FC2ブログ

お食事処 武蔵亭 ~福島県郡山市熱海町~

昨日は久しぶりにデジイチを携えて、お仲間と一緒に撮影行脚へと出かけました。 えぇ、一週間前に誘き出した挙げ句に、ソデにしてしまった旧友C君も一緒です( ̄▽ ̄i)ゝ 今回は同じ轍を踏む訳には参りませんので、どこかしらに緊張があって、結局巧く寝付けないままに夜明け前に出立致しました。

出掛けは小雨が降っていたのですが、パーフェクトとは言えないまでも、撮影地・雄国沼では多様な気象条件に恵まれまして、ある意味同じ場所で多彩な表情を撮影する機会が得られましたヾ(>▽<)ゞ 日頃の運動不足あって、昨夕から躰のそこここに疲労が残っておりますが、飛び切り楽しい時間を過ごさせて頂きました♪ また、久しぶりに喜多方に廻りまして、噂に聞いていたお店を初めて訪問しましたら、それはもう素晴らしい一杯と出会えました!! その様子は写真の精査をしながら、追って記事挙げさせて頂きますヾ(^▽^*

さて、先週末に訪問した、磐梯熱海温泉郷にある「お食事処 武蔵亭」さんですよ(*^▽^*) だいぶ遅い昼食タイムになってしまったもので、先客様はご家族連れの夕食客といった方もおられたり、また夕食にご家庭で楽しむであろうお総菜として、“伝家の宝刀・ヒレカツ”を買い求めてテイクアウトされるお客様などがお見えになったりと、相変わらずの人気ぶりです。

お食事処 武蔵亭

何を頂くか決めないままに暖簾を潜ったのですが、サラッとメニューを眺めたら、未食の季節限定メニューに気付きました。 って事で期待アゲアゲで所望致しましたのはコチラ♪

「冷し中華 大盛 (780円+100円)」

武蔵亭 冷し中華 大盛

うがぁ~~~?!ヽ(@ω@;)ノ

ナンデスカ、この麺量は~~?!w( ̄▽ ̄;)w


ちょっと想定外だったわぁ~(^◇^;) でも嬉しい♪ パッと一瞥して手に余す麺量では無いのですが、並盛り+小丼もチラッと考える必要も無かったわヾ(>▽<)ゞ

武蔵亭 冷し中華 大盛

この盛りっぷりを見て頂ければ、言葉は要らないかも知れません。 “鬼盛り”とか“鬼畜盛り”ってレベルではありませんが、今まで頂いてきた「武蔵亭」さんの「支那麦」や小丼のボリューム感覚からすると、望外のボリュームですよ。

陶器を愛好している方に写真を見て頂いたら、

「このお皿、益子焼きじゃないですかね?」

と言われていました。 そう言えばその造型は型どり品とは一線を画していましたし、どっしりとした手応えと柔らかな手触りが思い出されました。 その辺は普段気にも留めない無芸ですが、言われてみれば気になり出しましたww 機会があればお訊ねしてみようかしらね? 器好きな方には目にも楽しめる一杯というのは、嬉しさの相乗効果アリかも知れませんよ(*'ー'*)

武蔵亭 冷し中華 大盛

さて、“麺の裏山”には“具材の里”が控えています(^^) ファンの多いチャーシューは、細切りに切り揃えられ、トマト、細切りキュウリ、千切りキャベツ、更にはワカメも加わります。

武蔵亭 冷し中華 大盛

お皿の縁に添えられるのは、練り辛子ですね(^^) もう少しユル目に誂えて頂いた方が、冷や中スープにサッと溶けてくれます。

武蔵亭 冷し中華 大盛

マヨは標準でオン! スープに溶くも佳し、千切りキャベツやトマトと共に頂くも佳し。

武蔵亭 冷し中華 大盛

麺はストレート中麺なのですが、「支那麦」用の低加水タイプとは違う気がします。 氷水でキリッと洗い締めされておりまして、冷え冷えの麺は歯切れ良い食感を伝えて来ます。 勿論、舌触りの心地良さは言うまでも無し( *´艸`)

冷や中のタレは、奇をてらうことのない醤油味系の甘酢っぱいもの。 酸味はしっかり効いていますが、甘味にマスキングされて角が立っていません。 濃度はやや強めですが、決して濃すぎる事はありません。 個人的には、もう1ランク濃くてもオケイですが、きっと現状のお味が一番多くのお客様に喜ばれると思います(^_^)

お食事処 武蔵亭

いやぁ~~美味しかった!O(≧▽≦)O さすがにあの「支那麦」のお店だけの事アリで、味の調え方が絶妙ですよ♪ ストイックに麺を楽しみたいファンの皆様にも大いにお薦め致します。

※ 少しばかりBlogger泣かせなのは、店内の照明がやや暗めな事と、オレンジ色の電球色のランプです。 西側の壁面は、全て窓ガラスで外光が入りますので、言わばミックス光になります。 イマドキのコンパクトデジカメのホワイトバランスは、極めて高性能にはなって来ていますが、PCで色調の調整をするのも一苦労です( ̄▽ ̄i)ゝ 今回の写真は、いろいろと出来る限り調整はしたものの、色調ムラが出ている事をご了解下さい。






== 移転しました == 郡山市で「支那そば墨家」に改名 アーカイヴとして残しておきます
武蔵亭
福島県郡山市熱海町熱海 2-100
営業時間;11:00~19:30 ※材料が無くなり次第閉店
定休日;月曜日
駐車場;店舗前に7台分ほど


 

コメント

見た目の涼感を求めガラス皿で供されるお店も多いなか、この器はシックでワンランク上の高級感を醸していますね。

カメラのホワイトバランスですが、無芸さんはそのお店毎に設定されてらっしゃるのですか?

もう少し美味しそうに見える写真を撮りたいと思ってはいるのですが、なかなか難しいですね(-_-;)

お師匠様の良きアドバイスを頂きたく存じますm(__)m
2012/ 07/ 09( 月) 19: 57: 28| URL| Iceman# Q.zvybpY[ 編集 ]
 
たしか6年位前、子供がスケートを始めた頃に入店したことがあります。アイスアリーナに行ったときに昼食で利用しました。
寒い時期なのでたしか、みそラーメンを食べたような記憶があります・・・

美味しそうな冷やし中華ですね!
昔、県外に住んでいたとき「冷やし中華にマヨネーズを入れるのは珍しい」と言われたことがありました。
福島県では当たり前ですが・・・
地域性、県民性なのでしょうか?
2012/ 07/ 09( 月) 20: 23: 09| URL| まぁくん# IN9BFm.g[ 編集 ]
 
大変不見識な事ですが、陶器への興味自体が薄いものでして、“ソレが何であるか”を一瞥で理解することは出来ません(>▽<;;

でも“イイモノ”が醸し出す雰囲気だけは、きっとどなたが見ても感じ取れるかとは思います。

イマドキの中級以上のコンデジでしたら、基本的にはホワイトバランスはAUTOで大丈夫です。 実際に撮影してみて「あれっ?」と違和感を感じた場合は、その場の照明機器の色温度から、白熱灯や蛍光灯などをマニュアル選択します。

ただ、先述のミックス光の場合ですと、ほぼAUTOの方が良い結果が得られることが多いです。

正しく再現された色合いだけに拘らず、美味しそうに見える色調の方を優先して調整をしております。(^^) アドバイスにはほど遠いハナシですねww

実は一番気をつけているのは、多少の色調の違いよりも、光の当たり具合の方です。 極端に陰影が強くなってしまうような場所を避け、出来る限り均等に光が散ってくれると好都合。 また斜光・順光よりも、柔らかい逆光が最適だと思います。
2012/ 07/ 09( 月) 20: 36: 09| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
そうでしたか(*'ー'*) 確かに味噌ラ~もナカナカでしたね。 「武蔵亭」さんは、何を頂いてもハズレ無しのようですよ。

冷や中にマヨってのは、決して全国区では無いようですよヽ( ̄▽ ̄i) 関東圏のお仲間Bloger様方からも、驚嘆の声が上がっておりましたww ケンミンShow!のネタにはなるレベルっぽいですヾ(>▽<)ゞ
2012/ 07/ 09( 月) 20: 43: 00| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
こんばんは♪(^-^*)/ハロ~!
どうもお久しぶりです(>▽<;;
ブログ更新滞っていますが、色々な山に登っています。PCを買い替え動作も快適になったので、徐々に更新も再開していきたいと思っています。
今週、雄国沼へニッコウキスゲを見に行こうと思っています。無芸さんのレポ楽しみにしていますね♪♪
2012/ 07/ 09( 月) 21: 57: 56| URL| ハロ# tHX44QXM[ 編集 ]
 
そうですかぁ~(*^▽^*) 相変わらず登山は楽しんでおられたのですね。 良かったです(*'ー'*)

今週末辺りになりますと、雄国沼のニッコウキスゲもそろそろ終盤になってきますが、まだまだ楽しめると思います。

檜原湖畔から登るルートには、大変な数の車がデポしてありました。 もし早朝アタックされるようでしたら、熊には注意して下さいね(>▽<;;
2012/ 07/ 10( 火) 12: 48: 04| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/2189-a5486dec