【2013年錦秋巡り】 浄土平湿原

天狗の庭から霜降の光量とした大地を駆け抜け、浄土平駐車場へとやって来ました。 当初の予定では、ここから散策コースを辿って、標高差190mとなる鎌沼&酸ヶ平湿原へのトレッキング撮影を行うハズでした。 ここでもまた流れて来る雲と共に小雨が降ったり、前夜の名残の強風が収まらず、私達の写真撮影レベルの装備では心許ないので、トレッキングは断念する事にしました・゚・(ノД`;)・゚・

虹を越えて行こう!
[2013/10/13 虹を越えて行こう!] <↑ Clickで拡大>

浄土平湿原の草紅葉はイイ感じになっていましたので、手近でリスクの無い浄土平湿原散策コースを一回りして来ました。 お散歩キブンで三脚も交換レンズも持たずに、C-PLフィルターだけを装着した標準ズームレンズだけで気ままに撮りました。

萌える浄土平湿原
[2013/10/13 萌える浄土平湿原] <↑ Clickで拡大>

風になびくススキと、乾燥地のメイゲツソウは葉が赤く色付いていて、草紅葉の名の通りです。

秋の探勝路
[2013/10/13 秋の探勝路] <↑ Clickで拡大>

一面の草紅葉の中を続く木道の向こう側は蓬莱山の山裾。 ダケカンバの黄色い葉は、前夜の強風でかなり飛んでしまったらしく、白い枝振りが目立ちます。

湿原の秋
[2013/10/13 湿原の秋] <↑ Clickで拡大>

桶沼の木々がまるで錦絵の如くに色付いています。 そして浄土平湿原の草紅葉。 湿原の名の通り、所々に小さな池があります。 水面越しに池の中を観察すると水棲植物がちゃんと根付いています。

待ってぇ~!
[2013/10/13 待ってぇ~!] <↑ Clickで拡大>

家族連れで訪問していたのでしょう。 年端のいかない三兄弟が木道を疾走してきました(^◇^;) しんがりはどう見ても末弟でしょうね。 懸命にお兄ちゃんを追い掛けています。 どんどん引き離されていくと、本当は泣きたいキモチのハズですが、キリッと口元を一文字にしてお兄ちゃんの背中を追い掛けていました。 こうして負けず嫌いな末弟は育まれていきます( *´艸`)

ダケカンバの森
[2013/10/13 ダケカンバの森] <↑ Clickで拡大>

素晴らしい風情の森の木々でした♪ 昨日は吾妻山に初冠雪があったそうです。 高山は一気に初冬の入り口に立ちましたね。
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/2767-3f85e511