FC2ブログ

お友達と一緒に撮影行脚 ~鈴石屋 二本松市~

霞ヶ城公園での撮影も一段落し、観光客の来訪者も増える一方となってきました。 公園の正面入り口と言うべき、箕輪門前の門前出店を少し冷やかしてみました。

一番間近のレストラン喫茶は閉まっており、ご丁寧に入り口脇には「定休日:日曜祝祭日」と…(・・;) 一体どういう営業形態なのだろう??

軒を連ねて薄皮饅頭でお馴染みの「柏屋」、銘菓・玉羊羹の「玉島屋」、「趣味の店」と銘打った不思議な品揃えのお土産や、そして道路を越えると「揚げ饅頭」や「だんご」を供する、やっぱりお土産や。

以上、終劇!(^▽^;)

スゴスゴとその場を後にする… 時計は午前11時になろうとしていました。 ちょいと小腹も空いてきたので、早めの昼食を摂る事にしました。

行き先は「鈴石屋」という蕎麦屋さん。

鈴石屋


名物は「箱蕎麦」ながら、しっかりと味の効いた丼ものも揃えられています。

鈴石屋


随分前に一度来た事があり、それなりに好印象でした。 地元のリピーターが多く、繁忙時間に行くと、お客様の下げ膳が客席通路に置かれてしまうという大らかさ!(^^;)

そんなわけで、雰囲気を大切にしたい方神経質な方にはお薦め出来ません! そんな事に気兼ねなく楽しめる方だけどうぞ。

鈴石屋 箱蕎麦


これがこの店の看板商品「箱蕎麦」(890円)です。 山形の板蕎麦よろしく、箱に誂えられた蕎麦は、やや中太平打ち(?)で、普通の盛りそばの1.5~2人前くらいが盛り込まれています。

蕎麦猪口に汁が張られており、その他トロロの椀と大根おろし&天かすナメコが盛られた椀の三種類を楽しめる趣向です。

鈴石屋 箱蕎麦


蕎麦のレベルとしては平均的で、歯応えや舌触り、風味や喉越しなど、ある意味凡庸です。 タレは辛めで、ダシの風味ももの足りません。 勿論個人的な好みの話ですから、心惹かれている方には失礼をお許し下さい。

しかし、890円はバリュー・プライスです。 充分楽しめると思います。

二本松では人気店であり、当然大変繁盛しておられます。 女性が一人で箱蕎麦を召し上がってゆかれた姿を目にしました。 完全にリピーターさんですね。

うぅ、何だか文章が矛盾している…(;^_^A 何れにせよお薦め店です。  

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/24-5060f1a8