FC2ブログ

【2014年桜巡り】 油井小学校のしだれ桜 ~福島県二本松市油井~

城下町・二本松でも歴史の旧い小学校「油井小学校」の敷地内にある立派なしだれ桜は、「油井小学校のしだれ桜」として地元の方々から親しまれています。

桜の開花期は敷地内の駐車場は開放されており、自由に観桜できるばかりか、夜はライトアップもされているようです。 安全に美しい桜を楽しめるようにという配慮で、桜の開花期には桜の袂の駐車スペースは車両進入禁止とされています。

油井小学校のしだれ桜
[2014/4/13 油井小学校のしだれ桜]  <↑ Clickで拡大>

ここは初めて訪問したのですが、ちょっと高台になっている小学校の正門脇に立つこの桜の立派さは、ちょっと感動的でさえありました(*^▽^*) 濃いピンク色の花を咲かせ、スカッと晴れ渡った青空の下、満開のしだれ桜は時折そよ吹く風に長枝を揺らせていました。

建学のサクラ
[2014/4/13 建学のサクラ]  <↑ Clickで拡大>

正門の石階段の中程から頭頂部をあおり撮り。 その時丁度、ご婦人とお孫さんが石階段を登ってきました。 漏れ聞こえてくる会話から、この小学校に通学する女子児童と祖母である事が分かりました。

このご婦人(無芸よりも少しだけお姉さんっぽいww)、階段からこの桜を見上げながら感嘆の声と共に、

「○○ちゃん、この桜を見ながら毎日通ってるんだぁ~(*´∇`*)」

「うん、そうだよ! ○○の小学校の桜!(o^-^o)」


女子児童の表情を認めるまでもなく、その声からは自信と誇りが満ち溢れていました(*^-^) そうだね♪ こんなステキな桜に見守られているんだもん、きっとステキな思い出一杯の6年間になりますよ。

智恵子も眺めし櫻
[2014/4/13 智恵子も眺めし櫻]  <↑ Clickで拡大>

桜の謂われや樹齢は調べがつきませんでしたが、この小学校は今年で創立141年になるそうです(〇o〇;) 明治6年にその前身が開学していると言いますから、不遇の明治維新期から教育に重きを措いていた、二本松藩の末裔たるご先祖様方の志の高さが忍ばれます。

春の学舎
[2014/4/13 春の学舎]  <↑ Clickで拡大>

そして卒業生の中には、詩人・高村光太郎の妻・智恵子の名もあります。 “ほんとうの空”を見て育った智恵子の後輩達は、今も明るく元気にこの石階段を駈けています(^^)




油井小学校のしだれ桜
福島県二本松市油井字台5番地


大きな地図で見る  

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/2989-d54d98ff