FC2ブログ

濃厚味噌らーめん 花心凪 (かこな) ~福島県白河市白坂~

約半年ぶりに暖簾を潜った、白河市の個性派ラーメン専門店「花心凪 (かこな)さんです。 確か今年の6月だったかに、ダイナミックな味のリニューアルを果たされておりましたが、ようやくその変貌具合を楽しむチャンスが巡って来ました。

花心凪

耳にしていた話では、開店以来強烈な個性あるパンチの効いたベーススープから一転、スマートなテイストへと対極のスタイルに向かったとのこと。 修業先で培って来た圧倒的な存在感のある仕立てを、どのように変化させたのかは興味の尽きないところでした。

「醤油ワンタン麺 (750円)」 ※細麺(太麺も選択可≒伝統的な白河タイプ)

花心凪 醤油ワンタン麺

うわぁ~~w( ̄▽ ̄;)w すんごく賑やかな丼ですねぇ~(>▽<)b

載せモノが多くて、スープの表面さえ見えませんよ(^◇^;) しかも決して小振りな丼と言う訳ではありませんから、実質的なボリュームの豊かさは保証付きです♪

花心凪 醤油ワンタン麺

チャーシューは以前の豚バラ肉の厚手のものから、薄目にスライスされたモモ肉にスイッチしていました(⌒▽⌒;) 表面積を大きくとって、スープの熱を集めやすく、そしてモモ肉ならではのしっかりとした美味しさを楽しませつつ、薄手ならではの歯切れの良さを手にしています。 味付けもちゃんと伝わって来ますが、過分に立って居ませんので安心です。

花心凪 醤油ワンタン麺

生姜風味も清々しいワンタンは、肉餡のバランスも宜しく舌触りの良さも上々です。 やや大きめの拍子切りに整えられたメンマは、程良い歯応えを感じさせながらも、噛み込んだだけでキレイに歯切れます。 ちょっと甘めの味付けも良い感じですね。

花心凪 醤油ワンタン麺

丼に張った油膜は、キレイな透明感のあるもの。 決して過分なこともなく、ほのかに立ち登る香りから鶏ガラ出汁である事は分かります。 醤油ダレはやや淡色の黄金色。 醤油らしい香り立ちは穏やかに感じられました。

ハーフカットの半熟味玉は、絶妙な味の染み込み具合でして、このままオン・ザ・ライスで頂きたくなるほど( *´艸`) たっぷりと惜しげもなく盛られた白ネギは、辛味も無くシャキシャキとした歯触りと共に、ラーメンの印象をより軽快なものにしています。

花心凪 醤油ワンタン麺

麺は今回選んだ細麺と、伝統的な白河スタイルの平断面の縮れ太麺が選べます。 多加水系ストレート中細麺があしらわれるラーメンは、県南エリア以外の中通り・浜通りの県民には違和感無く受け入れられますが、ここ白河にあってはやはり“異端”と言うように思われそうですヽ( ̄▽ ̄i)

この中細ストレート麺自体に、強烈な個性がある訳ではありませんが、端正な鶏ガラオンリーの出汁と優しいタッチの醤油ダレには、相性の良さを認めざるを得ません。 勿論、鶏ガラ100%と言う事は、白河スタイルの麺にも合わない理由はありませんヽ(*’-^*)。 これは食べ手のキブンで、どちらを選んでも裏切られることは無いでしょう。

滑らかな舌触りの良さに、麺を手繰るピッチが上がるばかり♪ 鶏ガラの旨味は決して押し味に富むものではありませんが、キレイに雑味無く引かれた出汁の美味しさを堪能させてくれます。 旨味調味料はほとんど使われていないようで、その辺にもご店主様の努力が滲んでいるように思えます。

もしこの味わいがマイルドすぎるように感じられるなら、若干醤油ダレを増量して頂いてみるのも一興かと思いますし、チー油マシなんてのも出来たら、味わいの幅が広がって独自の“花心凪WORLD”が楽しめるかも知れませんネ(>▽<)b 大胆な舵取りでしたが、その地域性も鑑みて、より一層地元のファンに愛されるのでは無いかと思います。

「焼きワンタン (300円)」

花心凪 焼きワンタン

自分一人で訪問していたら、オーダーを躊躇しそうなのがサイドメニューですが、今回は無芸大食妻が同行していましたので、全く不安もなく所望しました♪ ほんの一週間前からリリースしたばかりの“新メニュー”だそうです。

花心凪 焼きワンタン

餃子ではなく敢えてのワンタンである事の意義は、充分に伝わって参りましたヾ(^▽^* ワンタン麺用とは違った包み方をしています。 サイズ的には一口餃子に近いものですが、皮の薄さが功を奏して、パリパリとした食感と共に、餃子用の餡に非ずワンタンの肉餡ですので、迫力よりも端正な味わいが楽しめます。 たっぷりと配した白ネギと一緒に頂けば、油切れがより一層強調されまして、軽快な食感を感じました。

花心凪

無芸大食妻は「みそらーめん」を頂いたのですが、実はこれがまた好みのど真ん中だったようで、インパクトある味噌の存在感と、野菜ペーストがもたらすナチュラルな甘味、そして白河タイプの平打ち縮れ太麺が、高次元の完成度で食べ手の心を鷲掴みにする事でしょう(((*≧艸≦) 以前とは違ったアプローチの「みそらーめん」ですが、多分大多数の支持を集めるのではないかと思います。 惜しむらくは、この「みそらーめん」にありつくには、往復90kmの道のりが横たわっていることです(>▽<;;




== 栃木県那須塩原市に移転しました == アーカイヴとして残しておきます
濃厚味噌らーめん 花心凪 (かこな)
福島県白河市白坂勝多石30-1
営業時間;平日 【昼の部】11:00~15:00 【夜の部】17:00~20:00
       土・日・祝日 11:00~20:00
定休日;当面無休
駐車場;敷地内に15台以上


 

コメント

リニューアルの花心凪、気に入って頂けた様で安心致しました。本家から一新されましたがわたくしもほぼ週一リピーターと化しております(汗) 以前の味を求めてふうふう亭にも足を延ばしていますが、花心凪オリジナルとなったラーメンは本家同様に中毒症状を起こさせる味です。(焼きワンタンは大のお気に入りです)
ちなみに私も信成にありつくまでに無芸さんと同じ距離が横たわっています(笑)
2012/ 12/ 08( 土) 07: 57: 52| URL| ライオン206# -[ 編集 ]
 
いや、あれだけの完成度ですから、立派なものですよヾ(^▽^* ある意味、それ以前とは全く趣を異にする仕立てに持っていくのは、自ら呪縛を解くってくらい大変だったと思います。 これからも応援して行きますよ♪

ふうふう亭さんも弛まざる進化を遂げておられるようですので、遠からず再訪したいと思っています。 週一しか自分の居住エリアから出られないのがジレンマですが、自分でもまだまだ知らない“隠された宝石”のようなお店があります( *´艸`) 楽しいねぇ~♪
2012/ 12/ 08( 土) 13: 42: 54| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/2384-47c071b5