FC2ブログ

自家製麺 じゃじゃ。 ~福島県郡山市西ノ内~

春休みで帰省していた長男が、そろそろ就学先に戻る前に、彼の地でも多分お目に掛かれないであろう個性派つけ麺を楽しませてくれる「自家製麺 じゃじゃ。」さんに連れて行きました。

13時過ぎだったのに、お店はリスト記入の順番待ち(⌒▽⌒;) 確固たる人気を得ているのだなぁ~と嬉しい限りです。 でもウエイティングの段階で事前オーダーをとる事で、オペレーションがかなり良くなっていました。 ホールスタッフも忙しい中でも、キチキチと仕事をこなしていく様子は頼もしいです。

「つけ麺 (750円)」 ※味玉ゴチになっちゃいました(〃∇〃)

じゃじゃ。 つけ麺

漬け汁が先出しされますが、雄弁に香ってくるニンニクや粗挽き黒コショウの芳香が、この食事への期待を高めます。

じゃじゃ。 つけ麺

自家製極太麺は、並盛りでも茹で上がりで公称値600gの破壊力です。 でも実際に計測すると、多分もっとありそうです(^◇^;) 艶やかで小麦の風味が豊かに広がり、強靱なコシのある暴れん坊さんですが、熱々の漬け汁を潜らせると、ちょいと素直にしなやかさも垣間見せます。

じゃじゃ。 つけ麺

例によって“しょっぱさの極み”の中に旨味をたっぷりと仕込んだ、イケない魔力の漬け汁は、自慢の鶏出汁をベースに、ニンニク、赤唐辛子、粗挽き黒コショウなどのスパイス素材と、極味とエッジの立った醤油ダレ、そして甘味を合わせて、押し合いへし合いの崖っぷちのバランスで成立していますO(≧▽≦)O

熱々スープで温められたネギは、ほんのりと甘味が出てきて、しんなりとした食感になっています。 豪快にカットされた豚バラチャーシューは、甘じょっぱく香ばしい醤油ダレの味付けが効いていて、脂身から引き出される旨味が漬け汁の魔力をより一層強力になものにしています。

じゃじゃ。 つけ麺

これだけの麺量にも関わらず、一気呵成に手繰ってしまわせる底力は、やはり何度頂いても圧巻の一言に尽きます! 初めて実食した長男も、このじゃじゃ。マジックにはすっかりヤラレちゃったようで、しっかりと味の記憶を脳裏に刻んだようです(o^-^o)

地元を離れていく子供達に、自分の故郷を忘れ難いものにするには、沢山の楽しい思い出と、美味しい味の記憶かな♪(#^.^#)




自家製麺 じゃじゃ。(じゃじゃまる)
福島県郡山市西ノ内2-19-12
電話;024-954-8606
営業時間;【昼の部】11:00~15:00 【夜の部】18:00~21:00頃 ※売り切れ次第閉店
定休日;火曜日
駐車場;店舗敷地内に2台分


 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/3436-b0b5a4b0