支那そば やまき ~福島県二本松市若宮~

言わずと知れた、名店「支那そば 正月屋」さんの暖簾分け第一号の「支那そば やまき」さんですが、実は今回が初訪問です(>▽<;; 多少言い訳を申し述べれば、中休みに阻まれたり、売り切れ暖簾落ちに阻まれて、訪問機会を逸したままイタズラに時が過ぎてしまったという体たらくです。

支那そば やまき

今回は長男が帰省中と言う事もあり、家内共々三人で訪問夜の部狙いで訪問致しました(o^-^o) 生憎「味噌そば」は完売となっていましたが、お初の訪問ですのでスタンダードを楽しませて頂きましたよ♪

「支那そば (700円)」

やまき 支那そば

その美しい出来映えに、思わず感嘆してしまいましたΣ(゜▽゜;) 麺サバキの美しさと肩ロースチャーシューの艶やかさに目が釘付けになります。 親方のお店たる「正月屋」さんでは見られない、真空低温調理によるサクラ色の肩ロースチャーシューは、ビジュアル的要素のみならず、独自の味わいと食感に於いて、「支那そば やまき」の独自の存在感を漂わせます。

やまき 支那そば

サクラ色の肩ロースチャーシューは、上品なローストポークの芯の部位を思わせる、ネットリとした食感と超絶柔らかなき歯切れの良さ、そしてジューシーと称しても良いほどのしっとりとした肉質が活かされています。

メンマは少々コリコリっとした歯触りが残されており、この丼の中で個性的な食感を現します。 伊達鶏の丸鶏とガラから炊き出された鶏出汁には、ふんわりと穏やかなニボシの香り。

やまき 支那そば

鶏出汁との調和を乱さない頃合いにニボシの旨味が調和していて、少しエッジの効かされた醤油ダレでキュッとディテールが引き締められています。 その醤油のインパクトを和らげているのが、後から柔らかく舌の上に広がるコンブや干し貝柱の甘味と旨味ですね。 これぞ支那そば!ってストーリーが引けています(*^▽^*)

やまき 支那そば

店内の製麺場で作られた自称中太麺は、現在の基準では中麺ほどの麺線です。 この自家製麺の素晴らしさに、この日は心底感服する事となりました(>▽<)b ツルッと滑らかに舌の上を滑りながら、グッと噛めば望外の弾力を伝えてくるコシの強さ! この麺線でこれだれのコシの強さを編み出すとは、こりゃあ名匠の技と言うに相応しいでしょう。

噛むほどに鼻腔に伝わって来る小麦粉の香りも然り。 どこから見ても全く隙のない名品の風格と華のある味わいに感服致しました!O(≧▽≦)O 素晴らしい支那そばを頂けて、とても幸せな夕刻の一時でした。




正月屋分店 支那そば やまき
福島県二本松市若宮1-334-6
電話;0243-23-9588
営業時間;【昼の部】11:00~14:30 【夜の部】17:00~20:00
定休日;水曜日 ※祝日の場合は翌日
駐車場;店舗向かい側に8台分ほど


大きな地図で見る
 

コメント

自分、推しです!
今更言わなくても無芸さんなら。ね
2015/ 02/ 18( 水) 21: 23: 13| URL| maxmax# nirwQam2[ 編集 ]
 
いや、ホントに参った(>▽<;;
2015/ 02/ 18( 水) 23: 06: 13| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/3385-0057eb9f