【2014年錦秋巡り】 都沢(みやこざわ)の公孫樹

2週間ぶりの撮影行脚です。 北塩原界隈の一番美味しい時期を、所用で丸ごと失ったのはイタかった(´。・ω・。`) 毎年のメインディシュが無くした気分ですが、少しでも取り戻そうと限られた時間内でしたが秋景を探しに出掛けました。

都沢の公孫樹
[2014/11/2 都沢の公孫樹] <↑ Clickで拡大>

通称・県道川桁線を走っていると、関都のあたりの集落に遠くからでも思い切り目立つ公孫樹の樹があります。 今まで立ち回ったことは無かったのですが、あまりにも見事な黄葉でしたので、調査がてらに集落へと入ってみました。

秋模様
[2014/11/2 秋模様] <↑ Clickで拡大>

凄い大樹でしたので、猪苗代町の天然記念物に指定されていました。 「都沢(みやこざわ)の公孫樹」と名付けられているようです。 昔の街道筋の町並みは、道幅も狭く安易に路駐する事は憚られますが、この公孫樹の樹は地蔵尊の敷地内にあり、車一台分ほどの駐車スペースは見つけられました。

大樹
[2014/11/2 大樹] <↑ Clickで拡大>

どれだけの大樹かと言えば、樹高25m、幹周り6.4mという堂々たるもので、樹齢は推定700年とされていますが、樹勢も旺盛で銀杏の実も沢山付けていました。

秋儚
[2014/11/2 秋儚] <↑ Clickで拡大>

境内には幾つかの石碑がありますが、湯殿山、飯豊山など山岳信仰の何かを意味するものが刻まれています。

長生の証
[2014/11/2 長生の証] <↑ Clickで拡大>

町筋の交差点角と言う事もあって、電線が張られていて、なかなか撮影の難しいロケーションです。 周囲には家屋が建ち並んでおり、永らくこの地で信仰を集めてきた歴史を感じさせるものがありました。
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/3256-f8cf4c42