FC2ブログ

仁井田本家 2007年春の試飲会

今日は地元で300年近い歴史を持つ酒蔵、「鳳金寶」醸造元・仁井田本家さんの、春の試飲会がありました。

仁井田本家


毎年、秋と春の二回開催されるこの催しは、秋には熟成の整ったお酒を中心とし、春は今期の酒造りの集大成と言うべき、新酒の利き酒が行われます。

酒蔵はここで参加者からの生声の感想を聞きながら、生産者としての視点とは異なった、酒販店や飲食店さん方からの現場の声に耳を傾け、更なる市場要求に即した酒造りに活かしておられます。

仁井田本家


今日の試飲会は、私のお店のお客様方だけの参加でした。 来週にも同様の催しがありますので、参加を希望する方々は自分のスケジュールに合った日を選ぶことが出来ます。

仁井田本家


私が今回お連れした飲食店様方の大半は、「仁井田本家」さんに初めて訪問なさりました。 それだけにかなり強い印象を得たようです。 酒造りのプロセスを知るばかりではなく、原料の大切さ、造り手の熱い思いに触れ、普段何気なく取り扱っている清酒に対して、幾分成りとも愛着らしきものを感じられたようです。

仁井田本家


仁井田本家では、今期麹室(こうじむろ)を拡張新設しました。 先に訪問した時には、吟醸麹が入っていて、室の中に足を踏み入れる事は出来ませんでしたが、今日は既に今期の麹造りは全て完了しており、招き入れて頂けました。

とにかくキレイです! こんな素晴らしい麹室は久々に拝見しました。 何せ製造石数に対して、麹室のキャパが相当上回っていますので、作業性の良さもさることながら、麹造りのローテーションにも相当な余裕が出来たと思われます。 18代目当主・仁井田穏彦社長の顔にも、そのあたりの良さを表すかのように、笑顔が絶えませんでした。

仁井田本家


そして利き酒。 ずらりと並べられた酒は、そのほとんどが生原酒の状態です。 言わば、搾ったままのスッピンの状態です。 私達でも、このような状態の酒は、そうそう試飲出来るものではありません。

どの酒も非常にキレイで、それぞれの個性が見事に際立っております。 新酒の市場投入が、今からとても楽しみになります。(^^) 利き酒をしながら、蔵元にいろいろとお尋ねしながら、今期の酒造りが素晴らしく順調であった事を確かめられました。

仁井田本家


試飲を終えてゲストの皆さんがその場を離れても、一人酒を再確認している仁井田社長。 みんなからの声を、その場に止まって一点一点再確認しておられたようです。

私はこんな場面を一番大切に思っています。 寄せられた声の意図を、その場でキッチリと受け止める。 そして製品に活かすという、当たり前に思えるローテーションですが、こんな風に真摯に受け止める姿勢を持つ蔵元は、そう多くないと思います。

帰りの車中、乗り合わせたゲストの皆さんは、すっかりお互いに馴染んで、これからの友好を誓い合っておられました。(^^) こんな勉強熱心な飲食店さんなら、きっとお客様の満足度も高いハズですよね。  

コメント

酒蔵、酒屋さん、店主、そして愛好者、それぞれの立場で酒に対する思い入れは違うかと思いますが
「美味しい酒を、」の気持ちはみな一緒なんですよね。酒の奥の深さを感じます。
ことしの暖冬は、酒づくりの上では、影響はなかったのでしょうかね?
2007/ 03/ 27( 火) 22: 18: 02| URL| ララオ0181# -[ 編集 ]
 
ララオ0181様
手頃な値段で、満悦出来るお酒が、普通に手に入る事は、清酒愛好家にとっては嬉しい事ですよね。 ララオさんの地元にも、際立った優秀な酒蔵さんが沢山ありますね。

昨今、本格焼酎が全国一律に市民権を得た反動で、一時は下火になっていた清酒ですが、ここに来て「確かな品質」を提供し続けてきた蔵元が、徐々に生産量を伸ばしつつあります。

醸造酒は産地の地域性を、特に現す傾向があり、味わいの幅も非常に広いお酒です。 皆様方に再び身近に感じて頂けたら嬉しいです。

また暖冬に由縁する酒質の変化ですが、確かに大変難しい環境であった事は確かです。 でもそれを跳ね返せるだけの経験と技術力を持った、酒の匠にとっては、その腕前を披露する絶好の機会だったかも知れません。

私の知る限り、「暖冬が原因」と言われるような、変異した清酒にはまだ出会っておりません。 何せ毎年酒米の性質がコロコロ変わるような、むちゃくちゃな原料を相手にしている方々ですから…i-229 匠の技って凄いですね。
2007/ 03/ 27( 火) 23: 54: 55| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
ブログ拝見しました。プロの酒屋をめざす社員としては「気の引きしまる思い」です。まだまだ勉強が足りませんが、これからも宜しくお願い致します。お忙しい中お出かけいただきありがとうございました。
2007/ 03/ 28( 水) 08: 35: 42| URL| 馬場幹雄# -[ 編集 ]
 
馬場幹雄様
こんにちは。 いつもお世話になっております。 昨日はありがとうございました。 今年も更なる進化を遂げた、珠玉の数々を拝見出来、大変嬉しゅうございました。

今後も蔵の益々のご発展を心よりお祈り申し上げますと共に、夢実現への先兵として私共もその末席に居続けさせて頂けますよう、お願い申し上げます。
2007/ 03/ 28( 水) 13: 54: 08| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/268-f54109e7