが増してくる、店主の鼻薬がしっかりと擦り込まれた麺の美味しさに、心底楽しく頂きました。

じゃじゃ。 マヨそぼろご飯

「マヨそぼろご飯」は以前も食べて美味しかったん(〃∇〃) シンプルに白飯にほぐしチャーシューを載せて、小口ネギにマヨビームという構成ですが、濃ゆい漬け汁をチビッと口に含んでこれを掻き込みますと、もう堪らない口福感に浸れますよ♪

14時過ぎの訪問でしたが、常に10人位のウエイティングが続いていて、相変わらずのご繁昌ぶりでした。 頃合いを見て席に案内される前にオーダーをとってくれますので、着席から程なく所望品が提供されます。 良く考えられた客捌きのお陰で、キモチの上ではあまの“待たされた感”が無いのも精神衛生上ヨロシイです。




自家製麺 じゃじゃ。(じゃじゃまる)
福島県郡山市西ノ内2-19-12
電話;024-954-8606
営業時間;【昼の部】11:00~15:00 【夜の部】18:00~21:00頃 ※売り切れ次第閉店
定休日;火曜日、月一不定休あり
駐車場;店舗敷地内に2台分


大きな地図で見る
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/3889-039a2b10