FC2ブログ

2012年錦秋巡り 姥ヶ原から浄土平へ

永らくお付き合いを頂きましたが、これにて今年の一切経山登山撮影行脚の最終回です。 再びこのルートに赴く時の為の自分用の記録になっとります(^◇^;) とにかく天気に恵まれ、体調も上々だったのは、この上ない幸運だったのでしょうね(*^▽^*) 

姥ヶ原
[2012/10/14 姥ヶ原] <↑ Clickで拡大>

「鎌沼」の湖畔を回って、クマザサが生い茂る中を貫く木道を伝えば、いつしか「姥ヶ原」へと辿り着いています。 ほぼ平坦なルートですので、リラックスして歩く事が出来ます。 その先で蓬莱山を巻くように浄土平へと下山するルートを取りますが、登山を楽しむ方々の多くは、この平原の分岐点から東吾妻山へと向かうようです。

やがて木道は急傾斜の階段へと変わり、ちょっと荒れ気味の路面状況へとなります。 まだ泥濘になっていなかっただけ幸運でしたが、雨でも降ろうものなら、このルートは小川のようになってしまうそうです(@・艸・;)

ジワジワと高度を下げていきますと、ようやく「吾妻小富士」「桶沼」が見下ろせるようになります♪

吾妻小富士と桶沼の秋景
[2012/10/14 吾妻小富士と桶沼の秋景] <↑ Clickで拡大>

登りの行程では強い逆光を浴びていた景色は、ほぼ正午を迎えてコントラストと発色のバランスがとれるようになりました。 「磐梯吾妻スカイライン」の渋滞は益々激しさを増しているようです(^◇^;) 凄い車列になっています。

噴気口
[2012/10/14 噴気口] <↑ Clickで拡大>

下山を続けて行きますと、やがて紅葉域に入ってきます。 紅葉ゾーンというのがハッキリと実感出来るんですね。

彩られる山肌
[2012/10/14 彩られる山肌] <↑ Clickで拡大>

もう「浄土平駐車場」は目前です。 今回は苦痛に喘ぐ事無く、イイ感じにトレッキングを楽しめました♪ 結果的には“騙し討ちのようにボクを誘い込んでくれた”お二方に感謝しなきゃなりませんねww

翌日は流石に若干体に疲れが感じられましたが、筋肉痛などにもならず、普通に仕事をしていましたよヾ(^▽^* 油断は禁物ですが、好機があればまたお目に掛かってみたい絶景でした。

 

コメント

美しい景色を有難うございます。
それにしても、筋肉痛無しって凄いね!
2012/ 10/ 25( 木) 19: 16: 49| URL| Kiiroka# -[ 編集 ]
 
いやいや、お付き合いを頂き、ありがとうございました(*'ー'*) いよいよ北塩原にも紅葉のピークがやって来ました。 また宜しくお付き合い下さい。
2012/ 10/ 25( 木) 19: 32: 55| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
キレのあるフォトありがとうございました。
禁煙にも成功した成果があったことだし、来年に向けての体力作り(冬季の食いだめと夏のEG発散)始めますか?
2012/ 10/ 25( 木) 20: 22: 44| URL| sachs# -[ 編集 ]
 
いえいえw( ̄▽ ̄;)w お付き合いを頂き、ありがとうございました(*'ー'*)

実は震災前に叶えてみたいと思っていた登山があります。 かなり厳しいと聞いておりましたので、いつかは!と言うよりも、体力が衰えない内にと、再び密かに夢を持ち始めました( ̄▽ ̄i)ゝ
2012/ 10/ 26( 金) 12: 47: 23| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/2327-02a4ed12