とんこつらーめん 一 (HAJIME) 郡山本店 ~福島県郡山市安積町~

須賀川市の「釈迦堂川花火大会」会場の出店へ、生ビール一式を届けて基本セッティングを済ませて、道路のシャットアウト前に脱出して来ました。 郡山への帰路は車の流れも順調で、15時越えという食事を摂るには微妙な時間に帰り着きました(^◇^;)

ちょうど御食事処は、通し営業でなければ中休みになる時間。 さて、どうしたものかと走行中に考えていたら、多分通し営業しているハズの「とんこつらーめん HAJIME」さんを思い出しましたo(*^^*)o

とこんつらーめん一 (HAJIME)

ありがたいことに、見事に開店中♪(〃∇〃) お昼のピークタイムはとっくに過ぎていて、言わばアイドルタイムのはずでしたが、先客さまから降着客さままで、とにかく客足が途切れません! 人気ですねぇ~(#^.^#)

「HAJIMEらーめん (702円)」

とんこつらーめん HAJIME HAJIMEらーめん

背脂が敷き詰められた乳白色の豚骨スープからは、臭みらしき香りはほとんど感じません。 それ以上に際立つのは、茹でモヤシの香りの方ですね(o^-^o) 色鮮やかな万能ネギの色合いも美しいです。

とんこつらーめん HAJIME HAJIMEらーめん

豚バラチャーシューは醤油味がしっかりと染み入っていて、期待通りに脂身まで美味しい♪( *´艸`) 淡口醤油ベースの醤油ダレに、このチャーシューから染み出す煮汁の風味や旨味が加わり、味わいに押しと膨らみが加わります。

とんこつらーめん HAJIME HAJIMEらーめん

茹でモヤシは、イマドキの標準よりもややしっかり茹で仕様。 シャクシャクとした歯触りと瑞々しさは当然ですが、硬質な食感ではなくしっかりと火が入った感じです。 今更ながらコレが当たり前の“茹でる作法”なのだと再確認させられました。

大好きな細切りキクラゲは、コリコリとした歯触りと歯切れの良さがあります。 細麺と共に手繰りますと、二様の食感が感じられてこれまた一興。

乳白色の背脂は、舌の上でコロコロと転がるような舌触りとともに、塩味の角を円やかにします。 もっともスープは塩辛さがやや抑えてありますので、もしかすると醤油ダレは少々物足りなく感じるかも知れないほどです。

とんこつらーめん HAJIME HAJIMEらーめん

低加水タイプのストレート細麺は、今もそのスタイルを変えることなく、テンションを感じさせる歯切れの食感とともにプツプツッとしたリズム感が伝わって来ます。 スープの絡み、持ち上げも勿論充実。 ちょっとクリーミーで、それでいてそこそこ軽快感もあって後味に諄さの無い上品なスープが麺を手繰る毎に口中を満たしてくれます(>▽<)b

麺量的には地元の一般標準と照らし合わせてみて、ほぼ標準かやや少な目。 これは替え玉前提の誂えだからでしょう(o^-^o)

「替え玉 (157円)」

とんこつらーめん HAJIME 替え玉

マルっと一玉分の麺量となる替え玉で、第二戦目を楽しみますヽ( ̄▽ ̄)ノ 醤油ダレが添えられて来ますので、ここで少しアジコイメにして、卓上配置の白ゴマなんぞも降ってみます。

茹で立ての麺は、当然ながらパリッとした食感が再び楽しめます♪ 二玉目でも力を失うことのないとんこつスープの底力を、存分に満喫しながら、スープの残量を気にしないで一気に完食ですヽ( ̄▽ ̄)ノ




とんこつらーめん 一(HAJIME) 郡山本店 (HP)
福島県郡山市安積町荒井字北田24-2
電話;024(945)8545
営業時間;11:00~20:30
     ※スープが売り切れ次第閉店
定休日;ほぼ無休
駐車場;店舗敷地内に10台分程度

 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/3653-660f00ad