FC2ブログ

自家製麺 じゃじゃ。 ~福島県郡山市西ノ内~

昼食を摂るのがとても遅くなってしまったので、これを逆手に「自家製麺じゃじゃ。」さんの夜の部営業に潜入致しました(>▽<)b 開店直後は思ったよりも穏やかな客足でしたので、以前から試してみたかった食べ方を、店主・じゃじゃの理解と協力を得て決行しましたo(*^^*)o

「つけ麺 小盛 +温泉玉子 (700円+100円)」 ※小盛りは400g 味玉振る舞い頂きました

じゃじゃ。 つけ麺 小盛 + 温泉玉子

フッフッフッ( ̄∇ ̄)ニヤッ 実はここで小盛りに抑えておくのには、この先の展開が控えているからなのです。 温泉玉子は、通常は小さな器に入れられて来て、食べ手の好みで漬け汁に投入するってのが一般的なスタイルですが、これも深めの器にチェンジして頂いています。

じゃじゃ。 つけ麺 小盛

漬け汁はブレ無くいつも通りの“しょっぱさの極み”で食べさせる、スパイシーさと濃厚さ、そして適度なホットさを全部足し算しちゃったパンチ溢れるもの。 漬け汁の中には、炙りを掛けられたブロック切りの柔らか豚バラチャーシューがゴロゴロ♪(〃∇〃) ザクザク切りのたっぷりネギは、熱々の漬け汁で糖化酵素が発動して、シャクシャクとした歯触りを残しながら、辛味よりもナチュラルな甘味を楽しませます。 メンマは細割きタイプで、少々歯応えを残してその存在感を表しています。

じゃじゃ。 つけ麺 小盛

艶やかな自家製ストレート極太麺は茹で上げ後に流水〆される冷や盛り仕立て。 洗い締めされているから、豊かな弾力に満ちた噛み応えがあり、噛み切ると小麦粉の香りがブワッと放たれます。

鶏出汁を始めとするベーススープの上に構築される超濃厚テイストの醤油味は、ニンニクや辛子、粗挽き黒コショウなどがバチコ~
ンと利かされていて、甘味と塩味、リッチな醤油テイストがガチのせめぎ合い。 ラード油膜が更にそのパンチ力を押し上げますが、これでチグハグな味にならないのがじゃじゃ。のつけ麺です(o^-^o)

じゃじゃ。 つけ麺 小盛

あれだけ強靱な歯応えがあった極太麺も、熱々の漬け汁を潜らせたら、ほんの数秒で驚くほどしなやかさに変貌します。 ツルッと滑らかな舌触りと、コシの強さだけは決して失わない程良い弾力を楽しみながら噛むほどに、濃厚スパイシーな漬け汁と共に、麺からジワジワと甘味が感じられるようになります。

で、何手繰りが楽しんだところで、小丼にお国替えした温泉玉子の出番ですo(^^o)(o^^)oワクワク

じゃじゃ。 温泉玉子

漬け汁を潜らせてほのかに麺に熱が移った頃合いを見計らって、温玉丼にパス! 温玉を割り絡めて、すき焼き風のつけ麺を頂きます!

じゃじゃ。 つけ麺 小盛 + 温泉玉子

おぉ~♪(>▽<)b やっぱり想像通りに、濃厚マイルドになりますね! 温玉一個で三回くらい手繰れますから、味わいのバリエーションとして充分に楽しめます。

小盛りの極太麺を頂ききったところで、次なるチャレンジは細麺による替え玉作戦ですヽ( ̄▽ ̄)ノ

「替え玉 (100円)」

じゃじゃ。 替え玉

今回はお初の試みでしたので、細麺替え玉は茹で上げたままの温盛り状態です。

じゃじゃ。 つけ麺 漬け汁スープ割り

そこに漬け汁をスープ割りにして頂き、熱々の回復と、スープの持ち上げの良い細麺でも、しょっぱくならないように濃度調整を兼ねました。

じゃじゃ。 スープ割り細つけ麺

自家製細麺は、温盛りで上げもらっても、パツッとした硬質感のある歯触りは変わりませんでした。 勿論スープ割り漬け汁を潜らせて手繰っても、全然良い感じじゃ無いっスか!Ψ( ̄∇ ̄)Ψ

これなら茹で時間を長めにして洗い締めしても良さそうです。 スープ割り漬け汁は、仕上げの割りスープ濃度よりもややしょっぱ目が正解のようです。

いやいや、一杯で替え玉込みの三度美味しいじゃじゃ。つけ麺でした( *´艸`) じゃじゃ、ありがとう♪




自家製麺 じゃじゃ。(じゃじゃまる)
福島県郡山市西ノ内2-19-12
電話;024-954-8606
営業時間;【昼の部】11:00~15:00 【夜の部】18:00~21:00頃 ※売り切れ次第閉店
定休日;火曜日
駐車場;店舗敷地内に2台分


 

コメント

じゃじゃさんは未訪問ですが
福島駅のくをん・えなみさんは実食済み
しょっぱさ極みな味を楽しむのに
スキ焼きのように玉子に付けるなんて
こんな楽しみがあったのね~~
そして、コチラは細麺もあるし
それをスープ割で楽しむなんて
すごく羨ましいです
ちなみに、細麺は黄色く見えますが
標準の麺より中華麺らしいのでしょうか?


2015/ 09/ 23( 水) 20: 35: 10| URL|  案山子# -[ 編集 ]
 
じゃじゃは「くおん」さんの元店長ですからねΨ( ̄∇ ̄)Ψ じゃじゃの独自作では無かったにせよ、案山子さんは過去にじゃじゃの手になる作を食べているかも知れませんね。

彼の作は、味幅の広さを感じさせますので、色々と試してみたくなるんですよ。 また、そんな思惑をうけとってくれるじゃじゃに感謝です。

太麺よりも細麺の方がやや白い感じです。 店内の照明色温度や店内に影響する外光などで、なかなか正しい色再現が出来ません。 中華麺よりもずっと加水率の低いタイプですので、色合い的には中華麺よりも白っぽいです。
2015/ 09/ 23( 水) 21: 14: 33| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/3688-a131427e