吾妻小富士から #1

二週連続の「磐梯吾妻スカイライン」への撮影行です。 今回も旧友C君と一緒です(*^▽^*) 星撮りは後日のダメージが極大なお年頃ですので、今回は3時過ぎの出立です。 旧友C君が車を出してくれましたので、ありがたく同乗させて頂き、前週と同じ道のりで「磐梯吾妻スカイライン」へと向かいました。

その道すがらに、「Big244 Camera Works」 (URL)のAuthor・Watanabeさんと連絡をとったら、やっぱり彼も星撮りからスタートして北塩原エリアに居る事をキャッチ。 浄土平から吾妻小富士へと展開すると言う事なので、我々もご一緒してみる事にしました(o^-^o)

日の出間近の蒼
[2014/9/28 日の出間近の蒼]  <↑ Clickで拡大>

ハァハァ、ゼィゼィ<(|||´Д`|||)>

久しぶりに登ったら、躰が付いてこなくて、急な階段では息は切れるは足は重いは、全然ピッチは上がりませんでした( ̄▼ ̄|||) かっ、躰が・・・お・も・い (_ _|||) ちょっとマスいなぁ~と実感しつつも、ようやく外輪コースに辿り着きました。

天上の楽園
[2014/9/28 天上の楽園]  <↑ Clickで拡大>

Watanabeさんとも合流出来て、ようやく息を整えながら見晴らす景色(>▽<)b ちょっと阿武隈山地に雲が厚く掛かっていて、あまりドラマティックな陽の出は拝めませんでしたが、雲海にはならないまでも山際に雲が掛かってくれたので、少し味のある写真が撮れました。

二つの顔
[2014/9/28 二つの顔]  <↑ Clickで拡大>

吾妻小富士からだと「天狗の庭」も見渡せます。 今週末にはそこも美しい紅葉で彩られる事と思います。 通称「霜降」と呼ばれる白い岩塊エリアを繋ぐスカイラインは、まさに山肌を縫うようなワインディングロードです。

DEATH ROAD
[2014/9/28 DEATH ROAD]  <↑ Clickで拡大>

霜降の周辺は有毒な火山性ガスが噴出していますので、危険エリア内での駐停車は禁止されています。 でもこの荒涼とした景色は他に類を見ない風景。 ボクらにとっては物心がついた頃から見ていた景色は、遠方からもわざわざ足を運んででも見に行きたい風景とされています。

秋色の浄土平
[2014/9/28 秋色の浄土平]  <↑ Clickで拡大>

高低差約100m上方から見下ろした浄土平です。 これは初めての体験w( ̄▽ ̄;)w 暫く見入ってしまうほどの景観でしたよ。

深まり行く秋のスカイライン
[2014/9/28 深まり行く秋のスカイライン]  <↑ Clickで拡大>

蓬莱山の黄葉は既に見頃となっていて、ド派手な色合いでは無いところがステキです(>▽<)b 登りはちょっと大変だったけど、この景色を見るためなら価値ありですよ。
 

コメント

すっかり紅葉が見頃ですねー
今月の連休あたりは行楽客で賑わうことでしょう。
ここは見事に色づく紅葉と一切経山の岩肌と申しましょうか、そのギャップが面白い場所ですね。

浄土平で星撮りはしたことがありませんが、吾妻小富士も含めて人気スポットなんでしょうかね。
2014/ 10/ 03( 金) 11: 03: 00| URL| 白黒猫# DL7C8m6w[ 編集 ]
 
多分今年もたくさんのお客様で賑わうでしょうね(o^-^o) 浄土平のあたりは、今が盛りの美しさです。 今週末には天狗の庭も良い色付きになると思います。

星撮りも微妙に立ち位置が違っておりまして、吾妻小富士で撮る方は、街明かりなどを添える写真。 浄土平駐車場で撮る方は、ストイックに星を追い求めているかと思います。
2014/ 10/ 03( 金) 18: 13: 42| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
お疲れ様です~。
そのご苦労もあって素敵な写真ですね~。
特に二枚目の写真、好きです!
2014/ 10/ 04( 土) 01: 50: 44| URL| ree# -[ 編集 ]
 
ありがとうございます(o^-^o) 好きでやっているので、全然苦労などとは思いませんよ(*^▽^*) 同行してくれる親友達のお陰でもあります。
2014/ 10/ 04( 土) 13: 03: 10| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/3216-ab9007fd