昼ふろや ~福島県郡山市安積町荒井~

定期巡回先の1軒、「昼ふろや」さんを訪問しました。 何やら年明け早々、またもやマイナーチェンジが行われたようです。 今回頂いたのは久々の指名品。

「赤みそ支那 (850円)」

昼ふろや 赤みそ支那

「みそ支那」辛ぁ~いVersionですね。 もうその色合いからして辛いww でもフワッと立ち昇ってくるのは、辛そうな香りではなく、伝家の宝刀・魚粉の芳醇な香り立ちです。

昼ふろや 赤みそ支那

ベーススープは多分鶏出汁の清湯だと思います。 地元産の味噌を自家調整した味噌ダレと合わせると、味噌自体の味わいに押され負けしない旨味が伝わって来ます。 でもゴテゴテな旨味のぶつかり合いではなく、あくまでもスマートなマッチの仕方です。

昼ふろや 赤みそ支那

味噌スープの旨味に沿うように、甘味が仕込まれており、辛子のホットを塩梅良く繋いでいる感じです。 薬味のネギは小口ネギ、削ぎ切り、白髪ネギの三種混合。 白ゴマやフライドオニオンもあしらわれていて、複雑な味わいへと一役買っています。

昼ふろや 赤みそ支那

スープに隠されていますが、載せモノには肉の味わいをちゃんと伝えてくるチャーシューと、大振りながらふっくらと柔らかく炊かれたやや甘めなメンマ、半カットの半熟味玉と隙のない盛りだくさんなもの。

昼ふろや 赤みそ支那

麺は多加水系平断面縮れ中太麺。 ツルツルとした舌触りと、軽目のモチモチ感を伝えてくる噛み心地。 中量級の辛味噌スープをゴテゴテにならない程度にスープを絡み取ります。

スープの温度が落ち着いてくると、辛味噌スープの美味しさがより一層華開いてきて、白飯ドボンで完汁したくなるような誘惑を断ち切るのが大変でした(>▽<;;




昼ふろや
福島県郡山市安積町荒井字林の越1-7
電話;024-946-2122
営業時間;11:30~13:30 ※夜の部の「食菜酒楽 Fu-Ro-Ya」営業準備の為、お休みを頂いたり早仕舞いもあります
定休日;土・日曜日
駐車場;店舗前と裏に合計10台


 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/3853-bbf790a7