支那そば 墨家 ~福島県郡山市安積町日出山~

すっかり定期巡回先として定着してきた、安積町日出山地内の「支那そば 墨家」さんです(o^-^o) 最近発行されたラーメン・ガイド・ブックにも取り上げられるなど、着実に知名度を広げつつあります。

「支那そば (650円)」

墨家 支那そば

ほぼ一本槍ではありますが、やはりここに来たからには名物の漆黒系支那そばに食指が動いてしまいます( ̄▽ ̄i)ゝ 立ち香には厚削りの芳醇な香りと、濃厚な濃口醤油の香りが届きます。

墨家 支那そば

お約束アイテムのバラロール・チャーシューは、脂質の美味しさが格別です! 染み入ったちょっと甘めの醤油味も、チャーシューの美味しさに拍車を掛けます。 比較的スープの油膜は厚めですが、スープで温められたバラ肉チャーシューの脂身から染み出た旨味はとても重要です。

ニボシと厚削りの風味が先に出てきた後に、動物系の旨味をジワァ~ッと押し広げてくれる立役者なんです(o^-^o) 載せモノからの味香が加わる事で、味わいの完成度がより一層高いものになる好事例がこれです。

墨家 支那そば

自家製ストレート中細麺は、最初はザクッと、そして漆黒スープを吸い込むと共にしっとりと、二面性のある味わいを楽しませてくれます。 この麺の仕立ては、かなり安定してきたように思えます。

また、醤油ダレの効き具合も、今回は私的には好みでしたねぇ~♪ 実に美味しい醤油テイストでしたし、その濃度も申し分ありません。 醤油テイストに絡んで来るような甘味は、かなりクセになるツボの部分だと思います( *´艸`)

「ミニなんこつかば焼き丼 (250円)」 ※ラーメンとセットなら100円引き

墨家 ミニなんこつかば焼き丼

圧力鍋で炊かれた豚ナンコツを、照り焼きのタレで漬け焼きにしてあります。 ほんの少し、ナンコツの歯触りを残した仕立て上がりは、食材の個性をちゃんと活かしています。 甘じょっぱさの中に、香ばしく付けられた焦げ目のほろ苦さが良く合っています♪ これにはすっかりヤラれっぱなしです( ̄▽ ̄i)ゝ




支那そば 墨家
福島県郡山市安積町日出山2-16
電話;024-907-2072
営業時間;【昼の部】11:00~16:00 【夜の部】17:30~20:00 【日曜日】11:00~20:00
      ※売り切れ次第閉店
定休日;月曜日 ※月曜日が祭日の場合は火曜日
駐車場;店舗敷地内に15台分ほど


より大きな地図で 支那そば 墨家 を表示
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/2936-9b39ead3