FC2ブログ

【2013年錦秋巡り】 晩秋の秋元湖 その1

北塩原エリアの紅葉の見頃の頃は、毎週末パッとしない天気でフラストレーションは溜まるばかり(`・ω´・ ;) この日は土曜日だったのですが、翌日の日曜日がまたダメダメっぽかったので、旧友C君からのお誘いに乗らせて頂き、仕事前の朝駆け撮影へと出掛けて参りました(>▽<)b

あわよくば星空も撮っちゃいたいって事で、4時に出立はしたものの、秋元湖畔の撮影ポイントに着いてみれば、日の出口の方角には雲が掛かっていました(〇o〇;) ジタバタしても仕方ないので、ポジションをとって取りあえず様子見をする事に。。。

夜明けの蒼
[2013/11/09 夜明けの蒼] <↑ Clickで拡大>

5時代前半はまだ漆黒の闇で、ピントの合わせ処もなくレンズの距離計頼りの手探り撮影です。 目視では感じ取れない赤味が空に入っていました。 ちょっと絵にならない写真なのでここでは挙げません。

そっと照らして
[2013/11/09 夜明けの蒼] <↑ Clickで拡大>

夜の名残の蒼が写し撮れる時間帯は、それなりに楽しいものがございます。 前週は深い霧に阻まれて、湖畔では一度もシャッターを切ることが出来ませんでしたから、写せるモノがあるだけでも嬉しく感じちゃいます(*^-^)

静寂の水面
[2013/11/09 静寂の水面] <↑ Clickで拡大>

幸いにしてまだ紅葉・黄葉は残っておりました。 徐々に明け行く東の空の明るさと共に、湖面からは朝靄が立ちこめ始めました。

凍てつく湖畔
[2013/11/09 凍てつく湖畔] <↑ Clickで拡大>

日の出が近づくに従い、大気は切れるような肌寒さとなって来ました。 湖畔のススキが白く霜が付いていました。 結構な防寒対策を施して行ったのですが、三脚を前にしてジッと立ち続けているとジリジリと寒さが身に染みてきます(;´艸`)

朱の波紋
[2013/11/09 朱の波紋] <↑ Clickで拡大>

ようやくライブビューでピントが合わせられるくらいの明るさになって来た頃には、湖の住人・水鳥が湖面を活動し始め、魚達もエサの捕食が始まります。 徐々に湖は生気が満ちてきます。

つづく
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/2812-819cb439