菜華軒 ~福島県白河市新白河~

隣県那須町の曼珠沙華撮影の帰り足に、遅くなってしまった昼食を摂りに初詣してきた「菜華軒」さんです(o^-^o) こちらは地元在住のお友達の激推しのお店。 それも一人二人では無く、何人もの方々が口を揃えての推薦店です。

夜の部が始まって30分ほど経ってからの訪問になっちゃったら、既にお店の前の駐車スペースは全て埋まっていましたΣ(゜▽゜;) さて期待を膨らませながらここまで来て、駐車スペース如きで諦める訳には参りません。 ちらっと入店して駐車場の有無を尋ねてみたら、真向かいのビジホの敷地内でOKと言う事で、わざわざお店の外まで出てきてくれて指差し教えてくれました。 ありがたい!ヽ( ̄▽ ̄)ノ

菜華軒

幸運なことに席も取れて、色々な”お店のルール”を読み解きながら、お品書きを熟読します。 降着のお客様が先にオーダーを発してしまうほど、お品書きを読み込んでいたのですが、実は訪問の前に所望品を決めていなかったのです。 とりあえず「カツカレー」だけは「ご飯が二合ほど盛られている」というアラートを覚えていましたので、自分の足元に落とし穴を掘らないように注意(`・ω´・ ;)

「ギョウザ (6個・380円)」

菜華軒 ギョウザ

これは外してはイケない!との多数のアドバイスがあった、お店の人気メニューの焼き餃子。 ちょっとモッチモチとした食感の皮は、やや厚手の仕立てですが、お陰で餃子同士が融着し難いかな?

何よりも印象的なのは、焼きたて熱々は別として、イマドキなかなかお目に掛かれない、“ニンニク祭り”の風味と共に、ちょいと辛味も効いている餡。 サイズ自体はそんなに珍しくありませんが、食べ応えを伝えてくるのはやはり力強い餡と、負けじコシのある皮のコラボレーションでしょう。

「ハーフセット (850円)」 (半ワンタン麺+半中華丼)

菜華軒 ハーフセット

“麺もご飯も食べたい方へ”という、心優しいお店の気遣いコメントに引き寄せられて、お得なセットメニューに手を染めてしまいました(>▽<;;

ところで“ハーフ”という書き出しは、一体何を指していたのか分かりません。 確かに丼もお皿も少し小振りではありますが、そこに盛りきられたボリュームは、世間一般の一人前よりも、もしかすると少し少な目かもね♪ ってレベルです(;゚д゚)

菜華軒 半ワンタンメン

モモ肉チャーシューは、白河ラーメンの大切な味筋たるスモーク下地の施されたタイプ。 味付けに生醤油のシャープな塩味と酸味、エッジの立った醤油の香りといったアグレッシブさは少ないですが、スモーキー・フレーヴァーに関しては第一級です。 薄くカットされたチャーシューは、歯切れの良さと程良い食感が表現されていました。

メンマは幅広薄手タイプで、程良く柔らかいのですが、味付けに関してはかなり薄味仕立てです。 何せ目を引くのはカイワレダイコン! 白河ラーメンでカイワレダイコンのトッピングを施して入るお店はそんなに多くは無いと思うのですがσ( ̄、 ̄=)

菜華軒 半ワンタンメン

ワンタンは餡少な目でチュルンとした皮の舌触りが楽しめます。 このワンタンがまた、半サイズのワンタン麺って自負を大きく裏切るありさまで、引き出しても、引き出しても、「ワンタンの泉じゃあるまいか?」ってくらい仕込まれています(^◇^;)

菜華軒 半ワンタンメン

スープはやや薄目の醤油味。 その色合いも淡口醤油をメインとしているのか、清湯スープのクリアさを損なわないものです。 ベーススープは鶏ガラがメインなのは伝わって来ます。 あまり押し味は強くありませんが、香味野菜からなのか柔らかな甘味もあって、毎日食べても飽きないと言うか、躰に障らないように感じられる優しさがあります。

強いて言えば、もうレードル一振り分の醤油ダレの存在感があったなら、味わいの印象は明瞭になるんじゃ無いかなぁ~と感じました。 でも、この日頂いた限りでは、ちゃんとセーフゾーンに入っています。

菜華軒 半ワンタンメン

麺は自家製かどうかは分かりませんが、伝統的な白河ラーメンのスタイルを見出すことが出来ます。 麺線は平断面の中太麺となっていて、多加水熟成タイプでしっかりとした縮れ加工がされています。 ツルッと滑らかな舌触りの中に、舌の上で小躍りするような麺の躍動感があります。 縮れの部位によっては、しっかりとしたコシの強さがあったり、はたまたしなやかな柔らかな部位があったりと、多岐に亘る変化豊かな食感です。

菜華軒 半中華丼

中華丼も半量とは言え、少な目の一人前ってレベルのモリモリ加減。 味付けは白餡と醤油餡からリクエストを聞き届けて貰えます。 今回は醤油餡でしたが、白菜や筍の水煮、人参、小松菜、豚肉にウズラの卵の水煮といった具材がキッチリと揃えられています。

菜華軒 半中華丼

やや旨味調味料の押しが強いように感じましたが、醤油味の効かせ方に半味のチカラがありましたので、結果的には旨いバランスの落とし所にハマッていました。

それにしてもこのHalf & Halfのコスパは凄いですね('д'|l!) 開業から30年ほどになる伝統暖簾なのだそうですが、こう言う地元の皆様に愛されるお店ってのは、方々にあるものです♪

いつの間にか店内に入れないお客様が、駐車場の車内で入店待ちをするほどの人気ぶり! それは、分かる気がしました(>▽<)b




菜華軒
福島県白河市新白河3-8
電話;0248-24-0312
営業時間;【昼の部】11:00~15:00 【夜の部】17:00~21:00 (LO 20:30)
定休日;月曜日
駐車場;店舗前敷地内に4台 ※満車時には向かいのビジホの駐車場がお借り出来るようです


 

コメント

大衆中華食堂の聖地へようこそw

美味しいお店はほかにもきっといっぱいあるのに、
なぜか菜華軒さんには他にはない人を引き付ける魅力がありますよね。
しかもメニューも豊富な上に、どれを食べてもこれまた旨いんだっけ。
お次は是非定食を食べにいらしてくださいな。
ちなみにおススメは豚肉の唐揚げ定食です( ̄∀ ̄)
2015/ 09/ 27( 日) 10: 04: 48| URL| にくきゅう# mQop/nM.[ 編集 ]
 
ようやく参上致しましたΨ( ̄∇ ̄)Ψ 白河市は訪問してみたいお店の宝庫です。 そしてにくきゅうさんのアテンドのお陰で、まず間違い無しの優良店が分かっちゃうという、とってもありがたい街でもあります(o^-^o)

「定食」ってカテゴリーが見いだせなくて、「昼の部だけの提供なのかな?」と思ったら、一品料理に定食組みってルールだったんですね。 オーダーしてから気付きましたが、次回はもう大丈夫です! 天津丼の甘酢餡仕様も、あまりにも魅力的です(〃∇〃)
2015/ 09/ 27( 日) 14: 59: 31| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/3694-62d4a05b