デジイチのお掃除

今月初めの写真撮影の折に、撮影した写真にゴミが原因の黒点が写り込んでいました。 普通でしたらブロアーで吹いてやれば取れちゃうのが常だったのですが、今回はどうもかなり頑固なホコリが付着しちゃったようで、何度プロアーを吹いても取れる気配がありませんでした。

そうなりますと、抜本的なローパスフィルターの清掃を行うしかありません。 メーカーのサービスセンターに持ち込めば、ほぼ一時間半ほどでやって貰えるのですが、如何せん最も近いサービスセンターは仙台市(`・ω´・ ;) メンテナンスとして販売店から送って貰うとしても、掛かる送料と時間を考えると、自力でやってしまった方が早そうです。

ってか、もう永らくデジイチを使っていますから、この辺でメンテナンスを覚えておくのも良かろうと言う事で、色々とネットで情報を集めてクリーニングキットを選定。 近くのヨドバシカメラさんへと買い込みに行きました。

イメージセンサークリーニングキット

これはペンタックスさんが純正パーツとして販売している「イメージセンサークリーニングキット」です。 白い棒の先っぽに付けられているビットが、特殊素材で作られていて、極少のホコリまでくっつけて取り除いてしまうそうです。 微妙な値付けですけど、背に腹は代えられないので落手しました( ̄▽ ̄i)ゝ

確かに初心者でも安全にイメージセンサーの清掃が出来るかも知れません。 まずはイメージセンサーがどんな相手であるのか、ちょいと手合わせをするには良い入り口になるかも知れません。

ちなみに、清掃開始前にホコリ確認のために撮影した写真がコチラ。

ローパスフィルターのダスト
                          <↑ Clickで拡大>

赤丸で囲ったところに黒点に写るゴミが付着していました(゚ロ゚屮)屮 赤丸でプロットしながら調べてみたら、60個以上もありましたw( ̄△ ̄;)w 普段は絞りをF11くらいまでしか絞りませんが、最小絞りのF22にしたら盛大に写っていてちょっとビックリ!

写真として吐き出されたデータと、実際のイメージセンサーに写るゴミは上下逆になります。 写真では上の方にゴミが集中していますが、実際には下の方にある訳です。 このペンタックスのペタペタ棒で丹念にペタしてはクリーニングペーバーにゴミを移し取りの繰り返し。 一通り清掃したところで、再びテスト撮影の繰り返しです。

ところがこれがなかなかの強者でして、小さなホコリはほぼ一発で取れたのですが、大きめに写っていたホコリは、なかなか剥がし取る事が難しいんですね( ̄へ ̄|||) さんざん夜中に頑張りました。 1時間半頑張りましたが、やはり大きなホコリは取れません。 どうも付着というよりも固着に近い状態かも知れません。

いい加減キモチが萎えてきたので、作業は一時終了して、更に翌日の深夜。 再びペンタックスのペタペタ棒で試みるも、かえってゴミ写りが増えちゃったりして(ノд`@)アイター もういい加減乾式清掃の限界を知りまして、旧来からメーカーのメンテナンスで行われている、無水アルコールを使った湿式清掃を試みる事にしました。

やっぱり湿式!

毛羽立たないクリーニングペーパーを棒に巻き付けて使います。 たまたま手許にあったのはケンコーのハイテク・クリーニング・ペーパー。 アクリル系不織布で作られているので毛羽立ちはほとんど発生しないと言います。 価格もペンタックスのペタペタ棒の1/15ですヽ( ̄▽ ̄i)

早速トライしてみたら、これがまた霊験あらたかでして、一発で固着ゴミがサヨウナラでした!(>▽<)b 若干ゴミ残りがありましたので、テスト撮影をしてはクリーニングを繰り返すこと数回。 見事にゴミ・ホコリの全く無くなったイメージセンサーが甦りましたv(≧∇≦)v

まあペンタックスのペタペタ棒はちょっとした授業料でしたが、一度経験してしまえば、もう臆することなくメンテナンス出来ます。 よい経験を積むことが出来ました。
 

コメント

お久しぶりです。
ブログはほぼ毎日拝見させて頂いておりますが…

当方もこのペッタン棒はだいぶ前から愛用しております。
但し、コンデジの使用率の方が多いので、
出番は年に1回程度です…

クリーニングは、埃が飛びにくい風呂場で作業をしています。
青空を撮影(f値を最大に絞って)して、PCで等倍でぱっと見で
ゴミが見つからなければ、完了としています。

最近のローパスフィルタレスセンサーは良くわかりませんが、
当方の旧式センサーですと比較的安心して使うことができます。
2014/ 08/ 21( 木) 23: 08: 50| URL| ゴジラ大好き# GUmjeJp6[ 編集 ]
 
こんなものがあったのですね。
僕のデジイチも長らく使用しているので、メンテもしなければと思っていたところです。
レンズ交換の度に必ずブロアーはしておりましたので、写真のゴミ写りなど気にもかけませんでしたよ。ww
2014/ 08/ 22( 金) 07: 54: 09| URL| 白黒猫# DL7C8m6w[ 編集 ]
 
マツイ棒ならぬ、無芸棒ですね!

ブロアーでシュッシュしても、取り切れない汚れがあるのですね。
これなら私にも出来そうです。
2014/ 08/ 22( 金) 09: 39: 38| URL| katu-you# FlgaJB1g[ 編集 ]
 
絞りも開放寄りで使う事が多い方には、よほど大物がくっつかない限り、きっと画像から視認する事は少ないと思います。

ISO 100、絞りF22でホワイト背景で撮影してみて下さい。 背面モニターを拡大して全面をスクロールしてみたら、もしかするとホコリによる黒点が写っているかも知れません。

もしHITしたら、ローパス清掃のお手伝い致しますよ(o^-^o)
2014/ 08/ 22( 金) 13: 13: 03| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
こんにちは。 お久しぶりでございます(^^) ローパスに固着しない程度のホコリでしたら、このペタペタ棒でも用は足せそうです。

でも実際に作業してみたら、無水アルコールによる湿式クリーニングの方が手っ取り早くて簡単にキレイになりました(o^-^o) これはもう慣れの問題だと思います。

お陰で昨夕は、ギリッとF22絞りで夕景撮影に躊躇しませんでした( *´艸`)
2014/ 08/ 22( 金) 13: 24: 50| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
最初は軽くビビるんですけど、ちゃんと段取りを下調べして望めば大丈夫です(o^-^o)
2014/ 08/ 22( 金) 13: 26: 44| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/3167-75482368