御食事処 不二家 ~福島県郡山市堂前~

金透小学校向かいの老舗食堂「不二家食堂」さんの暖簾を潜りましたヽ( ̄▽ ̄)ノ 実は最近まで駐車場は無いものと思っていたら、ちゃんと2台分指定駐車場があったんです。 今回はこの指定駐車場を使わせて頂き、車で訪問しても安心です♪

先ずは若女将が冷たい麦茶と冷たいおしぼりをサービスしてくれます。 ありがたい!(>▽<)b 蒸し蒸しとした夏の夜、心地佳い空調からの涼風と共に、一気にリラックスしてきます。 お陰で冷や中への迷いもフッ切れまして、こちらを所望しました。

「支那そば (550円)」

不二家食堂 支那そば

ネオ・クラシックな支那そば! 多分、ボクが「不二家食堂」さんに出入りし始めた頃から、佳き味筋を引き継ぎながら、徐々にイマ風に洗練度を高めてきていると思います。

ややアンバーカラーのスープは、多分豚ゲンコツや鶏ガラ、野菜とコンブなどから引かれたベーススープに、淡口醤油と濃口醤油、チャーダレなどがブレンドされた醤油ダレが合わされていると思います。

不二家食堂 支那そば

ラード油膜は薄目で、肩ロースチャーシューはほんのりピンク色♪ ちょっと薄切りですけれど、このお足から考えたら上々じゃあんませんか♪(〃∇〃) もちろんしっとりとした舌触りと柔らかさが活きています。

メンマはしっかりと発酵臭も抜かれていて、程良いコリッとした食感はありますが、筋っぽい感じは無く簡単にサバケます。 青菜のお浸しとタップリのさらしネギが、醤油味スープにヒタヒタと寄り沿いますね。

スープは雑味無くキレイに引かれた清湯。 動物系素材からの諄さの無い軽快な旨味に、野菜とコンブからと思われる甘味が後から追いすがってきます。 そこに効かされる醤油ダレは、さほどシャープな感じはありませんが、マイルドで優しいベーススープの隅々まで行き渡っているように、ジワジワと伝わって来ます。

不二家食堂 支那そば

あらい屋製麺さんの多加水系ストレート細麺は、滑らかな舌触りでたっぷりとスープを口に運び上げてくれます。 張りのあるタイプでは無く、少々ユル目な感じがフンワリと甘味の広がる滋味のある支那そばにマッチしています。

共添えされる香物の浅漬けが、シャキッとした食感と、塩味がありますので、この小皿一つで飽きることなく箸が進んでいるのかも知れません。 食べ手を優しく労るような、心の琴線に触れてくる支那そばです(*^▽^*)




御食事処 不二家
福島県郡山市堂前町14-1
電話;024-922-1150
営業時間;【昼の部】10:00~14:00 【夜の部】17:00~20:00 ※諸説あり確定はとれていません。
定休日;日曜日
駐車場;指定駐車場2台分あり


大きな地図で見る
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/3640-0498c782