自家製麺 じゃじゃ。 ~福島県郡山市西ノ内~

今月11日に開店した「自家製麺 じゃじゃ。(じゃじゃまる)」さんにようやく初詣出来ました(^◇^;) 開店早々、ラーメン・フリークのみならず、個性的な新店という期待度の高さもあってか沢山のお客様で賑わい、昼の部も満了しないうちに暖簾落ちの連続だったり、夜の部の営業も瞬殺だったりの盛況ぶり。 いやぁ~、ご近所なのにハードル高いわぁ~(>▽<;; 昨日はちょいと雪模様だったので、「これならイケるかも?(`・ω´・ ;)」って事で訪問しました。

自家製麺 じゃじゃ。

既に沢山の情報がSNSやBlogを通じて知らされている通り、店主さんは福島市の人気ラーメン専業店「えなみ」さんの許を皮切りに、「自家製麺 くをん」の店長に任じられていた実力派です(o^-^o) 店長さんの地元・郡山での独立開業にあたり、師匠・江南さんの珠玉の名品をベースとした独自のメニューが用意されています。

「つけ麺 並盛 (750円)」 ※味玉ごちそうになっちゃいました(〃∇〃)

じゃじゃ。 つけ麺 並盛

こんなつけ麺、郡山では他にありません!(〇o〇;) 漆黒醤油味の漬けダレは“しょっぱさの極み”で食べさせると言う超個性派ですね。 分厚い油膜は一瞬たじろぐほどの存在感です。

小鍋でギリッと再加熱されたベーススープは、濃厚な鶏出汁仕立てです。 そこに香り高く、グイッと押しのある醤油味に、ニンニクのインパクトと甘味、辛味、酸味がドン!(>▽<)b とってもダイナミックなメリハリのある味わいです。

その熱々漬けダレは、器を手にすると思わず「あっちっちぃ~!(lll゚Д゚)」となっちゃうほどです。 その熱々スープ&油膜のお陰で、バラッと散らされたネギが糖化しちゃって辛くないです。

また炙りの一手間の掛けられた豚バラチャーシューは、ゴロゴロッとサイコロ切りにされて漬けダレにIN。 手間暇を惜しまずに炙りを掛けた結果、香ばしさとほのかなカラメル香が漬けダレに加わり、決して重量級では無い漬けダレに、面白い複雑な味香が加わります。

じゃじゃ。 つけ麺 並盛

ちょっとこの辺ではお目に掛かれない極太ストレート麺は、多加水タイプの打ち立てです。 切り歯10番というちょっと稀な麺線ですが、約15分という長い茹で時間の上、冷水締めされて供されます。

噛めば弾力で押し返すほどですが、しっかりと芯まで火が届いていて、グルテン活性の妙を感じさせる仕立てです。 こりゃあ面白いなぁ~(〃∇〃) 温盛りも所望出来ますので、食感の好み次第で選べるのも良いところです。

じゃじゃ。 つけ麺 並盛

前述の通り、とても濃ゆい漬けダレですが、この多加水極太麺のお陰で、適度に漬けダレが落ちてくれますので、食べている限りではしょっぱさを過分に感じる事は無かろうと思います。 一般的には“スープの持ち上げが良い”とか“スープが良く絡む”といった表現を佳しとする傾向がありますが、本品に限っては“絡み過ぎないのが良い”と言われそうですね(*^▽^*)

じゃじゃ。 つけ麺 並盛

並盛りで茹で上げ600gの麺量も、良く噛んで食べる事になるこの極太麺なら、なかなかの満腹感が楽しめちゃうと思いますし、更に高みを目指すなら大盛CALLしたら1kgの麺量と戯れることも出来ますよv( ̄∇ ̄)ニヤッ




自家製麺 じゃじゃ。(じゃじゃまる)
福島県郡山市西ノ内2-19-12
電話;024-954-8606
営業時間;【昼の部】11:00~15:00 【夜の部】18:00~21:00頃 ※売り切れ次第閉店
定休日;ほぼ無休ですが、たまに休みます
駐車場;店舗敷地内に2台分


大きな地図で見る
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/3322-52954582