ふくしまラーメンフェスティバル

2015年9月18日(金)から23日(水)までのシルバーウイーク期間中に、福島市鎌田の「ウィル福島 特設会場」で開催中の「ふくしまラーメンフェスティバル」を訪問して参りました。

ふくしまラーメンフェスティバル

かなり遅めに出立しましたので、会場に到着したのは17時頃。 開催時間は残り一時間ってところでしたが、適当に帰り足のお客様も出ていたので、会場隣の特等駐車場にデポ出来ました♪ メイン会場は少々コンパクトではありますが、良い意味で一体感が醸し出せていて、程良く圧迫感のない程度の臨場感に溢れていました。 何よりも10店もの出展社の炊くスープの香りが混じり合った香りってのは、本当にワクワクさせられましたo(*^^*)o

家内と二人ですので、シェアして食べるにしても、とうてい全店制覇は無理です( ̄▽ ̄i)ゝ こればかりはどうしようもありませんので、家内共々食べて見いたなぁ~思った4品目だけに絞って楽しんで参りました。 尚、出店作は基本価格は全店750円(税込)に統一されており、会場内のチケット売り場で購入・利用する事となります。 各店舗毎の有料トッピングは、各自現金支払いとなっています。

「マタドール(東京) 香る!牛醤油らーめん」

ふくしまラーメンフェスティバル 「マタドール」香る!牛醤油らーめん

牛骨、牛アキレス腱、牛スジをメインに香味野菜、魚介乾物、山菜などから引いたスープを、キリッとシャープな醤油味で仕立てているそうです。 あまり牛脂っぽい香り立ちは出ていないので、それと知らされないままに食べたら、牛骨系と気付く方はそう多くないと思います。

でも強い風味を意図的に出されていたら、好みの分かれる味わいと思われそうです。 印象としては醤油テイストが明瞭に効かされているのですが、旨味のタッチは極めて上品で、押し味よりも飲み干した後の引き味の軽快感に特徴が見いだせます。 また甘ダレしていない点も好印象でしたΨ( ̄∇ ̄)Ψ

ふくしまラーメンフェスティバル 「マタドール」香る!牛醤油らーめん

麺は作りたてを直ぐに頂ける状況では無かったので、ある程度割り引いて読み取って頂きたいと思いますが、見ての通り全粒粉ブレンドのストレート細麺です。 多分加水率は高めだと思います。 張りのある歯触りよりも、品の良いスープをたっぷりと絡めて滑らかな舌触りと共に口に運んでくれる働き者です。 臭みらしきものは感じず、柔らかく優しい旨味と、キリッと醤油味が効かされながらも、角の立った感じのない、上品ずくめのお味でした。

「金久右衛門(大阪) トロトロ角煮の金醤油らーめん」

ふくしまラーメンフェスティバル 「金久右衛門」トロトロ角煮の金醤油らーめん

塩ラ~でしたっけ?( ̄ω ̄;) と言うくらい、淡い色合いの淡口醤油仕立て。 パンフレットの商品写真とはかなり色合いが異なっていたので、何かミスでもあったのか?と思ったくらいでしたΣ(゜▽゜;) 最初の視覚的な期待度と全く異なるモノが出てきてしまったのですが、それは載せモノもまた然りでした。 仕込みが追いつかなくて、一部変更を余儀なくされたのでしょうか?

しかしながらお味の方は充分に満足行くものでした。 淡口醤油の塩味を、角煮(と言うか厚手の豚バラチャーシューって感じのお肉)からの脂質が、巧い具合に角を丸めていて、昆布にしては押しの強い甘味が伝わって来ました。 動物系素材からの強烈な印象は薄目ですが、多分豚ガラと鶏ガラのベーススープかと思います。

ふくしまラーメンフェスティバル 「金久右衛門」トロトロ角煮の金醤油らーめん

麺は中加水ストレート細麺。 しなやかな舌触りで、スープの持ち上げも上々です。 七味などの辛味を加えたら、ディテールは締まりが出るような気がしました。 終始行列の絶えない人気のお店でした。

「札幌ラーメン武蔵(北海道) 熟成味噌ラーメン」

ふくしまラーメンフェスティバル 「札幌ラーメン 武蔵」熟成味噌ラーメン

唯一の味噌ラ~にも終始行列が絶えませんでした。 熟成味噌の強いコクと白ゴマ、ショウガの加えられたスープは、ちょっと酸味も感じられてなかなかスマートです。 豚ゲンコツに豚骨、鶏ガラ、野菜などを炊いた清湯スープをベースにされているようですが、諄い感じが無いのは良いです。

ふくしまラーメンフェスティバル 「札幌ラーメン 武蔵」熟成味噌ラーメン

クチナシ色素入りなのか、縮れの強い中太麺は、多加水熟成麺。 強いコシのある食感の豊かさはなかなかのもの。 濃口スープが絡み過ぎない程度の、バランス感覚も良好な“ザ札幌”でした(o^-^o)

「気むずかし家(長野県) 鶏白湯ラーメン ネギ増し(+100円)」

ふくしまラーメンフェスティバル 「気むずかし家」鶏白湯ラーメン

4年ぶりの再会となった「気むずかし家」さん(o^-^o) まだ頂いた事のない出店社さんの誘惑を振り切って、敢えて名匠・塚田さんの鶏白湯を頂きました。

トロリと乳化したスープに、ニボシ系の味香がバチッと利かせてあって、ニボシのエグ味を感じさせないままに、濃厚な怒濤の旨味が口中を支配してきます。 唯一本品だけ追加トッピングを指定したのは、ネギ増しでしたが、これは最初から味わいがイメージ出来ていたからです。

ふくしまラーメンフェスティバル 「気むずかし家」鶏白湯ラーメン

低漂白タイプで全粒粉ブレンドのストレート細麺は、ドロリと濃度のあるスープをたっぷりと纏って、箸に重みを感じさせるほどのスープが絡みまくりです(>▽<)b 鶏の髄を感じさせる濃厚な旨味とチー油風味、ニボシの粉砕粉で底力を感じさせる旨味、もしかするとニボシ油も加わっているかも知れません。

ボクが初めて乳化した濃厚鶏白湯を食べたのが、「福島ラーメンショー2012」に出店していた「気むずかし家」さんの鶏白湯でした。 その衝撃の味体験は未だに忘れることは出来ません。 こうして再び福島県でこのラーメンが食べられた事は、私的にはとても嬉しい事でした(#^.^#)

会期の残りは今日を含めてあと三日。 ますますイベントが盛り上がる事を期待しますと共に、次年度以降の継続にも期待を掛けたいと思います。 楽しませて頂きました! 主催TUFさん、ありがとうございますヽ( ̄▽ ̄)ノ
 

コメント

残念ながら今回福島遠征ならず、、、
肝心なところに婚礼お呼ばれがあり
あえなく断念、、、悔しい。
でも、食べたいなと絞ったのが
偶然にも無芸さんとビンゴ笑
写麺みて慰めてます笑
恒例行事になる事を祈ります!
2015/ 09/ 21( 月) 12: 34: 35| URL| maxmax# nirwQam2[ 編集 ]
 
あらら、残念でしたねヽ( ̄▽ ̄i) 写真では伝わりきらないですし、悔しさが増長しちゃいませんか?

来年も是非、開催の道筋が立つと良いですね(>▽<)b
2015/ 09/ 21( 月) 14: 40: 56| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
自分は富山ブラックと尾道を食べました!

自宅からチャリで10分程の場所での開催は嬉しいです(^^)

もう一度行くとしたら味噌、牛、鶏白湯のどれかですかねー!

迷います(^^)
2015/ 09/ 21( 月) 14: 54: 06| URL| 酒乱# PSmrL8nU[ 編集 ]
 
そりゃあ迷わず「全部食っておけ!」です♪(゚▽^*)ノ⌒☆
2015/ 09/ 21( 月) 21: 17: 03| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
こんにちは
( ・∇・)無芸さん
ふくしまラーメンフェスティバル記事に
コメありがとうございます

まだ、未UP記事が
ありまして( ノД`)ネタバレに怖れ
UP終了したら
お邪魔しようと思ってました
(・∀・)ノ

最終日に嫁くんと
フェスへアタック( ・∇・汗)しました
早い時間に

お昼ころ帰ったのですが、、、
Σ(゜Д゜)うおっ!
道路は車大行列!!
流石ふくしまラーフェス


気むずかし家暖簾
マジハンパなく旨やべいかったです(涙)

尾道ラーメン康
こちらもΣ(゜Д゜)なんじゃこりゃ!旨!
でした(男泣)

2015/ 09/ 24( 木) 13: 28: 28| URL| TAKA# -[ 編集 ]
 
最終日は開場から閉幕まで終始大入りだったとか(o^-^o) ラーメンで沢山のお客様が集えるってステキですね。

来年も開催されるかなぁ~o(*^^*)o
2015/ 09/ 24( 木) 22: 54: 31| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/3687-fd664a17