FC2ブログ

【2012年桜巡り】 雪村庵の枝垂れ桜

時系列を巻き戻しまして、4月22日の撮影行脚です。 まず最初に訪問したのは、比較的開花が早い「雪村庵の枝垂れ桜」です。 県道沿いに大型観光バスでもデポ出来る公営(無人)無料駐車場が整備されておりますので、安心して足を運べますね。

「雪村庵の枝垂れ桜」は駐車場から田んぼの脇道を徒歩で歩く事2分で辿り着けます。 案内板などは不要です。 何故なら駐車場から一目で桜が目に入りますからww

雪村庵の枝垂れ桜
[2012/4/22 雪村庵の枝垂れ桜] <↑ Clickで拡大>

その目に入った瞬間で咲き具合は判別出来るのですが、この日はまだ精々咲き始めってところでした( ̄▽ ̄∥) あぁ~~~、まだちょっと早過ぎたみたいです。 でも折角なので、撮影機材を選んで、田んぼの脇道を歩いて行く事にしました。

雪村庵の枝垂れ桜
[2012/4/22 雪村庵の枝垂れ桜] <↑ Clickで拡大>

せめて陽の光でも射してくれれば、もうすこし発色しそうなものですが、そもそもここの桜は、朧気な色合いが持ち味でして、背後に迫る竹林とのコントラストが幽玄な雰囲気を醸し出す名所です。

孤高の一本桜
[2012/4/22 孤高の一本桜] <↑ Clickで拡大>

樹齢400年と言われる枝垂れ桜は、それ相応の古傷が目に付き、樹勢こそ衰えが見られるものの、日本人の心に迫る迫力があります。

咲く春を待ち侘びて
[2012/4/22 咲く春を待ち侘びて] <↑ Clickで拡大>

今正に咲き開かんとする花芽に宿る生命力は、見る者の心の琴線に触れてきます。

風にそよげば
[2012/4/22 風にそよげば] <↑ Clickで拡大>

時折竹林から吹き抜けてくる風が、枝垂れ桜の枝を揺らします。 まだ来る人も少ないこの時間、竹林を抜けてくる風音と、桜の枝がなびいて触れ合う音だけが耳に届いてきます。

雪村梅
[2012/4/22 雪村梅] <↑ Clickで拡大>

雪村庵の左翼に鎮座する紅梅は、丁度見頃となっていました。 「雪村庵の枝垂れ桜」は、昨日辺りにほぼ満開を迎えたようです。 この紅梅もまだ冴えた咲き具合だと思いますので、桜と梅の競演が楽しめる事でしょう。
 

コメント

「雪村庵」は今週末の撮影コースに組み込んでます。
去年も光に恵まれず成功しませんでした。
 
曇りの場合は駐車場からズームで狙って終わりにしようかと。
2012/ 04/ 27( 金) 05: 04: 32| URL| sachs944# -[ 編集 ]
 
私も昨年は撮影の機会を逸しました。 きっと今頃は満開か、やや散り始めでは無いかと思われます。

駐車場から長玉で撮れたら、結構イイ感じになるのですが、何せ電線が遮っていますので、面倒臭がらずに近くまで行って、空を入れないように撮るのが宜しいかと思われますww
2012/ 04/ 27( 金) 14: 11: 58| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/2082-4a8cd6dc