皐月亭 ~福島県郡山市喜久田町~

郡山市のラーメン激戦区内で15年も暖簾を掛け続けている「皐月亭」さんを訪問しました。 創業から程なくの頃に一度訪問していますが、あまりに永い年月を経ていますので、以前の記憶は全く当てになりません。 と言うよりも、10年以上の年月は、昔の印象を一蹴するような素晴らしい進化をもたらしていましたw( ̄▽ ̄;)w

皐月亭

実はこの日限定で「鶏ポタsoba」なる鶏白湯系の先行試作品が少量供されるとの情報を得て、

「これは面白そうだな(〃∇〃)」

と思っていた矢先に、たまたま夕刻の配達ルートが重なり、再訪のお膳立てが揃いました(*^▽^*)ゝ

丁度店主さんがおられましたので、興味津々だった「鶏ポタsoba」を尋ねてみたら、既に完売されていました(^◇^;) まあ、ボクの訪問時間が遅すぎました。

ではではと言う事で、ざっくばらんにオススメを伺いそれに従って所望しましたのがこちらです。

「鶏そば (690円)」 ※数量限定

皐月亭 鶏そば

開店15周年を期に、従前とは異なる新しいスタイルのラーメンへの挑戦して、生み出されたのがこの「鶏そば」だそうです。 アサガオ型の真っ白な丼も、本作の為に誂えられたのでしょう。 かなり気合いが入っていますね(o^-^o)

皐月亭 鶏そば

地鶏から引いたスープにチー油の油膜。 三年熟成醤油を火入れしないでそのまま用いる生醤油仕立てとされています。 キリリとシャープな効き具合の醤油テイストながら、長期熟成ならではのアタリの柔らかさと増幅された醤油自体からの旨味が感じられました。

皐月亭 鶏そば

載せモノには穂先メンマと豚バラチャーシュー、半熟味玉、海苔、カイワレ、刻みネギが合わされています。 地鶏スープからの旨味は圧倒されるほどでは無いですが、香り立ち共々親しみ易さがあります。 言わば“ヤリ過ぎちゃった感”の無いスマートさです(*^-^)

皐月亭 鶏そば

麺は京都の名門「棣鄂(ていがく)」さんの切り歯26番の低加水ストレート細麺。 確かな弾力を感じさせつつプツプツっと切れる歯触りの良さは流石です。 棣鄂さんの麺、イイですね♪

店主さんから色々とお話を伺えましたが、「こりゃあ確かにラーメンに“愛と情熱”を傾けておられるなぁ~」と伝わって参りました(o^-^o) 尚、木・金曜日は、店主さんが不在の事が多いそうで、この「鶏そば」の提供がされていない事が多いそうです。 コレ目当てで訪問の折にはご注意を。




皐月亭
福島県郡山市喜久田町四十坦8-25
電話;024-925-6321
営業時間;11:30~22:00 (L.O.21:30)
定休日;元旦のみ
駐車場;テナント敷地内に供用10台分ほど


 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/3807-6d0ca442