FC2ブログ

手打さぬきうどん 菊屋 ~福島県須賀川市上人坦42-1~

地元の観光・グルメ情報誌、「うまいもの天国」の新刊が今月リリースされました。 これがねぇ、地方誌としては格別に良く出来ているんですよ。 初版は一体何年前だったんだろう? 多分今月出た最新版で5版くらいにはなっているんじゃないだろうか? 我が家のマガジンラックには、初版から全部揃っています。

いきなり横道に逸れますが、この出版元「(株)エス・シー・シー」では、「シティ情報福島(月刊)」を柱として、季刊誌「Monmo(モンモ)」があります。 この「Monmo」が極めて優れものでして、とても地方誌とは思えないしっかりとした記事取材と、提携フォトグラファーの美しい写真が盛沢山なんです。

写真に興味津々の無芸は、「Monmo」の写真で心惹かれたものが、いったい誰のネームなのかをちゃんと見ております。 すると、自分好みのフォトグラファーさんが浮き彫りになって来るんですね。 風景写真からお宿の写真、お料理の写真。 ちゃんとネームが入っているのもお気に入りです。

さて本題に戻り「うまいもの天国」を眺めていると、県内のいろんな老舗から新進気鋭のお店まで、知っているお店、初めて知ったお店が目で楽しめます。 その中で、一軒気になるお店がありました。

それが昨日訪問した「手打さぬきうどん 菊屋」さんです。

手打さぬきうどん 菊屋


本の中ではその見出しは小さかったのですが、ちゃんと住所や電話番号、簡単なMapまで入っています。

が、今回は何故かそのMapに従って車を走らせても、目的のお店に辿り着けません。 面倒になってお店に電話を掛けてみたら、ご主人が応対してくれて、無事お店まで誘導して頂きました。

ナント、Mapが間違っていたのです。(o。o;)

お店のご主人が、「それは大変ご迷惑をお掛け致しました。m(_ _)m」と謝っておられましたが、ご主人に何の落ち度がある訳ではありません。 出版物でも校正ミスもあるでしょう。 仕方ない事ですが、同様に道に迷うお客様は沢山出るでしょうね…(^^;)

ところで、お店の写真を撮ったら、暖簾が下がっていないし、「準備中」の札がチラっと見えました。 ご主人がお店の入り口ドアをわざわざ開けていてくれたようです。

「あのぉ~~、外に準備中の札が出ておりましたが…o(;-_-メ;)o」

「あぁ、一応15時~17時までは、準備のためお休みを頂いているんですけど、大丈夫ですよ! どうぞどうぞ!(^^)」


と、招き入れてくれました。 ご主人!人柄良過ぎ!!(@^∇^@)

手打さぬきうどん 菊屋


店内はご覧の通り、取り立ててギミックも無く、簡素だけれども清潔に保たれています。 お尋ねしてみると、二年前に開店したばかりだそうです。 またご子息が同市内に「伏龍」と言うラーメン屋さんを経営なさっているそうで、白河の名門・「トラ食堂」で修行したとか… そう言えば、「トラ食堂」のお弟子さん系列にその名が入っておりました。

無芸大食娘のオーダー「きつねうどん(小) 400円」

手打さぬきうどん 菊屋 きつねうどん(小)


手打うどんで、今時400円って…Σ( ̄ロ ̄lll) うどん好きの娘は、とても喜んで食べておりましたヨ。 見るからに薄色の出汁。 ガツンと来る出汁では無く、サラリとした上品なお味。 毎日食べても飽きないような、派手さは無いけどしっくりとしたお味です。

無芸のオーダー品「ざるうどん(大) 500円」

手打さぬきうどん 菊屋 ざるうどん(大)


「天ぷら盛り合わせ (400円)」

手打さぬきうどん 菊屋 天ぷら盛り合わせ


これも驚愕の低価格!Σ( ̄ロ ̄lll) 乳白色で半透明のツヤツヤとしたうどんは、稲庭うどんを2倍ほどの厚みにしたようなもの。 舌触りが滑らかで、歯応えもちゃんとありますヨ。(^^)

つけだれもまた、薄色で塩味の抑えられたもの。 出汁もまた品の良いサラリ系です。 それでも飽きる事無く、最後まで楽しめましたヨ。(^-^)

とてつもなくコスパに優れたお店。 こんなお店があるなんてねぇ…(^^;) もっと有名になるべき、隠れた名店の予感。




== 閉店しました == アーカイヴとして残しておきます
手打さぬきうどん 菊屋
福島県須賀川市上人坦42-1
営業時間;(昼の部)11:00~15:00、(夜の部)17:00~19:00
 ※食材の売り切れの際は、早仕舞いあり
定休日;毎週火曜日
駐車場;店舗前に4台分ほど   

コメント

なんとま、良心的な値段でしょう、、ざるうどん大で500円ですか、、ほええ、、、それで味もしっかりしているのであれば、鬼に金棒ですわ。
2007/ 03/ 26( 月) 21: 40: 01| URL| ララオ0181# -[ 編集 ]
 
実はうまいもの天国私も持っています~~。
もうかなり出てませんでしたよね。
持っているのは、確かGOLDとMAXだったかなぁ~。
これを見て結構まわったものです。なので何年か前までは県内よりも福島のほうへよく行っていたのです。

ざるうどん大で500円はうれしいですね~。つやつやしておいしそうです。
2007/ 03/ 26( 月) 21: 43: 42| URL| んにゃん# -[ 編集 ]
 
会津では本格的な讃岐うどんが食べられないので是非行ってみたいですね。
そういえば実家の山梨には有名な「ほうとう」の他にも「吉田のうどん」という
マニアックな名物うどんがあるのですがご存知ですか?
2007/ 03/ 27( 火) 00: 35: 56| URL| すばる# hMs50EFI[ 編集 ]
 
ララオ0181様
そうそう、私もこの良心的な価格には驚きました。 しかもご主人様は、しっかりとした仕事をなさっていますから、ジリジリとその名が知られるようになると思います。
2007/ 03/ 27( 火) 17: 44: 22| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
んにゃんさん
「うまいもの天国」をお持ちだったとは…i-229 福島県内の「食ガイドブック」として、地元民でさえ重宝しております。 今回の新刊は、4年ぶりくらいでしょうか… さすがにご紹介のお店も様変わりしています。 どうぞ、また手に取ってみて下さい。

このお店、実はうどんの持ち帰りが出来るんです。 家庭に持ち帰って、好きなように食べられるのも良いですが、事情があって外出できない方でも食べる機会が作れますね。i-234
2007/ 03/ 27( 火) 17: 48: 56| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
すばるさん
先日はお出ましいただき、ありがとうございました。 落ち着かない店内でのお話しで、大変窮屈な思いをさせてしまいました。 また機会が有れば、もっと色んなお話しを聞かせてください。i-179

「菊屋」さんの場所は、言葉で説明出来るほど、分かり易い場所です。 お出ましの機会には、遠慮無くお声掛け下さい。

「吉田のうどん」と言えば、富士吉田市のソウルフードですね。i-179 市内に二人お友達が在住しておりますので、そのウワサは常々耳に入っております。

なんでも全てのお店が、独自に手打ち製麺をしているとか… う~ん、一度出撃しなければなりませんね。i-229

「ほうとう」は大好きですi-233 お料理やさんの「ほうとう」は勿論ですが、修業先のお母さんの「ほうとう」が最高でした。i-199
2007/ 03/ 27( 火) 17: 58: 42| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
お店の人の人柄でているうどんですね~。
しこしこ・つるつる感が、写真からも伝わってきますー。
お値段も素敵!i-237
2007/ 03/ 27( 火) 19: 36: 03| URL| オードリー# -[ 編集 ]
 
オードリーさん
人柄かぁ、そうなのかも知れません。 実は店内のメニューに「がんこおやじのおすすめメニュー」ってのがあって、「がんこ」ねぇ…と店主のまん丸い顔に人懐っこい笑顔を見比べていたりして…i-229

いや、きっと「うどん」と向き合っている時は「がんこ」なでしょうね。 お客さんには優しい笑顔と、思いやりに溢れた、とても居心地の良いお店でしたヨ。

再訪した時は、もっといろいろお話しを聞いてみたいなぁ。i-179
2007/ 03/ 27( 火) 20: 06: 21| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
讃岐うどんのお店ですか?

わぁお!! 大好きです。

昔東京で就職していた時に、新宿アルタの隣に有ったビル(二光)の2階の讃岐うどんやさんに毎日と言って良い位通っていたんです。
(それも香川出身の同僚と)

うどんの上に柚子の皮がちょこんと乗っていて、香りが良くて!!
(なーんか、なつかしい)

ぜひ 食べにいってみます 値段も素敵だし!!

2007/ 09/ 03( 月) 11: 33: 43| URL| クレール# -[ 編集 ]
 
クレールさん
こんにちは。 初めまして。 ご来訪、コメントを頂き、ありがとうございます。(^^)

なかなか当地では、本格的な讃岐うどんの専門店が少ないですよね。 「菊屋」さんのうどんは、とても滑らかでツルッとした舌触りが楽しめます。

それにお足がステキです(爆) どうぞ、お出掛けになってみて下さい。
2007/ 09/ 03( 月) 14: 41: 27| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/267-dea44fe8