FC2ブログ

強清水 清水屋 ~福島県河東町~

郡山布引「風の高原」を後にして、会津方面へとステアリングを切りました。 暫く走ると、「東山温泉」へと抜けるショートカットルートに交わります。 そこから会津盆地に入ってゆくと、道なりに「七日町」まで繋がっております。

しかし、日が延びたとは言え、既に時計は16時を指そうとしていました。 翌朝、無芸大食倅はクラブ活動の朝練がある事だし、今回は断念して分岐路をそのまま国道49号線方面へと向かいます。

程なく「強清水(こわしみず)」へと到着。 ここで遅い昼食を摂る事にしました。

強清水 清水屋


「強清水」には数軒のお店が軒を並べていますが、無芸一家の御用達は、「強清水」の目前にある「清水屋」さんです。

「会津地鶏蕎麦(750円)」

強清水 清水屋 会津地鶏蕎麦


蕎麦粉100%で作られる蕎麦は、しっかりとした歯応えがありますので、温かい汁を張った蕎麦でも、だらしなく伸びてしまう事はありません。 地鶏の滋味溢れる出汁がメチャ美味しいヽ(´▽`)/~♪

「冷たい山菜蕎麦(570円)」

強清水 清水屋 冷たい山菜蕎麦


宗田節の香りと甘味が活きた、だし汁が美味しい。 返しが意識的に控え目なのか?それとも配分を間違えたのか? ちょっとメリハリに欠けるバランスでしたが、それ故にタレは全部飲みきれるほどでした。

「ざる蕎麦+大盛り(440円+105円)」

強清水 清水屋 ざる蕎麦


これがスーパー・バリューの逸品。(●^o^●) 無芸の定番オーダー品です。 口に運ぶ時の舌触りや、歯応え、風味共に、なかなか上質です♪

「おろし揚げ餅(315円)」

強清水 清水屋 おろし揚げ餅


これは初めてオーダーしてみましたが、なかなか美味しゅうございました♪ お醤油を掛けて食べます。 お蕎麦だけで物足りない時や、軽食で間に合う時にお薦めです。

「強清水」と言えば、蕎麦は勿論ですが、一番有名なのは「まんじゅうの天ぷら」でしょう。

去年の初秋には、テレビで「日本全国変な食べ物 ベスト3」として全国放送されました。

ああ、でも決してビビるようなお味ではありません。(=^_^;=) 揚げ饅頭の“天ぷら版”だと思って下され。 あんこが苦手な無芸妻でも、おいしく食べられるのです。

 強清水 清水屋 天ぷらシスターズ


帰りしなに買い求めようと、行列(行列が出来るほどの人気)に並びます。 おばさまが手慣れた手つきで、次々とお客様のご注文に応じてくれます。

何気に写真を撮ろうとしたら…

「あらぁ~♪ 写真撮ってくれんのぉ~ アハハ、どうすっぺねぇ(*/∇\*)」

「アハハ、あんまり手際が良いものだから、撮らせてもらっていいべか?」

「アハハ、いんやぁ~、嫁入り前だからキレイに撮ってない!(* ̄∇ ̄*)」

「ぬぁにぃ~!( ̄□ ̄;)んだば、見合い写真にすっか? もう一度写真持ってこねえとなんねぇばいヾ(@^∇^@)ノ」

てな具合で、とても陽気なおばちゃん達でした。(^^) えぇ~~と、交際希望の方は、無芸までご一報を…(≧∇≦)  

コメント

ぶはっははは~~v-12
ほほお~嫁入り前だとな?v-217
ワハハハハ~~~~~。。
中高年のおばさまに怖いものなしですね^^^。
冷たい山菜そば、、うまそうです。
まんじゅうのてんぷらは、こちらでもなにげによさげですよ、賞味期限ぎりぎりのやつ、よくてんぷらにしております。ついでにという感じですが、強清水さんのは、商品ですから、おいしさは比較にならないとは思いますけどーーーー。。ワハハハ。
2007/ 05/ 01( 火) 20: 28: 56| URL| ララオ0181# -[ 編集 ]
 
ララオ0181様
アハハ、私もさすがに押しまくられました。i-229 でも何より陽気で楽しかったです。 あんまり忙しいと、ついつい人間って邪険な面が出ちゃうと思うのですが、さすが“年の功”? 人間が出来ていると言うか、サービス精神旺盛と言うか…e-263 単なる照れ隠しかナi-179
2007/ 05/ 01( 火) 21: 05: 01| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
うわぁ~懐かしの会津弁だ~!!
会津のおばちゃん達だけなのかもしれないですが、こう言った
反応をするんですよね。ほのぼの~。
2007/ 05/ 01( 火) 22: 18: 01| URL| ree# nJDHedgo[ 編集 ]
 
reeさん
アハハ、もうすぐ“懐かしの故郷”に里帰りなさるんですよね。i-179 毎日、たんまりと会津弁に浸れますヨ。

会津のおばちゃんの温かさが垣間見えました。 心地好いですね。i-237
2007/ 05/ 02( 水) 03: 22: 54| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/311-fd34ce40