FC2ブログ

王宮伊豆神社 (おおのみやいずじんじゃ) ~福島県郡山市片平町~

時系列は戻りまして、一週間ほど前に白鳥の撮影に出掛けた多田野地区から、ニャンコ公園へと移動する途中にある「王宮伊豆神社 (おおのみやいずじんじゃ)に立ち回りました。 風の噂に、かなり由緒正しい神社であるとは聞いておりましたが、参拝するのはこれが初めてです。

王宮伊豆神社
<↑ Clickで拡大>

神社の境内となる表参道の前門の鳥居脇には、参拝客用の駐車スペースが用意されています。 およそ6台は優にデポ出来るハズですから、祭事等でも行われていない限り、まず安心して利用できると思います。

王宮伊豆神社
<↑ Clickで拡大>

この日は既に無芸よりも先に参拝された方がおられたようで、表参道の石畳には足跡が残されていました。 それにしても、いつも素通りしていたので気付かなかったのですが、かなり立派な神社ですよ(^^;)

王宮伊豆神社
<↑ Clickで拡大>

表参道の両翼に植えられている杉の樹は、樹齢600年とも言われているそうです。 この神社の建立が鎌倉時代と言う事ですから、神社建立の定石通り、その際に植えられた杉の樹が残っているのかも知れません。

王宮伊豆神社
<↑ Clickで拡大>

石階段を登り切りますと、ようやく本殿に至ります。 境内にはここに祀られている「葛城親王(かつらぎしんのう)」の祠があります。

王宮伊豆神社
<↑ Clickで拡大>

ここで先ずは参拝をさせて頂き、少しばかりの信心をww 決して広い境内ではありませんが、清掃も行き届いておりまして、流石は片平11ヶ村の総鎮守様です。 宮司様をはじめ、信心に厚い氏子様方の関わりが感じ取れます。

王宮伊豆神社
<↑ Clickで拡大>

鳥の声も届かず、凛とした冬の空気が辺りを満たしています。 必要以上に境内を彷徨く事はしませんでしたが、秋の例大祭には舞いの奉納なども行われるようで、水田地帯の片平町ならではの立派なお祭りが見られそうです。

王宮伊豆神社
<↑ Clickで拡大>

表参道の杉の大木も立派ですが、実は竹林も見つけました。 残念ながらこちらの手入れはあまりされていないようですが、その手入れ次第によっては、なかなか写真映えのする風景になりそうな気がします(^^)




王宮伊豆神社 (おおのみやいずじんじゃ)
福島県郡山市片平町字王宮20


大きな地図で見る

王宮伊豆神社の沿革


うねめ祭りでよく知られる当社は、今を遡る1280有余年前、人皇30代敏達(びたつ)天皇4世の孫美奴王(みぬおう)の御子。従四位下。
葛城親王が和銅4年阿尺国按察使兼班田使(あさかのくにあぜちけんはんでんし)に任ぜられ、当安積地方を開拓し、今の郡山の基礎を築かれた。後に、王の偉業を称え逢瀬川の清流を眼下に安積全域を一望できる景勝地(現境内)に当社を造営した。
降って寛文3年片平組11ヶ村の総鎮守と称され、現在も広く崇敬を集めている神社であります。
奥州草別(おうしゅうくさわけ)の大神とは、今の社殿が造営される以前より、里人に尊ばれた地主の大神で、開拓の業を教え導かれた祖神であります。
安積山東葛城王祠碑(寛政5年建立)が現存。
また、参道には600年から700年を経た杉の大木が鬱蒼と生い茂り、鎮守の杜に相応しい社叢を成している。
平成10年「緑の詩・郡山の森・林・樹木ガイドブック」にこの杉並木が選ばれた。

【福島県神社庁 ホームページより引用 (URL) 】


 

コメント

ついに行かれましたか!
私はここで初詣を済ませました。
なんと言っても、杉の巨木と参道が素晴らしいですよね♪
逢瀬町河内の外れにある菅舩(菅船)神社もオススメです!
藩主・丹羽氏も庇護した由緒ある神社です。
2012/ 02/ 28( 火) 03: 32: 26| URL| ヨッシー# -[ 編集 ]
 
そうですか(^o^) いや、本当に立派な神社でした。

この辺りが二本松藩主・丹羽氏の領有地であった事を思い出させますね。
2012/ 02/ 28( 火) 16: 05: 49| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
トリビアの泉の 「へぇー」ボタンがあったら、10回ぐらい押してますねww

こんなところに(失礼)こんな立派な神社があったなんて、全然知りませんでした(汗) 
2012/ 02/ 28( 火) 16: 48: 17| URL| ヤマト君のパパ# DL7C8m6w[ 編集 ]
 
以前、多田野の有名なケーキ屋さんを目指して走っていた時、偶然この前を通り掛かり「このようなところにも神社が・・」なんて、ふと目に留まったことを思い出しました。
まさか、このように立派なお社を構える神社とは思いもよらぬことで・・ w( ̄o ̄)w

そして、その帰り道に「マルフジ食堂」さんを発見し、現在に至りますww
ラーメンの帰りに立ち寄ってみようと思います♪
2012/ 02/ 28( 火) 18: 12: 28| URL| Iceman# Q.zvybpY[ 編集 ]
 
10ヘェ、ありがとうございますww ボク自身もヘェ~でしたよ(^^;)
2012/ 02/ 28( 火) 21: 16: 28| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
多田野の有名なケーキ屋さんの方にも興味あります(@・艸・;) タレコミお願いしますっ♪(* ̄∇ ̄*)
2012/ 02/ 28( 火) 21: 19: 00| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
もしかしたらご存知かもしれませんが、「アトリエさとうとバニラと」さんです。
場所は、福島県郡山市逢瀬町多田野新池下18-6

無芸さん行きつけの「蕎麦家」さんの手前になりますかね。
たしか、駅前のビッグアイ1Fにも支店があったと思います。

奥方様とご一緒に如何でしょう(^^)
2012/ 02/ 28( 火) 22: 08: 43| URL| Iceman# Q.zvybpY[ 編集 ]
 
あっ、なんだww そう言えばアソコも多田野だったのね(* v v)。 確かに人気店です♪
2012/ 02/ 28( 火) 23: 13: 33| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
私も参拝に行きましたが、普段は社殿の戸が閉まってます。丁度神社の奥様がおられたのでお話を伺ったら希望があれば社殿の扉を開けてくれるとのことで社務所に声をかけてくださいとのことでした。
社殿の中は氏子さんの奉納の品がたくさんあり驚きました。更に驚いたのは郡山でもあまり見られない「右大臣」「左大臣」の神像が修復されて社殿内両脇に鎮座してました。180年前に奉納されたものだそうです。皆様もどうぞ。
2012/ 03/ 17( 土) 16: 32: 08| URL| 安積太郎# v3S4jD2s[ 編集 ]
 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/ 12/ 17( 日) 08: 49: 55| | # [ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/2010-b862f61c