FC2ブログ

食菜酒楽 Fu-Ro-Ya (ふろや) ~福島県郡山市安積町~

たまたま仕事の途中で長沼街道を走行しておりまして、まるで吸い寄せられるように駐車場に車を寄せてしまいました( ̄▽ ̄)ゞ 看板や暖簾をイメージしただけで、その味わいの楽しさを連想するようになったら、もう後戻りの出来ない躰ですねww

食菜酒楽 Fu-Ro-Ya

気持ち良い春の晴天日に相応しい一杯を所望致しましょうかね♪ メニューに目線を落としてみると、以前リスト落ちしていた「こってり支那」が再登場しておりました♪ しかも、大幅なテコ入れが行われたようで、以前のソレとは別モノになっているようです。

「こってり支那 (800円)」 ※細麺指定

Fu-Ro-Ya こってり支那

過去ログを紐解いてみると、「初代 こってり支那」は、背脂と玉ネギのみじん切りがセットされていて、それを好みの「黒支那」や「味噌支那」にアドオンするオプションでした。 今回はアドオンでは無く、一杯の完成品として全く新しく創作されたようです。

Fu-Ro-Ya こってり支那

スープの表面を覆い尽くす背脂に目を奪われますが、同店の黒支那とは一線を画しています。 想定外だったのは塩と醤油をブレンドするというアイディア。 更には節系のスープは控え目に誂えてあります。

Fu-Ro-Ya こってり支那

豚骨と鶏ガラ、そして節系の出汁のトリプル・スープですが、互いに張り合うような押し出しの強さは控え目に感じられるのは、きっと背脂が程良い潤滑油になっているからでしょうか。

Fu-Ro-Ya こってり支那

実食中は気にしなかったのですが、この多加水系中細麺は平断面タイプだったんですね。 茹で加減は絶妙ですし、スープの持ち上げも申し分ありません。 プッツンと歯切れる歯触りの良さも確かです。

「Fu-Ro-Ya」さんの支那そばと言えば、節系のインパクトが強くて当たり前だと刷り込まれていたのですが、本作に関してはちょっと異なっているかも知れません。 店主・木村さんから聞いた通り、節系テイストをグッと抑えてみますと、意外にも端正なベーススープの素性が浮き上がって来ましたよ♪

醤油ダレの効き具合も良く調和していまして、醤油テイストを満喫しながらも、ベーススープの味香を巧く引き出しています。 今更ではございますが、豊富な油膜はちょっと甘いニュアンスを味覚に訴えてきますが、鈍重さや味ギレの悪さにはなっていませんからご安心を(^^)




食菜酒楽 Fu-Ro-Ya (ふろや)
福島県郡山市安積町荒井字林の越1-7
電話;024-946-2122
営業時間;【昼の部・月~金】11:30~13:30 ※夜の部の準備の為、お休みを頂いたり早仕舞いもあります
      【夜の部】18:00~00:00 (L.O.23:30) ※金・土、祝祭日前夜のラーメンオーダーは10:30以降となります
     ※都合により暫く夜の部でのラーメン提供は見合わせとなっています
定休日;日曜日
駐車場;店舗前と裏に合計10台 他指定駐車場あり


大きな地図で見る
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/2075-9953e16b