FC2ブログ

郡山大勝軒 ~福島県郡山市富田町~

当地に開業以来、つけ麺一筋のお付き合いとなっている「郡山大勝軒」さんですが、開業当時に一度だけ頂いていたラーメンを、久しぶりに頂いてみる事にしました。

と言うのもブッチャケてしまえば、開業当時のラーメンはとにかくしょっぱい印象が強くて、ボクにはとても美味しく頂けるお味とは言いがたいものがありました。 その点、つけ麺は事実上当地ではまだ黎明期と言う程珍しかったもので、多少奇異な感覚はあったものの、簡単にハマッりました( ̄▽ ̄)ゞ 原体験の味は基準となる事が多いものですが、確かにつけ麺に関して言えば、ボクの中では「郡山大勝軒」の味がまさにソレです。

度々レポ挙げしている通り、店主・阿部君が仙台市に進出し、工藤店長にお店を任せてからと言うもの、ベーススープの洗練度には長足の進化が見受けられますし、自家製の麺をとっても弛まざる進化を続けています。 それなら少々好みとは違っていたあのラーメンも、何らかの変化があるのではないか?と思うのも人の常ですo(*´∇`*)o 

ラーメンを所望致しましたところ、やっぱりと言うべきか工藤店長が驚いてたww そう“珍しい”のでは無く、彼がお店に就いてから初めてのオーダーですもん( *´艸`) さて、どのように進化しているか、楽しみ楽しみ♪

「ラーメン (700円)」

郡山大勝軒 ラーメン

並盛(200g)で所望しましたが、丼にタップタプに注がれたスープは勿論のこと、麺量も一般的な普通盛よりもちょいと多目ですので、少しばかり窮屈そうではあります。 スープは乳化こそしていませんが、コラーゲン分がかなり溶け込んでいると見えて、軽く粘性さえ垣間見せるほどです。

郡山大勝軒 ラーメン

立ち香には煮干メインの魚系の香りが立っておりまして、その印象は一口スープを味わってみても変りありません。 軽く甘味の絡むような魚系出汁の軽妙な旨味が口いっぱいに広がります。 あとから追い掛けるように動物系の出汁の力強い旨味が花開きます。 鶏ガラと豚ガラを合せ炊きしているハズですが、その区別は既に出来ないくらいに融和しています。

で、最も恐れていた塩味なのですが、全く別モノってくらいに角のないマイルドなアタリになっておりました(*^▽^*) これならもう過分にしょっぱさを気にする事は無いですね。 スープの旨味の厚みで丸ごと包み込まれたって感じですかね♪

郡山大勝軒 ラーメン

自家製太麺はモチッとした食感と共に、望外のボリューム感があります。 正直なところ、麺量200gと言うのはボクにとっては決して法外な量では無いのですが、2/3ほどまで食べ進んだあたりから、そろそろ満腹かも知れないサインが点灯して来ましたヽ(@ω@;)ノ

勿論最後まで完食は致しましたが、以前よりもずっと塩味が抑えられたスープが故に、麺を手繰ると同時にスープも飲んでいたからでしょうか? 途中でソレと気付いてスープを口にすることを押し留めたくらいです(⌒▽⌒;) これなら麺量150gの小盛でも充分って感じに思えました。

さて久しぶりに味わった「郡山大勝軒」のラーメンですが、やはり着実な進化はアリだと思いました。 これは自分の好みによる処が大きいのであまり気に留めて頂かない方が良いのですが、個人的にはニボ系魚出汁のバランスが強すぎる気がします。 動物系の出汁も充分に引き出されていますので、その美味しさを積極的に楽しめたら嬉しいところです。

とは言え、「郡山大勝軒」の出汁は、寸胴の中で一緒炊きですので、合せスープのようにラーメンとつけ麺でスープのバランスを変えるといった技は効かせられません(;ーωーA 二兎を追うのは難しいですね。




郡山大勝軒
福島県郡山市富田町乙路後18-1
電話:024-935-4262
営業時間:11:00~21:00(スープが無くなるまで)
定休日:毎週水曜日
駐車場:店舗前に4 台分 店舗横の指定駐車場に12台分くらい


大きな地図で見る
 

コメント

どうも つけ麺は少々苦手意識があるもので こちらも1度しか行ってない 暖簾が遠い所です(-_-)ウーム
かなり前 東京食べ歩きをしていた頃 どっちを向いてもつけ麺ばかりで しかもたっぷりの煮干し粉やかつを粉がかかっている濃厚なつけダレに かなりの量の太麺で圧倒され続け 撃沈した思い出が走馬灯の様に・・・
(T-T)ウゥゥ・・・
今に思えば 贅沢な悩みと場所・・・なんてったって今は無き大崎の「六厘者」まで 徒歩数分のマンションに住んでいて 「何か近くにラーメン屋さんで来たね~ 行ってみっかぁ~」なんて待ち時間5~10分くらいで食べてました。
それが「なんだか・・・だんだん人が並びだしたね~(* *;)」なんて言っているうちに 転勤。
後から すごく有名店だと解り 人気が有りすぎて閉店と聞き ある意味なっとく。
道路が狭かったからなぁ~(-_-;ウーン
2012/ 06/ 19( 火) 15: 23: 59| URL| ぐっぴょん# -[ 編集 ]
 
濃厚魚介つけ麺は流行まくりましたからねぇ~ しかも六厘舎がお近くだったとは羨ましいにも程があるww

つけ麺は今、新しい発展段階に入っていますね。 色々なアイディアが楽しめるのは、食べ手の喜びです(*^▽^*)
2012/ 06/ 19( 火) 18: 47: 23| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
いいレポですね。
自分が記憶している限りでは、ココがつけ麺ブームの火付け役。そんな中でラーメンの存在を知るうえでは貴重な考察だと思います。
最近はココのつけ麺より何故かラーメンを食べるようになり、にぼ汁をどの割合でミキシングすることなのか、確かに進化はありますね。
できればチャーシューはバラのみに戻してほしい感じがしますが、逆に今のスープとのバランスがとれるか?・・・
何を所望するのかわからなくなってしまいましたが、巨匠の座を守って欲しいです。全てについて完成度は最前線だと思います。
2012/ 06/ 21( 木) 21: 47: 36| URL| sachs944# -[ 編集 ]
 
エヘヘ、誉められちゃったヾ(>▽<)ゞ まぁ、開店当初からの馴染みのお店ですので、好き勝手な言い分を展開してみただけです。 とどのつまりは「愛してるぜぃ♪」ってハナシですww
2012/ 06/ 21( 木) 22: 36: 58| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/2165-e4606bbf