FC2ブログ

中国飯店 なるき ~福島県郡山市富久山町~

6月もいよいよ下旬に突入したというのに、不安定な空模様に加えて、梅雨寒を思わせるような日和でした。 多分、でもそろそろ真夏日に突入しそうな先の予報でしたので、ここらで味噌ラ~の一時食べ納めと思い「中国飯店 なるき」さんを訪問しました。

「味噌ラーメン (850円)」※価格改定の模様

なるき 味噌ラーメン

しっかり炒め煮された野菜がタップリと盛られます。 並盛りでも標準的な大盛レベルに匹敵する、極めてボリューム満点なところは相変わらずです。

豚肉や挽肉などを具材として用いないで編み出される味噌スープは、豚ゲンコツと香味野菜中心で引かれたベーススープに、仙台赤味噌&信州白味噌を合わせて五香粉をあしらった独自ブレンドの味噌、そしてたっぷり野菜から引き出されたナチュラルな旨味で完成型が提示されるという、ちょっと個性的なものです。

なるき 味噌ラーメン

ところがこの味噌スープが絶品の美味しさ!(〃∇〃) 過分な油分に頼ることなく、味噌自体の美味しさをじっくりと楽しませてくれて、しかもほんのりと甘味が聞いていて上品な味わいです。

なるき 味噌ラーメン

コリコリのキクラゲがデッカイままに入っているのは個人的に嬉しい(>▽<)b ちょい甘めのメンマは、創業当時から変わらぬ伝統の味わい。 ちょっとした味わいのアクセントが、ラーメン全体の満足度を押し上げるってものです。

なるき 味噌ラーメン

自家製細麺は中加水タイプで最初はプツプツとした歯切れの食感を伝えて来ますが、徐々に味噌スープを吸い込んで来ますと、しなやかな舌触りとコシのある弾力を感じさせるようになります。 麺量も茹で前で200gと大変豊かですので、食べ応えもバッチリですよ♪

一味唐辛子やニンニクなどの辛味ではなく、五香粉によるスパイシーな薬味香でディテールアップされているのも「なるき」さんの味噌ラ~の個性です。 味噌濃度の高さの割りに塩分が前面に出ることもなく、時間の経過と共に自家製麺の表面から溶け出したグルテン分で、柔らかなトロミが加わって来ますと、益々スープの美味しさが冴え冴えとしてきます。




中国飯店 なるき
福島県郡山市富久山町久保田愛宕86
電話;024(932)9642
営業時間;11:30~21:30
定休日;月曜日・第1火曜日


大きな地図で見る
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/3580-4b054b8b