支那そば 墨家 ~福島県郡山市安積町日出山~

日曜日は通し営業の「支那そば 墨家」さんを訪問しました。 実は今月から新作メニューが一点加わりまして、早速楽しませて頂きに参りましたよ♪

「中華そば (680円)」 ※ご祝儀でチャーシュー増し頂いたようです

墨家 中華そば

これまでは漆黒系で節がガッチリと利かされた「支那そば」がメインでしたが、本作は澄んだ薄口醤油の色合いも清々しい、ライトタイプの仕立てです。

墨家 中華そば

載せモノには、初登場のモモ肉チャーシューと巻かないタイプの豚バラチャーシュー。 コリコリ食感のメンマと小松菜のおひたし、刻みネギといったもの。 お初のモモ肉チャーシューは、しっとりとした弾力のある食感で、一見よりもジューシーさを感じさせる味わいです。 巻かない豚バラチャーシューは、しっかりとした噛み応えがあり、チャーダレの味わいが伝わって来ます。

墨家 中華そば

油膜の層はやや控え目で、小松菜の瑞々しさは口直しにもなって、彩りの良さも視覚に訴えます。 さて、注目のスープですが、最初の一口から鶏ガラっぽい風味が舌の上に広がります。 例によって自然派仕立てが踏襲されていて、旨味の押し出しは控え目です。

明るいアンバーカラーの色合いで想像される通り、薄口醤油がメインの醤油ダレは、これまたベーススープの繊細さをマスキングしない程度に柔らかな効き具合です。

墨家 中華そば

自家製麺は、多分「支那そば」と同じ切り歯だと思われましたが、麺帯がやや薄く伸されているのか、少し麺線が細身です。 軽く手揉みされたのか、ウェーブが掛けられていました。

滑らかな舌触りと噛めばふっくらとした弾力を感じ取れます。 打ち粉のせいもあるかも知れませんが、ややグルテンの流れ出しは見られました。 軽快な味わいでスルスルと食べられる心地好さがありました。

「焼き餃子 (5個・280円)」

墨家 焼き餃子

自家製餃子は、皮はパリッと、餡はジューシーに、美味しく楽しめました(o^-^o)




支那そば 墨家
福島県郡山市安積町日出山2-16
電話;024-907-2072
営業時間;【昼の部】11:00~16:00 【夜の部】17:30~20:00 【日曜日】11:00~20:00
      ※売り切れ次第閉店
定休日;月曜日 ※月曜日が祭日の場合は火曜日
駐車場;店舗敷地内に15台分ほど


 

コメント

パッと見は全然『墨家』さんだとは思いませんね!
これは早速食べに行かなくちゃ♪ (^O^)
2016/ 02/ 16( 火) 20: 14: 52| URL| のんびりっち# -[ 編集 ]
 
完全に漆黒支那そばが焼き付けられていますから、確かにこのビジュアルだけでは「墨家」さんと言い当てられないでしょうね(o^-^o)
2016/ 02/ 16( 火) 20: 58: 09| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/3883-4239df21