麺屋 信成 ~福島県郡山市富田町~

ようやく今年の初詣が叶った「麺屋 信成」さんです。 すっかり漆黒禁断症状がキテましたが、最近「福島鶏白湯」には「自家製麺 工藤」さん特製の麺がコラボ提供されていると聞きますし、どっちも食べたくて困った挙げ句・・・

「黒しょうゆらーめん (800円)」 ※工藤麺仕様

信成 黒しょうゆらーめん

なんと夢コラボを叶えて頂きました!ヽ( ̄▽ ̄)ノ 特製工藤麺で黒しょうゆ!(>▽<)b あぁ、ありがてぇ~♪

豊かに香る濃厚な醤油フレーヴァーは、甘やかさを漂わせながらパンチの溢れたモノです。 ほの辛味のある水菜、そぎ切りのネギは軽く水晒しで辛味が抜かれ、大振りな拍子切りの柔らかメンマ、丼の半分近くを覆い尽くすチャーシューは、柔らかく旨味あるモモ肉と、程良く脂身の妙を楽しませてくれる肩ロースチャーシューの二種盛りです。

信成 黒しょうゆらーめん

漆黒スープは丸鶏や豚ゲンコツなどを炊き合わせた清湯スープに、秘伝の多種ブレンドの醤油ダレで味決めされています。 魚介系素材は使われておらず、それでもスープには豊かな旨味が満ちています。 粗挽き黒コショウが最初から振られますが、このスパイシーさと甘さを伴う香りがと辛味が、漆黒スープの甘味を引き出しながら、味わいのディテールを整えています。

信成 黒しょうゆらーめん 工藤麺

もう一つの主役・工藤麺は、全粒粉ブレンドのやや加水率低めなストレート中細麺。 張りのある歯触りと、リズミカルな歯切れの食感、舌の上をスルリと滑るように喉に落ちる舌触りと言い、その全てが高次元の出来映えで、ひたすら驚かされるばかりです。

スープの絡みも上々ですが、麺自体にスープの染み入りはかなり少なく、でもガチガチ感なんて全く感じさせません。 濃厚でパンチの聞いた黒しょうゆスープと共にあっても、ちゃんと小麦の風味が主張するというタフネスぶりには瞠目させられました(;゚д゚) なんだこの麺?!

どうも今日の工藤麺は、工藤くん曰く「100点の出来」だったそうです。 工藤の100点は掛け値無しの100点です。 嬉々とした笑顔で(多分、想像に難くありませんww)、店主・海野さんに託された麺は、確かに凄かった! 今日はこの麺を食べられて嬉しかったです。

ただ良かったけど、良すぎてガチンコになりましたね(^◇^;) これは最初から店主・海野さんも予想していた通りです。 スッゴク良いもの同士を合わせると、どっちも引かないので主役のTWO TOPになっちゃうんですね。 それでも決してケンカでは無いのです。 とても緊張感に満ちたクォリティーのツバ迫り合いの中で、調和というカードが見えなくなります。 これが工藤麺を黒しょうゆらーめんに合わせない理由だそうです。 納得・・・( ̄  ̄;) うーん でも美味しかったし、とても希有な体験が出来ました!

「替え玉 (200円)」

信成 黒しょうゆらーめん 替え玉

追いかけで通常に組み合わされているストレート中細麺の替え玉を頂きました。 こちらは工藤麺を楽しんだ後だけど、決してダメなのじゃ無くて、半歩退いてスープが最大限に活きるようなチューンです。

信成 黒しょうゆらーめん 替え玉

委託製麺ですが、その道のプロ中のプロが、心血注いで仕立て上げた麺は、いつもの通り程良く漆黒スープが麺に染み入って来て、少しずつ麺のグルテン分がスープに溶け出しながら、美味しさの高みへと徐々に押し上げてくれる秀逸さです。

今日はまた色々と考えるきっかけを作って貰いました。 海野さん、ありがとうございました(o^-^o)




麺屋 信成 (しんせい)
福島県郡山市富田町坦ノ腰-72-2
電話;024-951-2876
営業時間;11:30~最長20:00
     ※売り切れ次第閉店ですが、最近は15時位で暖簾落ちしています
定休日;水曜日
駐車場;店舗前に供用10台程度


より大きな地図で 麺屋 信成 を表示
 

コメント

2016年の初ラーメンはコチラでした。
やはり黒醤油禁断症状ですw
その時も麺は工藤製麺だったんでしょうか。
私は黒醤油、主人は鶏白湯だったんですけどね。
2016/ 02/ 06( 土) 16: 08: 20| URL| さほっち。# -[ 編集 ]
 
黒しょうゆ中毒・・・ さほっち。さんもハマりましたか♪(>▽<)b

年明けには既に「福島鶏白湯」の麺は、工藤麺になっています。 「黒しょうゆらーめん」は、今のところ従前通りですが、その方がバランス良く頂けると思います。
2016/ 02/ 07( 日) 21: 07: 08| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/3870-1ad801ce