FC2ブログ

忠七桜 ~福島県郡山市中田町牛縊本郷~

不動桜から地蔵桜へと移動しようと、車を元来た道へ進めると、突き当たりのT字路交差点に、「→ 紅枝垂れ地蔵桜」とある。

普通なら左折して「さくら湖」の湖岸に戻ってから、県道をひた走るのですが、標識の通りに右折して行った事はありませんでした。

どうせ気ままな一人行脚。 ムフフ(^^) これは思わぬショートカットのコースかも… と、標識に誘われるままに右折してみました。

アハハ、ところがこれが大失態(^^;) 標識任せに進んだら「紅枝垂れ地蔵桜 12km」の標識が出てきましたヨ。

えっ?!Σ( ̄ロ ̄lll) 12km??

しかも既に数キロ走っていた訳で… 普通に左折して、通り馴れた道を進めば、トータルで8kmくらいだったハズ(^^;) あ~あ、やっちゃったヨ。 と、一人車内で苦笑いしておりますと、「地蔵桜」のインフォと並んで「忠七桜」の標識も見受けられるようになって来ました。

そう言えば「忠七桜」は行ったことがないなぁ…と思いつつ、更に車を進めると、どうやら「地蔵桜」とさほど離れていないらしく、交差点の度に並んで同じ方向を指しています。

ようやくY字路交差点で、その標識の方角が分かれました。 で、「忠七桜」の方向を見やると、すぐそこに「 忠七桜」とあるではないですか。 当然そちらへ進み、車をデポ。

まだ朝の七時前とあって、先客は一人もいないようです。 駐車場からテクテクと歩くこと200mくらいでしょうか。 右手に立派な「忠七桜」が現れました。

忠七桜


樹齢は150年とも170年とも言われているそうです。 忠七桜は、内出の桜と同様に、個人宅の桜です。 しかし、来る人のために駐車場を整備して、見易いようにと「忠七桜」の対面の斜面に「花見台」なる展望スペースまで用意されています。

ありがたいですねぇ。(^▽^喜) こんなにして頂いても、観覧料も一切徴収したりなさらないんです。 田舎の人間性の良さ、旧家の誇りを勝手に連想しちゃいました。

後からお見えになった訪問客の方々も、とてもフレンドリーで、何とも心地好く観桜させて頂いた無芸でした。(^^)  

コメント

いやあ、この「忠七桜」もすごいわ、、、真っ赤だ

三春の駅でパンフレットもらっていったのですが、
町中の桜だけで、地蔵桜と滝桜の標識を見て、なんだろう、あの道?左折すると滝桜、右折すると地蔵桜ってありましたので、そのまま右折して看板目当てにいったものですから、どこにあったのか気づけませんでしたよ、「忠七」とはここのご主人の名前なんでしょうかね?
2007/ 04/ 23( 月) 22: 40: 33| URL| ララオ0181# -[ 編集 ]
 
ララオ0181様
こちらは、望外の収穫でした。i-179 つい、いつもの悪い癖で、通ったことのない道を発見すると、好奇心の余り「えぇい!行っちゃえ~!」って突っ込んじゃうんですよねぇ…i-229

実は無芸大食妻も同じタイプ…i-229 「アハハ、何だこの道ぃ~!i-278とか言いながら走っていると、子供達が「もしかして迷子?i-282何て会話が日常茶飯事です。

ダハハ、カーナビなんて付けていないし、どのみちここは日本だから、分かんなくなったら尋ねればいいしね。i-235

「忠七桜」、なかなかイイ色でしょ? 実は桜の周囲は、所有者さんのお庭なんですよ。 ちゃんと刈り込みされた木々。 見るからに良さそうな土。 多分、農業をなさっているんだと思うんです。 だから土作りのプロですね。

名前の由来は良く分からないのですが、ちょっと耳に入ったハナシでは、江戸末期の同家の家長さんが忠七さんだったらしいです。 嘘か誠か、「戊辰戦争の没故人を偲んで…」との話です。
2007/ 04/ 24( 火) 00: 21: 34| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/299-0bc8089f