【2014年冬景色】 小野川湖冬景

かれこれ1ヶ月以上写真撮影に出掛けていなかったので、一類の望みを持って北塩原へと出掛けてみました。 例によって旧友C君を連れ出すことに成功O(≧▽≦)O 一人だと曇り空を見ただけで、心が折れて出掛ける気力が失せちゃうんですよ( ̄▽ ̄i)ゝ

例によって小野川湖を見下ろす、通称・お立ち台に向かいます。 現着した頃には雪が降り始めていましたΣ( ̄ロ ̄lll) 先客様はお一方。 ほぼ同時に到着です。 

蒼の静寂(しじま)
[2014/02/23 蒼の静寂(しじま)] <↑ Clickで拡大>

低く垂れ込めた雪雲で、青空どころか背後の山なみも見通せません。 前回来た時は九割方氷結していた小野川湖の湖面は、すっかり溶けていまして、少しばかり写り込みが期待出来そうです。

かすかな朝陽
[2014/02/23 かすかな朝陽] <↑ Clickで拡大>

厚い雲に閉ざされた東の空からは、朝日のカケラも差し込みませんでしたが、北側の雲が少しばかり開けたところ、かすかな雲焼けが見られました。

冬湖畔
[2014/02/23 冬湖畔] <↑ Clickで拡大>

木々にはスノー・フレイクがまぶされたようになっていて、繊細な浅い色合いが目に映ります。

開いたドア
[2014/02/23 開いたドア] <↑ Clickで拡大>

ちょっと白んだようなソフトな色合いは、降り続けていた雪のフィルターです。

静寂と鳥の歌
[2014/02/23 静寂と鳥の歌] <↑ Clickで拡大>

雪が降り積もる音の他には、小鳥たちのさえずりと、クマゲラが木の幹を突く音しか聞こえてきません。 これぞ高原の冬といった風情です。

雪は降る
[2014/02/23 雪は降る] <↑ Clickで拡大>

時折勢いを強めていた雪は、益々その力を見せつけ始めましたヽ(´Д`;)ノ もう撮りようが無くなりましたので、お山を下りることにしました。

この日先月新しく調達したレンズをようやく使いました。 およそ一ヶ月以上、買ったはイイけど出番ナシでした(^◇^;) 「TAMRON SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD」ですが、さすがに最新の光学設計って事もあってか、線が太くならず精細な解像感が実感出来ました( *´艸`) 桜の咲く頃には大活躍してくれるでしょう♪
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/2933-d3baaa51